FC2ブログ

プロ野球ドラフト会議2018 感想

 28, 2018 00:02
今年もドラフト会議が行われました。
やっぱりドラフトの雰囲気好きだなぁ。
今回の目玉は大阪桐蔭の二刀流・根尾。
他に同僚の藤原や小園など高校生野手に注目が集まっていました。
また事前に1位入札を公言するケースが目立った年でもありました。他球団への牽制の意味合いもあるかと思いますがオリックスとソフトバンクがほぼ同時に小園指名を公表したのはタイミング良すぎでしたね。牽制の意味ないじゃん。


というわけで例年通り中日と日本ハムの指名結果を見ていきましょう。

中日
1位 根尾昂 内野手 大阪桐蔭高
2位 梅津晃大 投手 東洋大
3位 勝野昌慶 投手 三菱重工名古屋
4位 石橋康太 捕手 関東一高
5位 垣越建伸 投手 山梨学院高
6位 滝野要 外野手 大阪商大

とにかく根尾を引き当てたのが大きいです。与田監督の大きな初仕事でした。
投打に活躍が期待される選手ですのでどう育ててどう起用していくのか楽しみです。
2位では1位指名候補にも名前の上がっていた東洋大の梅津。おいしい~い!即戦力ではなく素材型ですが2位で取れたのはとても良い。
3位では即戦力の期待がかかる勝野。4位では高校ナンバーワン捕手の声もある石橋を指名。
馬力のある速球派の二人は中継ぎ抑え争いに名乗りを上げてほしいです。
根尾を4球団の抽選で勝ち取った上2位以下もほぼ予定通りの理想的な指名だったので90点あげます。


日本ハム
1位 吉田輝星 投手 金足農高
2位 野村佑希 外野手 花咲徳栄高
3位 生天目翼 投手 日本通運
4位 万波中正 外野手 横浜高
5位 柿木蓮 投手 大阪桐蔭高
6位 田宮裕涼 捕手 成田高
7位 福田俊 投手 星槎道都大

1巡目入札で根尾に突っ込んでくじ外して、ハズレ1位は吉田輝星。
夏の甲子園で一躍ヒーローとなった投手を一本釣り。
正直私はあまり好きなタイプの投手ではないですが、ちゃんと育てば数年後にはエースの素材。
焦って上に上げずにじっくり鎌ヶ谷で漬け込んで欲しいですね。
2位では昨年の甲子園優勝校花咲徳栄の主砲野村。
3位では大卒時から上位候補であった生天目とハムお得意のミーハードラフト。
ミーハーは下位指名でも健在で万波柿木と高校球界の有名選手を相次いで指名していきます。
ただ万波は4位の価値が果たしてあるのか疑問。多分6位7位まで残っていたんじゃないかと思います。
少なくとも柿木より上で指名する必要は全く無かった。
しかし全体的にはまとまった指名だったと思います。理想を言えばあと一人二遊間の選手を取りたかったかな。
高校生中心のメンバーですが、これはもう札幌ドームから移転したあとのことを考えた指名ですね、どう考えても。
新球場で中心選手になる世代をかき集めているのでしょう。



さて新潟県勢、今年もプロ入り選手を輩出することが出来ました。
まず横浜6位で新潟アルビレックスBCの知野直人内野手。
続いてヤクルト6位で日本文理高の鈴木裕太投手。
二年連続で二名がプロ入りという快挙でございます。
さらにオリックスの育成1位で新潟医療福祉大の漆原も指名され、合計3名がNPBの門を叩くことになります。
実に喜ばしいですね。


他球団の指名では、個人的にはロッテ、広島、ソフトバンク、オリックスがなかなか良いのではないかと。
逆に阪神、横浜、巨人あたりがやや疑問の残る指名。

そんなわけで今年のドラフトでした。
来年は東洋大の星くんに期待してます。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

今月買うエロゲ

 15, 2018 23:22
すみません。忘れてました。

じゃあ今月購入予定の話をします。


ろけらぶ -Location Love- 同棲×後輩
フロントウイングのななかまいラインの新作。
安いし外れでもノーダメージなのでOK
でもなんか最近のななかまいサイドは実験作みたいな短いのばかりでちょっと不満です。
またゆきこいめるとみたいなガッツリいちゃらぶやってほしいですけど。
フロントウイング的にはどういう扱いなんでしょうかね。


妻の祖母は、まだまだ現役超美熟女 ~孫婿ちゃん、寂しい時にはいつでもいらっしゃい~
またアパタイトのガチBBAもの。
意地になって買い揃えております。なんかもうDL版は発売してるみたいですけど。
今回は実の祖母じゃないですけど、妻の祖母というなんかすごいのかすごくないのか一見微妙な塩梅。
ですがこれよくよく考えると、結婚できる年齢の孫がいるババアってことですから今までのよりヒロインの年齢的にはヤバいことになってるんじゃね?
従来のババショタですらないただのババア。
怖いわー。


遺憾ながら今月は以上。
実はすでに予約済みのが一本、寸前で12月に延期しちゃったのでこういうラインナップになりました。
代わりになんか買おうかとも思ったんですがいまいち琴線に触れるのが無かったのでこの2本だけでいきます。
来年早々の、SMEEの新作が待ち遠しいです。

ケモノ娘の育て方 感想

 09, 2018 00:07
s-20180929233412.jpg

うーんと、正直凡作以下。

ミドルプライスではあるものの物足りない程度のボリュームですし、話もシリアスに寄り過ぎな感が否めません。
メインライター二名の名前からシリアスはある程度織り込み済みではありましたけど、私にはちょっと合わない感じ。
ケモノ娘を育てる上での苦労話は仕方ないですけど、あまりに世知辛い。
田舎独特の閉鎖的環境てのもあるかとは思いますが、そこはもうちょっとご都合主義でスルーしても良かったのじゃないかなぁと。
表立っての迫害とかは流石に無かったですけど、ちょっと素直には楽しめない感じはキツい。
そのへんの村民との軋轢みたいなのに紙幅を費やしすぎてもっと読みたい日常感がすっ飛ばされてるのが惜しい。
その割に問題も何をしたわけでもなくあっさり解決しちゃうし、ご都合の使い所を間違っているとしか。

序盤~中盤でそんな調子だったのでキーパーソン「ちーちゃ」との和解というメインイベントもなにやらグダグダ。
ちーちゃの内面もいろは絡みの過去も暗いし、なんだかなぁと。
公式HP見てこれを買った人のいったいどれだけがこんな話を求めていたのか、甚だ疑問です。
前述したとおりボリュームもないので和解しいろはにデレたあとのちーちゃをほとんど描けずに唐突に終わるという体たらく。
違うでしょ、見たいのはその先でしょ。
いろはを徹底的に甘やかすちーちゃをもっと見たいでしょ。
そこでおわっちゃダメダメですわ。
掛け合いもちょっと滑ってるしなぁ。

そんなわけでシナリオ面において私はちっとも面白いとは思わなかったです。
唯一の救いはいろはが終始一貫して可愛かったこと。それだけ。
ひたすらいろはを愛でるだけの話でも多分どこからも文句は出なかったと思うし、なんなら多くの人がそっちを望んでたんじゃないですかね。

エロは普通。
でも初エッチのあの導入はどうなんよ。
抜きゲーならいいけどさ。

システムも普通。まぁそんなに読み返すタイプにテキストでもないし十分快適。

いやもう最近感想書くモチベーションがあまり無いんですが(結局8月分も書いてない)そこへきてこれはちょっとキツかった。
いろはの愛らしさにはだいぶ救われましたが、本当にそこしか見どころを感じられませんでした。

今日の収穫 20181007

 08, 2018 23:50
ナナマルサンバツ 16巻
SQ全国大会本戦ついに開幕。
いいですね。知識とチームワークが試される勝負。燃えます。
上位陣は前評判通りの実力をがっちり見せてくれます。
第2ラウンドは12チームを半分に分けての早抜けリレー対決。
常連チームが固まった1組の死闘は超白熱。激アツであります。
最後の勝ち抜けを争う女の戦いも凄まじいですね。
東の女帝・西の弁天に北海南の芳井ちゃん。
次巻も楽しみです。

あと演出としてニコ動のコメントみたいなのが出てるコマありますけどこれ結構好きです。フカマリー


異世界居酒屋のぶ 7巻
ろくでもないシリアス展開になるのではないかと危惧していた魔女問題、意外とあっさり決着がついたようで重畳。
こちらとしては大助かりなんですが、結構引っ張った割りにはって感じでしたね。
ダミアンがあれからどうなったのかはどうでもいいです。再登場はなさそう。

アルヌが家を継いだり新しい議長が決まったり人的な変化もあって繋ぎ的な巻になるんでしょうか。
終わりかたも一区切り的な感じになっていました。
結構大物にファンが多いのでのぶの経営に不安はなさそうで良いことです。


火ノ丸相撲 22巻
角界での意外な人間関係がちょいちょい出てきて面白いですね。
前々から誰がどの部屋におんねんって話はしてきましたが、この巻でその一旦が見られました。
童子切関の交友関係広いなぁ。
鬼丸と大典太が仲よさげで意外。
そういえば新しい番付表、前巻でトラブってた蜻蛉切がデカい口叩いてたわりに鬼丸より番付下で草も生えないですわ。
三名槍の中だと御手杵が一番上なんすね。

そんなわけで名古屋場所、初日から鬼丸VS大典太と燃える展開。凄まじい打撃戦からの水入り投げの打ち合いと濃厚な一番でお腹いっぱいです。

☆今日のレイナさん☆
初心者レイナさんかわいい。安全運転でよろしくお願いします。


HUNTERXHUNTER 38巻
久々の新刊。
なんつうか字が多いです。
そしてキャラも多い。多すぎ。
これらを毎週追って十全に理解するのは至難でしょ、どう考えても。
かといってコミックでまとめて読んだからって分かりやすいかというとそうでもない。
ぽっと出のキャラの王位争奪戦とか超どうでもいいのにさらにマフィアまで出してきてどう収拾をつけるのやら。
王子の数半分とかでも良いと思うし、念能力者が多すぎませんかね。


スピーシーズドメイン 9巻
文化祭も佳境に入って何やら人間関係にも変化が。
めでたくカップルとなった紅川と長渡。これは祝福せずにはいられないですね。
告白シーンもクラスの連中に冷やかされるとこも後の弁当の場面もすべてが微笑ましい。
てかモブキャラ同士の恋愛をここまで濃密に描くマンガってそんなに無いですよね。
私はエロゲでも脇役同士のカップルって好きなので大歓迎ですけども。
結局風森さんたち四天王なっちゃうのね。
四天王ってことは体育祭のアレな挨拶とかも風森さんとか羽井ちゃんとかがやるってことでしょ。不安しかねぇ。
ぽっと出であまり絡みのないフレスヴェルグ・鬼王嬢が四天王の一員として今後どうメインどころと絡んでいくのか要注目。
フレスヴェルグは土和ちゃんでも良かったと思うけども四天王全員ティ部から出すのもアレだしね。

んであとはなんと言っても恵良ちゃんね。
大機にダイレクトアタックかましてイブデートですよ。
早く次の巻でないかなー
やっぱり今一番面白い学園ラブコメだと思うのよね。
キャラ多くて群像劇っぽくなってメインがあまり進展しないとこが賛否ありそうですけども。


s-20181008195000.jpgs-20181008194933.jpg

WHAT'S NEW?