FC2ブログ

湯の村は~れむ ~巨乳孕ませ温泉滞在記~ 感想

 22, 2016 00:07
湯の村は~れむ ~巨乳孕ませ温泉滞在記~

 (1)

イマイチー!

キャッチコピーに反して、抜きゲーとしてもハーレムゲーとしても非常に中途半端でした。
えっちシーンは枠は少なくないものの、一つ一つの尺は短いし、CG使い回しも多く、クオリティは残念ながら高いとは言えない。
絵柄もそこまでエロいわけじゃないし、殊にフェラ絵のやる気の無さはちょっと擁護しづらいです。
エロ的に考えてとても満足の行く出来とは言い難いですね。
このメーカーでこのタイトル、コンセプト的に、これを買うユーザーのほぼ全てがエロ目当てでしょうし、そこがイマイチでは全体的な評価は下がらざるをえないです。
ヒロインがさほど個性を発揮していないのでキャラゲーとしても見れないし、日常のイチャイチャもほとんどないのでイチャラブゲーとも違う。
ちょっと会話を交わして種付けするだけで、畑を耕して種蒔いて世話して実ったら収穫する農業ゲーと言った趣すらあります。
ゲームシステムも作業感が半端なく、これも農業感を醸し出す一因かと。
キャラ選択でヒロインを選んでいくんですが、四人を大体均等に選んでいくだけのほぼほぼ一本道なので退屈極まりないです。
やり方次第で3P4Pの組み合わせに変動があるとか、そういうことも一切無く黙々とキャラを選んでクリックしていくだけ。
これはチョットつまらなすぎる。選択した挙句何も起こらないなんてこともザラですから、作業感はかなりのもの。
ついでにシステム周りも必要最低限だけなのでプレイアビリティは高くなかったです。
ストーリーも超適当。
エロ重視のご都合主義なのは別に良いんですけど、ヒロインがただの試験管扱いなんですよねぇ。
本人たちは納得して孕もうとしてはいるものの別に主人公に惚れてるとかじゃなく根っこにあるのは郷土愛とか因習に近いものなので、ちょっと「うーん」て感じ。せめて超ご都合主義で良いんで、序盤のうちに主人公に惚れさせて欲しかった。こういうのはチョロインで十分なんですよ。結局はヤってるうちに惚れていくんですけど、それでももっとイチャイチャ感は出したほうがハーレムとして良かったんじゃないかと思うのです。

えっちのシーン枠自体は結構多いんですが、個々のシーン内容はマニアックな行為はほぼ無くごく普通。
体位のバリエーションがちょっと多彩なくらいであまり見るべきところは無いです。途中にある無駄に体位を変える選択肢のあるシーンとかも存在意義がよくわからない。
吐息演出は好きですし、ボテ腹になるまでの差分とか乳首の色が徐々に濃くなっていくとことか、芸が細かいんですけど、活かしきれていない感じ。
ピロートークがイベント絵込で一応あるところだけはちょっと褒めてあげますが、エロ全般も今ひとつ評価しづらいです。
エロイベント絵もちょっとバランス崩れてたり気になる箇所がチラホラあったりするんですよねぇ…。

それから、えっちシーンに関してひとつ超許せないことがありました。
それは志津さんとのお風呂でのこのシーン。
 (2)
誰がどう見ても完璧な授乳手コキのセットアップなのに、志津さんが全然ママ口調じゃないよ!
主人公も特に甘えるでもなく乳首愛撫! なんじゃこりゃ!
この体勢をとったなら、ヒロインは慈愛の心でよしよししろよ!
この体勢をとったなら、主人公は無垢な心でバブバブしろよ!

眼前で展開された偽授乳手コキにワタクシ怒り心頭であります。

ではタイトルにもあるハーレムゲーとしてどうかと言うと、こちらもダメです。
ヒロイン一人あたり11~12枠えっちがあるのに対して複数でのシーンはわずか7枠。
ハーレムを謳っているのにこれではハーレムゲーとはいえないでしょう。
ハーレムと銘打つんだから、一対一と複数の割合をもう少し考えて欲しいなー。
さらに複数プレイが現れるのが全員が孕んだ後の最終盤。なのでボテ腹状態でしか3P以上がありません。
せめてタイマンHはヒロインごとに6~7枠くらいに減らして、残った5×4枠=20、無理なら12~15枠くらいを全て複数プレイに充てて序盤から散らしていけば、こと「ハーレム」については満足行く形になったと思うんですけどね。
現状では普通のヌキゲのオマケ程度しかハーレムえっちが無いから特段ハーレム感はないです。
これは明らかに看板倒れ。
その5Pハーレムシーンでもハーレムシチュにありがちな尻並べ絵はエロくていいんですが、案の定ここから展開するわけではなくただ順番にハメてぶっかける差分だけで終わり。
ハーレムえっちにおいて尻並べは終着点ではなく起点であるべきだと思うんですが、殆どのエロゲのハーレムでは尻並べで終わってしまうんだよなぁ…。
いや尻並べ絵自体は派手で大好きなんですけどもね。

そんなわけで、全体的に見て非常に残念な出来です。
ミドルプライス以下ならまだなんとか納得できるレベルだと思いますが、フルプラでこれは頂けないですよ。
シーン数は多いと言っても上述したように一枚絵の使い回しがかなりありますし、満足とは程遠いです。
抜きゲー、ハーレムゲーいずれが目当てでも、あまりオススメできません。
スポンサーサイト
[PR]

COMMENT 0

WHAT'S NEW?