FC2ブログ

プロ野球ドラフト会議2016 感想

 21, 2016 00:20
ドラフト会議が今年もつつがなく終了しました。
注目の創価大・田中正義(読み方がせいぎだと知ったのはごく最近だったりします。汗顔の至り)は何球団競合するのか、非常に話題となりました。

結果的に田中は5球団競合の末福岡ソフトバンクが交渉権を獲得。
ソフバンのくじ引き力はやはりハンパないですね。
ハズレ指名でも桜美林大の佐々木千隼が5球団重複という結果。そもそも佐々木が1位入札ゼロというのもオドロキだったわけですが。こちらは千葉ロッテがくじを引き当てました。
我らが日ハムのライバル2チームが着々と戦力補強していてちょっと焦ります。

あとびっくりといえば阪神が白鴎大の大山内野手を1位指名したこと。
大山自体はいい選手ですし阪神の補強ポイントにも合致するので欲しい気持ちもわかりますが1位での指名はどうなんでしょう。佐々木なり田中なりに入札した上でのハズレ1位とか、2位でも取れたように思います。ひょっとすると3位でも…。まぁ結果論ですが…。

では、私が応援する中日と日本ハムの指名選手を確認してみましょう。

中日
1位 柳裕也 投手 明治大
2位 京田陽太 遊撃手 日体大
3位 石垣雅海 遊撃手 酒田南高
4位 笠原祥太郎 投手 新潟医療福祉大
5位 藤嶋健人 投手 東邦高
6位 丸山泰資 投手 東海大

前日になって今井指名の情報が流れるなど1位指名は錯綜していましたが大方の見方どおり柳に入札。横浜DeNAとの抽選の結果見事交渉権を獲得できました。これは大きいですね。完成度の高い即戦力投手を確保できて一安心。2位以下でも大学屈指の内野手京田に素質の塊石垣とロマンあふれる指名。
そして何と言っても4位の笠原。我が地元新潟医療福祉大から初のプロ誕生であります。医福はまだまだ新興勢力で笠原は野球部の一期生ですのでそこからいきなりドラフトにかかるとは素晴らしい。県民としての話題性だけでなくアマ屈指の左腕という評価もありますし即戦力でいけるかも。
5位では甲子園で活躍した藤嶋も確保しており、非常に良い指名だったと思います。
90点


日本ハム
1位 堀瑞希 投手 広島新庄高
2位 石井一成 内野手 早稲田大
3位 高良一輝 投手 九州産業大
4位 森山恵佑 外野手 専修大
5位 高山優希 投 大阪桐蔭高
6位 山口裕次郎 投手 履正社高
7位 郡拓也 捕手 帝京高
8位 玉井大翔 投手 新日鉄住金かずさマジック
9位 今井順之助 内野手 中京高

田中・佐々木でクジ2連敗した割にはまとまった指名だと思います。
堀は高校生の中では上位の投手でしかもハムに不足している左腕です。高校時代の酷使の影響はやや気になりますがそこまで急いで上に上げる必要のないチーム事情ですしハムの育成は信用できるし、1-2年は体づくりでもオッケーです。
2位石井はちょっと評価高すぎにも思いますが将来の中軸を担える素材。
3位以下はさすがハムのドラフトといった感じ。高良は3位でとれるならかなり美味しい選手ですね。
高山・山口の両左腕指名も上手い。8位玉井は社会人の先輩加藤・大学の先輩井口がすでにハムにいますし早く一軍出場もありそう。4位森山9位今井はハムに足りない長打力に期待です。
郡は捕手だけでなく内外野できる器用さが魅力。
6位山口は3位以下なら社会人入りという報道もありますが是非入団して堀・高山と切磋琢磨して頂きたい。
85点


他のチームに目を移すと、まず個人的に一番に目につくのは巨人4位指名の池田駿(ヤマハ)。新潟明訓で甲子園に出た地元選手が笠原と同時にプロ入りです。これは新潟県としては珍しいことですので非常に嬉しい。

ソフトバンクの上位は羨ましいですね。田中に古谷は贅沢。ロッテも佐々木酒居の即戦力両取りは美味しい。
逆ににちょっと全体的に劣るかなと思ったのは横浜と楽天。もうちょっと上手く立ち回れたんじゃないかと。

田中佐々木など注目株はまた軒並みパ・リーグに流れてしまいましたね。アマの成績がプロで直結するわけではないですが、これでまたセパの格差が広がることにならなければ良いのですが…。
そういう意味でセの球団に入る選手は一層奮起して欲しいです。
スポンサーサイト
[PR]

COMMENT 0

WHAT'S NEW?