FC2ブログ

今日の収穫 20170130

 30, 2017 21:55
天賀井さんは案外ふつう 3巻
あちらからの使者が登場して明らかになる10年前の事件の真相。
うーん。正直、大したことないというか、そもそも人外の関わる事件だけにどんな真相でもアリなんですよね。
不可能状況にも「人外のやることだから」で説明付けられてしまうので、よくよく考えればこの話は設定の段階からミステリとしてはかなり不利。
でもまぁ惹句のメインは日常系伝奇コメディなので謎解き部分は余録に過ぎないということなのでしょうか。あとがきで原作者もここまで真相を明らかにする予定じゃ無かったと言ってますし。

超常パワーを持つ天賀井さん、たしかに登場人物の中でもかなり普通な部類になってきました。周りが濃すぎるわ。
前巻で登場した郷土史維持管理部のメンバーが殆ど掘り下げられることも無く終わりそうなのは残念かなー。
せっかくオモロイ面子なのにもったいない。


くーねるまるた 11巻
全巻ラストの自動車乗り間違いも大した事件に発展することもなくドライブして終了。平和平和。
このまったりした空気がくーねるまるたの真骨頂ですよ。
今回紹介される料理はちょいとカンタンな一手間加えたアイデア料理系が多く、「へー」と興味深く読めました。
お食事シーンも小汚くないのがこのマンガのいいところ。
以前から言ってる気がしますが近年のグルメコミックブームは大変結構なんですが食べ方が下品で汚いのが多すぎ。
エロと結びつけたいのか知りませんがアヘ顔晒しながら飯食うマンガとか論外でしょう。

さてここまで大きな環境変化の無かったこのマンガですが、大きな変化がありました。
10巻過ぎて今更新メンバー加入であります。
関西からの刺客由佳ちゃん登場。ボロアパート第五の住人として場を賑やかしてくれそうです。今後に期待。


白暮のクロニクル 10巻
物語もいよいよ大詰めですね。
羊殺しに拉致られたあかりの大捜索。
オキナガ総動員しての人海戦術ですが流石に数百年に渡って殺人を繰り返しながら逃げ果せてきた羊殺しだけあってなかなかに手強い。
イカれた不死の殺人鬼てーのは厄介ですね。
雪村も罠にかかって瀕死になるし大ピンチであります。
結果的に囚われのヒロイン(180㌢68㌔)の奮闘と雪村の奮戦もあって犯人捕獲に至るわけですが…
しかしあのダイビングダブルニー喰らいたくねぇ~。あれ、ダウン後も腹の上でピョンピョンしてましたよね。オキナガじゃなかったら即死コースでしょう。
ともあれ、雪村、竹之内らの長年の因縁が次巻で集結します。
非常に楽しみ。

20170130.jpg
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

COMMENT 0

WHAT'S NEW?