FC2ブログ

今日の収穫 20170425

 28, 2017 10:31
亜人ちゃんは語りたい 5巻
相変わらず安定の面白さ。
ただ面白いだけでなく亜人のライフスタイルが語られるところが良いですね。
前半はアニメですでに見た話ですがやはり細部が少し異なっている。プール回の後日談として雪が小鳥遊家を訪ねる話も面白かった。ちょいちょい忘れるけど、そういえばひまりは双子の妹だからひかりや雪と同学年なんだよな。
あまり学校での絡みが無いから学年違う印象あったです。
後ろの方では座敷童子と女子大生の話。イキナリ新展開?と思いましたがこれも良かったです。ざしこ可愛い。
んで、この女子大生、どうやら高橋先生の身内のよう。もしかすると本筋に絡んでくるんですかね。
コミックス派なので掲載誌で今どうなっているのか全くわからないのです。というか亜人ちゃんがどこで連載してるのかもよくわからないや、そういえば。

ちょっと触れたのでせっかくなのでアニメ版の話。
先般無事最終回を迎えた亜人ちゃんのアニメ版。控えめに言って素晴らしい出来でした。
初回放送のときの佐藤先生の高橋先生に対する接し方の改変で「ん?」と思いましたが、無事軌道修正してくれたのでまぁ良しとします。その改変のせいで佐藤先生が妙にチョロくなってしまったのは微妙な采配だと感じましたが。
作画は概ね良好でしたね。目立った崩れもなく、一部ヒキの画で怪しいところも無くはなかったですがずっときれいで良かったです。
OPアニメーションも雪が明るくなる前と後で変えていたり、かゆいところに手が届く感じ、いいなぁ。
演者も皆役柄に合っていて見ていて心地よい作品でした。
とくにひかりのアニメでの株爆上げ感がすごい。賑やかでお茶目でそれでいて純情で、一挙手一投足が可愛かった。
マッチー派でしたが、かなりひかりに転びました。
キチンと原作の良さを引き出して、コミック空きページの小ネタも組み込んだりして、高クオリティなアニメ化だったと思います。

問題点があるとすれば、あのキレイなアニメ絵を見たあとだと原作の絵柄が見劣りしてしまうところでしょうか…。
もともとあまり洗練されておらず萌え度もそれほど高くない原作絵(←個人の感想)ですのでこれは如何ともしがたい。
むしろあの原作絵をあれだけの萌え絵に昇華させたアニメすごい。

20170422.jpg
スポンサーサイト
[PR]

ようこそ!スケベエルフの森へ 感想

 14, 2017 00:15
ようこそ!スケベエルフの森へ

20170413 (1)
いきなり異世界へ飛ばされて女だらけの世界で救世主としてえっち三昧するという、男の浪漫満載のご都合ファンタジー。
あらすじや設定はわかりやすい抜きゲーです。
ムッチムチヒロインとのえちー良いなと思って買いました。

プレイするうち、あれ?これは…。と若干の違和感が。悪い意味ではなく。
なんかちゃんと作ってある!
完全に失礼な話で申し訳ないのですが、正直単なる抜きゲーだと思っていたんですが思いの外設定や世界観がきっちり作り込まれていて、(抜きゲーとしては)非常に丁寧な作品でびっくりしました。
舞台となる世界、エルフとダークエルフの確執、新樹周りの設定などなど、わりと真面目なファンタジー世界を構築していてワタクシびっくり。
かといってそれらの設定がえっちの邪魔をしているわけでもなく、あくまでメインストリームはむちむちエルフとのスケベシーンに置かれているのも好印象。
抜きゲの割りに話が面白いという意味では私の好きなプリマ☆ステラに迫る勢いだと思います。個人的に。
ヒロイン全員を一通り味見してから個別ルートに入るというのもプリマ☆ステラと類似した部分ですね。抜きゲーなので当然といえば当然なんですが。
20170413 (3)20170413 (2)

個別に入ってからは基本エッチしてエロいことしてスケベする感じ。終盤には若干のシリアスもありますがこれは物語の設定上避けて通れない部分なので許容範囲。
特にイヴリンルート、ノルルートは世界の根幹に関わる秘密が明かされるので最後に回すのがよろしいかと。
あとはエルフとダークエルフ対立に焦点をあてたシナリオが多いですね。主人公が間に入ってなんとか、というパターンが基本。それすら放置気味のルートもあり、肩肘張らずに楽しめると思います。
人間とエルフ、寿命の違う種族間の恋愛ということでそのあたりも逃げずに描いてるんですよねこれ。
冒頭でご都合ファンタジーと述べましたが、そこは全くご都合主義的ではない硬派な所。
主人公が年老いているエンディングもあり、やはりちゃんとしているなと感心したりしました。(関係ないですがそういう寿命の違いを描いたエンディングとしてはあけいろ怪奇譚のるりるかエンドが近年では傑出していたと思います)

基本的に選んだヒロイン以外は空気になりがちなので、もうちょっと話に絡んできても良かったかなと思います。
パッケージでメインぽい扱いのルーシェですら、自身のルートじゃないとほとんど出てこなかったりしますから。
ヒロイン多いのである程度は仕方ないのかなとも思いますが、やはり多数ヒロインならではの日常シーンの賑やかさは欲しかったですね。

そのヒロインはどれも皆魅力的に描けていたと思います。
個人的にはダークエルフ勢のほうが好みだったかな。
もうとにかく忠犬ばりに主人公一筋のイヴリン可愛い! 主人公との初体験時に今後主人公以外とはセックスできない魔法を自分にかけるとか一歩間違えばヘヴィ級のヤンデレですがそんなこと無いですし。
他にも主人公と一緒にいるためならその武力を封じることも厭わないデルヴァ、可愛いものに目覚めてからのギャップがいい味出してるエルダ。独占欲丸出しのミズリィも良いですね。
もちろんエルフ組も悪くないですよ。ややインパクトで劣る気もしますがそれは私が天然モノの褐色好きだからということも一因でしょうし。
ロリ担当の長老ノルも含めてとても良かったです。
キャラデザ的観点からは、全員の身体が一様にダイナマイトすぎてちょっと変化に乏しかった感じは個人的に否めないです。そもそも私の好みよりも乳が大きい人たちですので、全員が超乳ではなく、普通の乳もラインナップしておいていただけるとありがたかった。(贅沢)
乳推しなら乳推しで乳輪や乳首に変化をつけるとかね。もっと乳バリエを!
20170413 (7)20170413 (6)
20170413 (5)20170413 (8)

肝心のエッチですが、これはかなりのボリュームです。
ヒロイン7人で一人あたり最低でも6シーン確保されており、多いヒロインだと10回11回とあります。さらにハーレムルートでも10枠あるのでシーン数はかなりの物です。
フェラだけ、パイズリだけ、手コキだけで本番までは行かないのもあるので少し物足りないシーンも無くはないです。
内容は多岐にわたっており、アナルも割りと充実していてよかったです。尿絡みもそこそこあったしエロのクオリティそのものには概ね満足でした。絵柄自体はムッチムチでどちゃくそエロいですしね。
一方で種付けテーマの作品ではありますが、ボテ腹えっちが各ルートラストにしかない点は、そこに期待する層にはちょっと肩透かしかも知れません。私個人はそんなにボテ腹に執着無いので大丈夫ですが。
ファンタジーものなのにナースや女教師、メイドプレイがあったりする遊び心もあります。私は世界観的には無くても良かったと思いますが単純にエロかったので良しとしましょう。
ついでにちょっとした不満ですが、エロ絵での表情差分の不足のせいか、一部シーンでヒロインがあんまり気持ち良さそうに見えないところが無くもなかったかと。
ハーレムモノの華、複数プレイもそれなりにあり、個別ルート内でも他のヒロインを含めた3P4Pあったりするのでお得に感じる人も居られるでしょう。肌色の白と黒のコントラストも鮮やかでした。
7人ヒロインのハーレムだからと言ってアホみたいにワンフレームに7人詰め込むことをしなかったのは褒められる点です。
ちゃんと常識的に数人ずつシーンを分けていたのは良いですね。
突飛なシチュとしましては、フィリスルートでフィリスの母親と祖母含めた4Pなんてのがありました。3世代丼なんてよそではほぼほぼ見かけないですよね。長命なエルフならではだと思います。
あとハーレムルート内で自分の娘(母親はルーシェとエルダ)と3Pするシーンもありました。うん。こういう攻めの姿勢は大変よろしい。
でも複数プレイはよくありがちな、並べてハメ差分からのぶっかけパターンがほとんどなのがちょっと残念なポイント。
尻並べは大いにアリですがそこで終わりでは味気ないのです。あくまで並べ絵は出発点、パドックであるべき。そこから各ヒロイン役割り分担シーンに派生していくのが私の理想のハーレムシーンなのですが他の作品でもあんまり無いのが辛い所。

システム面ですが最低限は揃っている感じ。
残念ながらバックログからのジャンプはありませんが、ストーリーフローで割りと自由にシーンを選んで見ることができるので便利は便利。
スキップなどもそこそこ早いし、メニューバーが画面の上と下両方に出せるのも地味に楽でした。
抜きゲーなのに立ち絵鑑賞モードもあったり色々頑張ってる感じはありました。それだけにバックログからのジャンプくらいは付けて欲しかったですね。
ストーリーとかいらんのじゃ!エロだけくれ!という御仁もご安心あれ。クリック一つでフル化もできますぞ。

全体的にみるとかなり不満の少ない出来栄えだったと思います。
エロいし話も面白いので、設定や絵柄に拒否感が無ければとてもオススメできるかと。

あ、でも起動認証あるのでそこは大マイナスです。最近ついてるエロゲ多いですがこれめちゃくちゃ邪魔なんですよね。

今日の収穫 20170412

 13, 2017 13:59
どんぶり委員長 4巻
食いたいランキング
①サプライズカレーマボチ丼
②じゃがバターお祭りドーン丼
③くん製づくしの香り高きネオ親子丼
④レンチン簡単ローストビーフ風丼
⑤とろっとオアとろーりのカボチャ丼

あ、完結だそうです。
長々と引っ張るような内容でもないと思うのでさっさと終わって正解でしょうね。
巻末の描き下ろし回は完全な蛇足。


12BEAST 5巻
フレキさんのコミュ障っぷり、なんか身につまされて読んでて辛いんですけど…。
リア友少ない勢の私にとって共感しかない。フレキさん、ずっと応援するぜ!
今度のギガスは光を操る能力があるのですね。ビーム兵器を使ったり光学迷彩を使ったり強力な相手。操縦するハンター自身の狙撃の腕前もかなりのものなので今まででも屈指の強敵感。
ついでにあらたなモンむす登場。
メカ形態からおにゃのこ形態へと超絶進化をとげたゴーレムのシータさん。実直ロリは良いものです。


モンスター娘のいる日常 12巻 OAD付き特装版
ひょっとして、オカヤド先生は長いお話を作るのがあまりお得意では無いのでは…。
この巻のヴァンパイア編と、以前の人魚の国編でそんなふうに思いました。でも12BEASTはそこそこ面白いしなぁ。なんだろ。
コメディを土台にシリアスを入れるとバランスを崩しちゃうのかな? 12の方はどちらかというとシリアスが土台だから大丈夫なのかしら。これはオカヤド先生の手腕というより、読み手たる私がどちらがメインと認識しているかが問題なのかしら?
ところで、パピのアホっぷりが妙にクローズアップされており、この子こんなにバカだったっけ?と私自身の記憶力を疑ってしまいました。ちょっとヒドすぎない?w
珍しくララの活躍シーンがあり、こういうのも悪くはないと思ったりもしたのですが、交流エキスポの話はこういうおとり捜査と関係ないギャグ一辺倒の話で見たかったです。
それにして不自然なほど男性他種族が出ませんね。まぁいらんけど。

付録OADの話
やはりラク姉さんは最高やな!
そして苦難好きさんは相変わらずムカツク。声ついてさらにムカツク。中の人は上手かったけど。
やはりだぁりん君はキメるところは決める男ですな。かっこいい。
そしてぶらじゃあの話。おっぱい祭りイイネ! 
原作の話にMONのメンバーも加わっていておっぱい度UP!

20170412 (1)20170412 (2)

今日の収穫 20170407

 08, 2017 01:59
進撃の巨人 22巻
ふーん。
色々と謎が明かされて来ましたね。
ハンタみたいに外の世界がありますよ、と。
まぁそれはわかった。良しとしよう。ただ私の足りない頭ではイマイチ理解ができないんですが、なんで塀の中の人たち襲われてんの?
巨人化できてるということは両方ユミルの民なわけでしょ。お猿の人たちがなんで壁内人類を皆殺ししようとしてるのかちょっと分からない。
私の読み込みが足りないというのはまったくもってその通りなんですがね。
でもエレンたちが海に到達したシーンはとても良いと思いました。


スピーシーズドメイン 6巻
新学期!
現生徒会は退き新生徒会発足となるわけですがその役職候補にクリエイティ部の面々が挙げられるというお話。
それにしても新キャラ続々でいよいよ賑やかになってきました。
よくエロゲであるような権力を持った独裁的な生徒会の存在に一応の理由をつけたのは面白かったです。しょーもなw
カバー絵にライバルっぽくデカデカと載ったダークエルフのオルガさん、見た目と違ってポンコツなとこは良いですね。
んでもってこの巻の白眉はなんといっても土和ちゃんと田中のでぇとでしょう。
土和ちゃん可愛い。クッソ重いけども。
あとはインちゃん全裸ワープの回。いいもん見せてもらいました。そっかーインちゃんは魅重義のことを憎からず思っているのですね。
それから木下と六川がくっつくとは超意外。てゆーかナチュラルボーン美人局木下が誰かとくっつくのが意外。次巻あたりで別れてそうだけど。
相変わらずこのマンガは賑やかでさらにテンポが良いのでかるーく読めるところが良いっすね。

20170407.jpg

今日の収穫 20170406

 06, 2017 22:16
火ノ丸相撲 14巻
ダチ高VS鳥取白楼の団体戦準決勝。
先鋒は小関部長VS合気道使い榎木。
体格に勝る部長ですが榎木の熟練の業と執念の前に敗北。部長もかなり強くなってるんですがやはり優勝候補筆頭の先鋒はつおい。
二陣ホタルVS巨漢・首藤。明らかに小さな身体で絶対不利ながらトリッキーな取り口と挑発で同体取り直しまで持っていったホタル気迫は見事でした。会場中を敵に回すあの割り切り方は嫌いじゃないぜ。
んで、中堅チヒロVS白楼が誇るもう一振りの国宝・加納。
個人戦決勝まで進んだ加納に対し相撲歴の浅いチヒロがいかに対抗するかというのが見どころでしたが、終わってみればチヒロの完勝でした。それもレスリング技ではなく真っ当な相撲で国宝に勝ち切るというチヒロの地力すごくない?
そして2敗と後がない状況で迎えた副将戦。ユーマさんVSモンゴル人留学生バトムンフ。
意外とガラスのハートのユーマさんはもうガチガチでなんか笑えます。まぁ潮の発破で落ち着きを取り戻しましたけど。
バトの過去エピソードとかも外国人留学生ならではのハングリーさが出ていて良かったですね。
というところで以下次巻。やっぱ火ノ丸相撲面白いわ。
これがヒットしない今のジャンプは間違っとるよ。

☆今日のレイナさん☆
あまり出番の無かったレイナさん。ビビるユーマを心配する妹としての顔を見せました。
妹属性も持ち合わせるレイナさんの最強ヒロインロードはまだまだ始まったばかりですよ。


喧嘩稼業 8巻
十兵衛VS佐川徳夫戦決着。
ガチンコではなくあの手この手の卑怯技での十兵衛勝利。
何度でも言いますが私は十兵衛のトーナメント参戦には大反対です。
今更言ってもしょうがないんですが、どう考えても徳夫VS石橋強が見たかった。石橋は結構強い設定だと思うんですが、ボクサーの割りにリングで戦う描写がほぼ無い人なんですね。
アリ戦もデビル塚山戦も高野戦ももちろん十兵衛戦も全部場外戦。もっとちゃんとボクサー石橋の持ち味を出せるところでの戦いが見たかった。
十兵衛的には自身の力量が劣ることを理解しているからこその戦術なんでしょうけど、やはり最強の格闘技は何か?という煽りに沿っての戦いが見たいですね。
さて次は一回戦第三試合、入江文学VS櫻井裕章です。一部には事実上の決勝戦との評判すらある好カード。
私もとても楽しみな試合です。
もっともヤンマガで読んだので結果は知ってるんですが、とても面白い試合だったのでコミック掲載が今から楽しみです。

火ノ丸、喧嘩稼業と、今個人的に好きな格闘コミック二冊が同時に読めて大満足でした。

20170406.jpg

今月買うエロゲ

 03, 2017 00:30
えいぷりる!
また一個歳を取ります。腰が痛い…。

では今月の購入予定ですが…。

今月エロゲ買いません。

唯一の購入予定ゲームたるグリザイア ファントムトリガー断じてエロゲじゃねーし!
大体、放送コードなんてもんに保護された表の声優で藤崎竜太のシナリオを十全に活かせるのかよ、ケッ

というわけでその辺どうなのか、とくと確かめようと思ってこれ買います。

コレ以外に、正当なエロゲでも欲しいものが無いわけじゃないんですが、ちょっと緊縮財政を敷く必要が出来てしまいまいしたので、今月、来月あたりはエロゲ購入を絞りに絞る予定です。
悪しからずご了承ください。
20170330 (6)

ガリッガリの不健康なモデル体型よりも、ちょっとはお肉の載った肉感的ぼでー(無論限度はあります)の方が女性は魅力的であると、思っています。
そういうわけでムチムチヒロインとのエロエロを楽しめるかと思い、購入してみた本作。
プレイしてみた感想はなんか中途半端、という印象でした。

何が中途半端かって、このゲームの方向性。
手軽な抜きゲーかと思えば意外や選択肢多くてめんどくさいのです。
抜きゲーというのは、エロまでの特急券であるべきだと思うのですが、たどり着くまで結構苦労させられます。
選択もさることながら、日常シーンがかなりつまらない。
いやいやそのやり取り要る?って場面がかなりありました。
ヒロイン絡みの選択肢の場合、Hフラグと恋フラグが立っていくのですが、どちらが立ったか視覚でわかるのは良いとしても進んだ先にエロがほとんど無いんですよ恋ルート。これ要る?
微妙に恋愛に傾倒(大したことないけど)した恋ルート、こんなとこに力を入れるならもうちょっとシンプルな作りにしてエロを強化して欲しかったかなーと思いました。
シナリオでもちょっと凝ってみましたとか要らないんで。

肝心のエロについては、まぁまぁだけど求めていたものまではあとちょっとな感じ。
ムチムチのヒロインがぴっちりコスチュームでエロエロするという最低ラインはクリアしているものの、意外とエロくない。えっちぃけどエロくない。(伝われ)
随所にフェチズムはぶっこんできているのに、絶妙にツボをハズしているというか、色々と惜しいというのが私の感想。
例えばせっかくのスポーツジム設定で汗だくセックスなのに匂いへの言及があまり無かったり、ワキシチュが皆無だったりとあと一歩頑張れるんじゃないかという所が多かったです。
もちろんこれが満足という人もいると思うので一概に悪いとは言えません。
一応従姉妹ルートから派生してハーレムエンドもあります。
意外とボリュームありました。
中身も、よくある、ただ並べてハメ差分射精差分だけで済ます投げやりハーレムではなかった点は評価します。
あと陰毛を描写してたのは個人的には嬉しい部分でした。ここは好き嫌いあるでしょうけど。
それから、エッチ中の断面描写はオンオフ設定できたらなお良かったと思います。断面好きじゃないので。
20170330 (1)20170330 (3)
20170330 (5)20170330 (4)

ヒロインは目つき悪子ことメインヒロインの美優以外は嫌いじゃないです。褐色ボディが眩しいお姉さん梢とかムッチムチ人妻志乃さんとか、キャラや中の人の演技はとても良いと思います。特に梢ルートはエロ面でも最もフェチぃ感じが押し出されていて満足度が高かった。足コキや軽い射精管理があったり、ノーマルだけに留まらない何かがありました。
ただ前述の目つき悪子はどこが良いのかさっぱり分かりませんでした。立ち絵の表情変化で見せるあのキツい表情が出るたびムカついて全然攻略したいと思えなかったです。でもコイツは主人公のある意味本命なんだよなー。

主人公といえば、この男もこの作品の減点部分の一つです。
女性に苦手意識を持つ気弱主人公が徐々に克服していく感じの話かと思えば、序盤は確かにそういう傾向ではあるもののすぐにゲスなエロ野郎にクラスチェンジ。
タイトルから想起される主人公像とはちょっと乖離がありました。
設定とタイトルからは年上女性にリードされる系えっちが主体かと思いきや主人公がトレーニングにかこつけて性的いたずらしかけてそのまま行為に及ぶ的な感じ。
ゲスならゲスで良いんですよ。そういう抜きゲーは多いですし。それなら女性苦手設定とか無しに初めから女性を狙う変態インストラクターで良かったかと。
この辺も求めていたものとギャップが否めないですね。梢ルートは割りと最後まで梢が主導権を握っているので最もタイトルにあったシナリオだったと思います。そこも梢の印象が良い一因でしょう。

システムは結構おそまつ。
一応最低限はあるものの、バックログからのジャンプは無いし、コンフィグの挙動も怪しいところがあります。
最初に設定した音声ボリュームやボイスカットなどが気づくと解除されているということがコンプまでに何度かありました。

全体的に見て駄作では無いけど積極的に褒めるところも無いかなーというのが正直な所ですね。
とにかく日常シーンがつまらなすぎて苦行でしたし主人公がブレブレだしでイマイチ集中できませんでした。
フラグ管理も抜きゲーとしてはダルい部類ですし、この辺を改善すれば悪くない作品になったと思うんですけどね。
さらに言えば認証のせいで中古に流せないっぽいのもなんだかなー。

WHAT'S NEW?