FC2ブログ

東京へ行ってきたのだ① ~糖尿への道・つけ麺編~

 11, 2016 00:12
2月8日・9日と東京へ遊びに行ってきました。
職場のシフトの絡みで急遽連休が入ったので、年末にInnocentGreyのコンサートに行ったばかりですが折角の連休なので矢も盾もたまらずに一路東京なのです。

1週前の段階では8日9日の東京地方は雪マークが付いていたので天候が非常に心配でしたがいつの間にか予報の雪マークも消え去り、ちょっと風は冷たいながらも良い天気に恵まれました。

いつもの高速バスで池袋に降り立った私は、着いた早々西武百貨店で職場へのおみやげを購入・発送してしまうというファインプレー。これで後顧の憂いと手荷物を気にすること無く遊べるというものです。

今回の東京の旅の大きな目的は3つありました。そのうちの1つがつけ麺です。
イノグレコンサートの時に、事前にフォロワーさんにオススメしてもらいながら行かなかった店が気になっていたので是非行ってみたかったのです。
というわけで東京第1食はこちらのお店。

ベジポタつけ麺 えん寺(池袋)11:30
20160210 (1)
おすすめしてもらった中野や吉祥寺の店とは違いますが系列店ということで味に大差は無さそう。
開店と同時に入店しましたが注文の品が運ばれてくるまでにほぼ満席になりました。人気店ですね。
注文したのはこちら、ベジポタつけ麺(胚芽麺)
20160210 (14)
風味豊かな太麺に濃厚なポタージュ状のつけ汁がよくマッチしていて美味。
想像よりは魚介感は無かったですがそれでも魚介の旨味たっぷり。天下一品のスープを魚介系にした感じ…かな。
うまし。
オススメされただけあって十分満足の味でした。
これで今回の大目標の一つは達成できましたね!



さて、ここまで書いてこの記事の今後の構成をどうしようかと考えます。
普通に時系列順に書いていくのもいいんですが、お食事だけ連続で書いていくのもインパクトがあって面白そう。特に今回は。
しばしの脳内会議の結果、まずは食い倒れ編として食事シーンをメインでいきたいと思います。



では早速2食め。

道玄坂マンモス(渋谷)14:30
20160210 (5)
えん寺からここに直接来たわけじゃないですよ。渋谷でちょっと行きたい店があったのでそこに寄ったあとのことです。念のため。
ざっと渋谷のつけ麺を調べたなかで駅に近く美味しそうということでここをチョイス。もう一軒TETSUという店と迷ったんですが辺りをさまよって先に見つけたほうに入ると決めて歩いてたらコチラに先に行き当たりました。
でも、入って食券を買ってすぐになにやら既視感が…。
なんか店内のPOPとか麺の種類案内とかがえん寺とクリソツ。まさか同系列の店…?
20160210 (15)
提供されたつけ麺もやっぱり似てる気がする…。そもそも胚芽麺だし。
これは失敗したかと焦りましたが一口食べると、魚介の風味が明確に違うのでちょっと安心しました。
薬味に載ってる柚子も良いアクセントになっていました。柚子、いいなぁ…。
あとで調べたらやっぱりえん寺とは姉妹店だったみたいですね。そりゃ似るわ。
雄二君なら下調べの重要性!って連呼しながら壁に頭打ちつけるとこです。

せめてどっちかでもっちり麺を選んでおくんだったなぁとちょっと反省。



3食目。

野郎ラーメン秋葉原店(秋葉原)18:30
20160210 (9)
渋谷から秋葉原に移動してひとしきり遊んだ後に入店。なんかジャンクっぽい雰囲気に惹かれました。
店内もなんか雑然としてていい感じ。その一方で券売機が妙に最先端っぽいのがギャップありますね。
階段付近に座ってたら二階席へ昇降するJKのスカートの中が見えそで見えなかったり。
注文したのはスタミナつけ野郎。
20160210 (16)
つけ汁はクッソ甘い。ちょっと甘すぎないかなぁ。
味自体は嫌いじゃないけど、このままだと飽きそう。
すぐに卓上のニンニクを投入しました。普段はあまりニンニクとか入れないけどこれは入れたほうが良かったです。
別盛の麺の上に大量のもやしが載ってるんですが、スープに予め入ってるならいいけどこれは邪魔。食べにくいし水分出るから麺がびちょびちょになるし。
これにはメッセンジャーさんも不満顔。
ba994c2f.jpg
総合的にはイマイチ。つけ麺じゃない普通のラーメンは美味しそうでしたまる。



日付変わって2月9日。
第4食め。早起きして新小岩一燈に並ぶという案もあったのですが、今回は初めての店に絞ろうと思ったので無しに。同じ理由で以前に食べたことのあるやすべぇも見送りました。

らーめん紬麦(秋葉原)11:30
20160210 (10)
怪しげ(失礼)な地下にあってわかりづらいお店です。
こじんまりとした素朴な食堂といった趣きの店内。開店とほぼ同時に入店しましたがあっという間に満席になったのでやはりそこは評判店だけありますね。
もちろんつけ麺をオーダーしましたよ。
20160210 (17)
つるつるシコシコの麺にあっさり目のつけ汁。最近流行りの濃厚系とは違った味わいが楽しめます。
自ら選び取った道とは言え、濃いーのが続いていたのでホっとする一杯でした。
麺、スープもさることながら大ぶりのチャーシューが美味でした。海苔も刻み海苔なのはつけ麺には合ってるかも知れませんね。



5食目

麺屋武蔵 巖虎(秋葉原)14:30
店舗外観は写真撮り忘れました。黒基調のイカツイ店構え。
田舎者の私でも知ってる麺屋武蔵の系列店ですね。
20160210 (18)
麺は美味しい。プルプルもちもち。
一方つけ汁はちょっとしょっぱすぎかな。濃厚はいいんですけど旨味が濃厚っていうんじゃなくて味が濃いんですね。
しつこいの一歩手前で若干キツいか…と挫けかけた私の目の前に救世主(メシア)が。
私にとってのモンゴルマンは卓上の「ライム酢」でした。これをちょろっとつけ汁に垂らすとしつこさが抑えられてマイルドになりました。柑橘の爽やかさが加わって俄然食べやすくなります。
この濃い味が好みという人も多いんでしょうけどね。



東京最終食

馳走麺 狸穴(池袋)17:00
20160210 (11)
帰りのバスに備えて池袋に移動した私が最後のつけ麺に選択したのがこのお店でした。
夕食に近い時間帯ということもあって席は8割がた埋まっていました。運良くすぐに座れましたが私が席についてすぐに満席、入り口で待ちの列ができていました。もう数分遅かったらバスに乗り遅れる可能性もなくは無かったですね。
20160210 (19)
というわけでラストツケメンです。
あー、つけ汁の旨味の濃さと味のバランス、麺との組み合わせ、今回食べた濃厚系の中では一番私好みかも。
まぁつけ麺続きで味覚が変わっていた可能性もあるので次回もここが一番かどうかはわかりませんけど、かなり美味しいです。
具材もシンプルだし、チャーシューの炙り加減も絶妙で焦げ部分の香ばしさも良いアクセントになってて良いですね。
池袋駅からも近いし、今後東京に行った際には常用したいお店です。



というわけで今回の東京旅行での私の全お食事シーンをダイジェストでお届けしました。
はい、「」です。この2日間、つけ麺以外のものは食べてません。ホテルで缶ビールは飲みましたけど、食物はつけ麺オンリー。
我ながらよくやったなぁと思います。そしてさらに思いました。
「もう二度とやらない」と。
今度来る時は普通のラーメンと半々くらいにしときますね


次回へ続く。。。
スポンサーサイト
[PR]

COMMENT 0

WHAT'S NEW?