FC2ブログ

プロ野球ドラフト会議2018 感想

 28, 2018 00:02
今年もドラフト会議が行われました。
やっぱりドラフトの雰囲気好きだなぁ。
今回の目玉は大阪桐蔭の二刀流・根尾。
他に同僚の藤原や小園など高校生野手に注目が集まっていました。
また事前に1位入札を公言するケースが目立った年でもありました。他球団への牽制の意味合いもあるかと思いますがオリックスとソフトバンクがほぼ同時に小園指名を公表したのはタイミング良すぎでしたね。牽制の意味ないじゃん。


というわけで例年通り中日と日本ハムの指名結果を見ていきましょう。

中日
1位 根尾昂 内野手 大阪桐蔭高
2位 梅津晃大 投手 東洋大
3位 勝野昌慶 投手 三菱重工名古屋
4位 石橋康太 捕手 関東一高
5位 垣越建伸 投手 山梨学院高
6位 滝野要 外野手 大阪商大

とにかく根尾を引き当てたのが大きいです。与田監督の大きな初仕事でした。
投打に活躍が期待される選手ですのでどう育ててどう起用していくのか楽しみです。
2位では1位指名候補にも名前の上がっていた東洋大の梅津。おいしい~い!即戦力ではなく素材型ですが2位で取れたのはとても良い。
3位では即戦力の期待がかかる勝野。4位では高校ナンバーワン捕手の声もある石橋を指名。
馬力のある速球派の二人は中継ぎ抑え争いに名乗りを上げてほしいです。
根尾を4球団の抽選で勝ち取った上2位以下もほぼ予定通りの理想的な指名だったので90点あげます。


日本ハム
1位 吉田輝星 投手 金足農高
2位 野村佑希 外野手 花咲徳栄高
3位 生天目翼 投手 日本通運
4位 万波中正 外野手 横浜高
5位 柿木蓮 投手 大阪桐蔭高
6位 田宮裕涼 捕手 成田高
7位 福田俊 投手 星槎道都大

1巡目入札で根尾に突っ込んでくじ外して、ハズレ1位は吉田輝星。
夏の甲子園で一躍ヒーローとなった投手を一本釣り。
正直私はあまり好きなタイプの投手ではないですが、ちゃんと育てば数年後にはエースの素材。
焦って上に上げずにじっくり鎌ヶ谷で漬け込んで欲しいですね。
2位では昨年の甲子園優勝校花咲徳栄の主砲野村。
3位では大卒時から上位候補であった生天目とハムお得意のミーハードラフト。
ミーハーは下位指名でも健在で万波柿木と高校球界の有名選手を相次いで指名していきます。
ただ万波は4位の価値が果たしてあるのか疑問。多分6位7位まで残っていたんじゃないかと思います。
少なくとも柿木より上で指名する必要は全く無かった。
しかし全体的にはまとまった指名だったと思います。理想を言えばあと一人二遊間の選手を取りたかったかな。
高校生中心のメンバーですが、これはもう札幌ドームから移転したあとのことを考えた指名ですね、どう考えても。
新球場で中心選手になる世代をかき集めているのでしょう。



さて新潟県勢、今年もプロ入り選手を輩出することが出来ました。
まず横浜6位で新潟アルビレックスBCの知野直人内野手。
続いてヤクルト6位で日本文理高の鈴木裕太投手。
二年連続で二名がプロ入りという快挙でございます。
さらにオリックスの育成1位で新潟医療福祉大の漆原も指名され、合計3名がNPBの門を叩くことになります。
実に喜ばしいですね。


他球団の指名では、個人的にはロッテ、広島、ソフトバンク、オリックスがなかなか良いのではないかと。
逆に阪神、横浜、巨人あたりがやや疑問の残る指名。

そんなわけで今年のドラフトでした。
来年は東洋大の星くんに期待してます。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

COMMENT 0

WHAT'S NEW?