FC2ブログ

死に逝く君、館に芽吹く憎悪 感想

 31, 2016 01:54
死に逝く君、館に芽吹く憎悪

20160729 (2)

話題のグロゲーここに顕現。
いやー面白かったです。
当初はグロシーン目当てでプレイしていたんですが、和泉万夜さんのシナリオが結構ハマっていて夢中でやってしまいました。
購入したエロゲをその日のうちにクリアしたのって割りと久しぶりな気がします。
意外とシナリオが良かったとはいうものの、肝心のグロも全く手抜きなし。リョナグロスプラッターのオンパレード。
るび様さんの可愛らしい系の絵柄とはやや相容れない部分も無くはないですがこのご時世非常に尖った作品だと思います。
リアルでは件の障害者19人殺害事件とかもあっただけにそもそも発売するのかという心配すらありましたが、ちゃんと出てくれて良かった。

早速中身についてですが、まずは一番の売り物であるグロシーンについて。
ほんとに妥協ないグロ・リョナシチュでゲップが出そう。るび様さんの描く可愛いヒロインがこれでもかと酷い目に遭いまくり。
斬られ刺され裂かれ潰され焼かれ突っ込まれ殴られ茹でられ打たれ撃たれる。いやもうね、一気にプレイしましたけど精神的に疲れます。
二次グロは好きなので良いんですケドね。
こうなってくると萌え寄りのるび様さんの絵が逆に緩衝材となって精神へのダメージを軽減しているんではあるまいかと思えます。例えばブランド前作で原画されてた丸新さんの綺麗で若干リアルに寄った絵柄でこれやられてたらと思うと、少しうんざりすると共に夢が膨らみまくりますw
エロゲー的な普通のエッチシーンはほぼ無し。一個か二個はあったと思いますけど添え物ですね。そういうシーンに限って描写が蛋白なのでエロゲ本来の用途で使用できるかというとちょっと微妙かもです。
虐待シーンだけでなくスカシチュも完備されてたのが個人的には嬉しい誤算。浣腸使用ながら固形物バッチリだったのも評価高いですね。
さて、グロゲーといえば、最近ですとMaggot baits、ちょっと前だとeuphoriaとかもありましたがそれらとの大きな違いとして、「今作のグロには何の意味もない」ということが挙げられるかと思います。マゴベでは納得できるかどうかは別にして苦痛を集めるという目的がありましたしeuphoriaでも非道行為に理由付けがされてました。しかし今作にそれはありません。ただなんとなくやってるだけ。ガキが昆虫の羽毟ったり手足千切ったり蛙の口に爆竹突っ込んで点火して遊んでるような、ただそれだけ。お遊びというか食事前の余興というか、何かの為の虐待では無いのですね。
エロゲなのに性的快楽すら介在していないので当然絶頂もなければ射精もないのです。(機能としての射精はあるのでカムショット自体はある)
それが良いか悪いかは置いといて、この割り切り方は嫌いじゃないです。一応序盤のあるシーンなんかは伏線として物語の根幹に関わってきたりもしますがそれは作中人物の意図したことではないですし、本当に作中において非道を行う人物にはなんの目的もなく、ただの暇つぶしとしてあのような所業を行うのです。
これはヒロイン側への感情移入しやすさ(同情、あるいは判官びいき)の面で効果的だったように思います。
20160729 (1)20160729 (5)
20160729 (3)20160729 (4)

次にキャラクターについて。(前提として、私は体験版プレイしてないです)
HPでいかにもメインキャラとして紹介されていたメイドさんが終盤まで出てこなくて驚きました。
登場人物は結構クズが多いですw
基本的に夏花と心々乃は殺されてもまぁいいかと思えるくらいにはクズでした。
永遠生はええ子。
こういう絶叫系演技を要求される作品だとやはり声優さんへの畏敬の念が深まりますね。何度も何度も虐待されて殺された美亜の中の人のあかしゆきさんは特にお疲れ様でした。

それからシナリオですが、良かったんじゃないかと思います。それなりの仕掛けもありますし。
当初はグロとグロの橋渡し程度にしか期待してなかったんですが、よくよく見たらライターが実績のある和泉万夜さんでいけるやん?ってなって実際プレイしてみたらいけるやん!でかなり満足しましたよ。
エンディングもどれもお気に入りですし、最終盤で選択肢の組み合わせもテンポを損なわず良かったと思います。
でも美亜とみあと愛夢とメイドの関係はすぐに「あっ(察し)」ってなりますよね。
美亜が生き返るたびに記憶が飛ぶのもあって異常に察しの悪い子なので、物語上の大きな秘密みたいになってましたけど大体のプレイヤーはすぐ分かると思います。(まぁ途中でミスリード的に食卓のシーンありますけど)
シナリオ面での不満は美亜が人肉食に対してさほど忌避感を見せなかったことくらいです。貯蔵庫も見てるんだしもっと大騒ぎしても良かったんじゃないかなぁ…。些細なことですけどね。
単なるグロではなくちゃんと面白い物語として見せていただけたのでとても良かったです。

確かにグロはキツいしスカトロもあるしかなりハードルは高いですが、ボリュームも価格も手を出しやすいので耐えられそうな人は是非プレイしてもらいたい佳作だと思います。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

COMMENT 0

WHAT'S NEW?