FC2ブログ
20170222 (3)

るい智、コミュなどでお馴染み日野亘シナリオということで期待した作品でしたが、今ひとつ期待値には届かなかった感じでした。
つかみは良いし全体のテキストやセリフまわしなども好みで楽しく読めたんですが、作品構成や物語そのものがちょっと首を傾げたくなるようなところがチラホラ。

まず根本として、ヒロイン3人いますがそれぞれに全くつながりがなく、事実上のオムニバス形式となっている点。
やはり、最初からヒロイン1人に絞ったタイトルならばともかくそうでないのならこのカタチはエロゲとしては向いていないのかな、と。
ストーリーに関連性継続性はあるもののヒロイン同士に絡みがないため広がりが感じられないのですね。無駄にとっちらかるよりは良いという見方も無くはないですが、やはりちょっとさびしい。
またオムニバス形式であるにも関わらず時系列が存在しているのにヒロイン(物語)選択にロックが掛かっていないのがお話を楽しむ上で?な部分。
私は修離→小夜→由利→津希の順でやってしまったのですが、この物語内容であるならば修離津希小夜由利で固定でなければ気持ちが悪い。話の流れ的な意味で。
私のやった順でプレイするとすでに奥志麻からいなくなってる人が出続ける事態になるので、やはりラスト由利になるようにロックはかけておくべきでしょうね。

シナリオはまぁ平凡、というかマジ怪異ありの京極堂シリーズといった趣きですかね。
人の残念「がしゅう」に名前を与え、語って「オチ」をつけるというのがお決まりの流れ。水戸黄門的な安心感はあるとは言え似た話が続くとちょっと飽きちゃいます。もちろんパターンが同じなだけで細部や肉付けは全く違うのですが。
キャラの掛け合いも面白く書けているのでそこは安定の日野亘といったところ。それだけにヒロイン同士につながりがないというのはかえすがえすちょっと残念です。
収穫なのは主人公緋修離。これはなかなかの当たりだと思います。
飄々として経験豊富でユーモアもあり強キャラという美味しいとこ取り主人公ですが単なるオレツエーではないところが良いですね。常に貧乏だったり割りとピンチに陥ったり頭の上がらないキャラが居たり弱みも見せてるのが良いのかな。
正直ヒロインを完全に食ってると思います。なにしろヒロインはほぼほぼ自分の話にしか登場しないのでいまいち印象薄いんですね。2話に渡って出る津希ですらなんか地味なツンデレにしか感じないです。
小夜も由利も悪くないんですが他との絡みが無いのでやはりどうしても個々の印象はあまり無いですね。
むしろサブキャラの犬好、キリコのほうが出ずっぱりな分印象強いのは如何ともしがたいところです。
20170222 (1)20170222 (2)
同じ舞台ということで、過去作の世界とのつながりを仄めかしたりして、ファンへのサービスはされてます。丘の上の学園とかガギノドンとか蝉丸とか。

えっちは、まぁとりあえずあるだけ、といった感じですね。物語上必要は無かったように感じます。3ヒロインの話が一本道なのでパラレルではなく、主人公は全員とヤっちゃってるというのがなんとも。
おりょうさんの絵柄は構図が上手いと思いました。テキスト的なエロさはさほどでもないですが絵は艶かしくエロいです。
絵柄は嫌いじゃないんですが、一部立ち絵とキャラが合ってないようなところがありました。具体的には日薙姐さんですが。
立ち絵の見た目とあの苛烈な中身がイマイチリンクしないんですね。どこに責任があるのか分かりませんが、もっと怜悧な外見で合ったほうが良かったと思います。

システムはいつもの暁ですね。シナリオセレクトで細かくジャンプできるしバックログからのジャンプもあり必要十分だと思います。
特に不便は感じないかな。

総合的に見てテキスト回しは好みではあったもののいかにも物足りない、食い足りないという感じでした。
ボリュームももう少しほしいし、オムニバスという形式にも疑問符。
素材は悪くないけど調理法を間違ったかなーという印象でしょうか。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

今日の収穫 20170223

 24, 2017 03:10
アカメが斬る! 15巻
完結。
大乱戦の帝都最終決戦。シコイテイザーを駆る皇帝VSタツミ&ウエイブ
アカメVSエスデスのど派手二本立てが並行して展開します。
まぁ概ねナイトレイド側が勝つ結末はわかってるんですが、タツミがあーなるのはちょっと慮外でしたね。アニメ同様の終わり方なのかと思いきや、というやつです。
エスデス様のチートっぷりは相変わらず酷いですが最後の敵としての格は十分でした。
オネスト大臣の末路は純粋にざまぁって感じで良かったと思います。でも姐さんの終わり方は変えて欲しかったなぁ。そんなとこだけアニメと一緒にせんでもえーやん?

そんなわけで完結しました、アカメが斬る!
なかなか楽しめたと思います。アニメもそこそこの出来でしたし、円盤マラソンも完走する程度には好きな作品でした。
しかしながら随所に見てとれるタカヒロの底意地の悪さというか、胸糞展開に耐えられないとついていけないだろうなーというのもまた事実。テーマがテーマだけに仕方ないのかもしれないですが。

あ、そうそうスズカさんが結局一番の勝ち組ということでええんですかね?
幸せそうでなにより。


それでも世界は美しい 15巻
前巻の続きのカラ&バルドの地下迷宮探索、ニール風邪でダウン、温泉慰安旅行と盛りだくさん。
カラとバルドはお似合いだと思いますぜ。カラ姉のサッパリとしたところ好きです。
ニールとリビの出会いからの話も良かった。なんか過去にありそうでしたがニールさんご苦労様。
でもって温泉旅行。堅物美少年な新キャラも出てきて賑やか観光。
少女漫画だから仕方ないですが、せっかくの混浴なんだから、もっとこう…あるだろう…!
サービスが足りんよサービスが。
でもってまたぞろ拐われるニケ。しかし頻繁に連れ去られる姫さんやでホンマ。


20170223.jpg

今日の収穫 20170218

 19, 2017 01:49
Q.E.D.iff 証明終了 6巻
相変わらずミステリコミックとしては頭一つ二つ抜けた存在だと思います。
この巻に収録されている2編も地味ながらなかなかのクオリティ。
「急転」の方の犯行動機はなんか好き。
作中はサザエさん時空なのかとおもいきやミステリ件の三馬鹿が大学生になっていたりと、どうやら年を取らないのは燈馬君周りだけのようで。

C.M.B. 森羅博物館の事件目録 33巻
まさかの騎乗位スタートに笑っちゃいました。まさかCMBで見られるとは。
この魔女マリアナさんはかなり魅力的なキャラですね。若い頃はもちろんBBAになってからの容姿も趣深くて良いと思います。
故人なのが残念ですが。
「古屋」の真相はムカつきますね。加藤先生の描く有力者権力者は善人か悪人か振れ幅が大きいですがこれは小物だけど地味に質が悪い悪人でした。こういうこずるい悪党の描写はいつも上手いと思います。


嘘喰い 45巻
立会人バトルロワイヤルついに決着。前零號切間撻器に伍する実力者真鍋立会人を下した門倉と、トリックを用いて復活してきた現零號夜行さんの最終バトル。強者の集う賭郎内でも事実上の最強決定戦は夜行さんに軍配。
門倉も人気キャラですし勝つ展開もアリかと思いましたが、やはり最後の屋形越えの立会いは夜行さんが行うのが締まりますね。
元警視庁密葬課の真鍋も組織に組み込まれた者としての役割を果たさんとする意思は熱いものがありました。賭郎では新参ながら上位の號数になるのは間違い無いでしょうね。
というわけで獏VS切間創一の屋形越えついに開始。
仕切るは零號立会人夜行妃古壱。
勝負の種目は「ハンカチ落とし」
この作品、ババ抜きやらたたいてかぶってジャンケンポンやら、シンプルなゲームを奥深い勝負にアレンジするのが本当に上手いと思います。


秘密のレプタイルズ 2巻
ちょっと前にTwitterの別アカウントのTLで見かけて気になって1巻を買ったんですがそれが面白かったので待ちに待ってた2巻です。
なんだか某エロ漫画家さんに絵が激似ですが気の所為です。
爬虫類をこよなく愛するペットショップ店員と主人公の爬虫類飼育コメディ。
こういうニッチなジャンルに特化したマンガ最近増えてますね。良いことだと思います。
キャラの面白さもさることながら爬虫類飼育に関する薀蓄が満載で非常に興味深く読めるのが楽しい。私は爬虫類結構好きですので。アニマーレのキャラ配置もエロゲテイストなのでこの設定でエロゲ作れそう。実際この巻はサービスカットが多かったですね。眼福。
キャラでは、マジこいのマルさんに似てるトガリさんが一押し。
ニュース動画をめぐる主人公の対応がオットコマエで良いですね。
返す返すも同人の違法アップロードにブチ切れた某絵描きさんの絵柄にクリソツです。

20170217 (2)20170217 (1)

今日の収穫 20170205

 06, 2017 01:29
火ノ丸相撲 13巻
この巻のメインは個人戦準決勝、絶対王者・天王寺VS大横綱の息子・久世の国宝対決でしょう。
主人公の絡まない試合ですが強者同士の死闘を熱く描いていました。
結果、ダチ高・潮にとっては厄介なライバルが二人揃ってレベルアップしてしまうという形に。

そんなわけで個人戦後の団体戦準決勝でのダチ高対戦相手は天王寺擁する鳥取白楼。
なんでも王者白楼もダチ高に負けず劣らずトリッキーな個性派揃いとのことで取り組みが楽しみです。

ところでもう一人出てきた国宝・数珠丸君はちょっと扱い悪すぎないですかね…。
完全な噛ませ犬ポジションじゃないですか。

☆今日のレイナさん☆
突発的に始める新コーナー、今日のレイナさんのコーナー。
今回の見どころは潮を侮った黒ギャルを鼻で笑うレイナさん。なんか虎の威を借る狐みたいだぞ。
ヒロインへの道はまだまだ遠い。頑張れレイナさん!


異世界居酒屋のぶ 3巻
2巻が出たあたりから買い始めました。原作小説は未読です。
確かもう一種類コミカライズが出てたと思いますが単に絵柄の好みでこっちのヴァージニア二等兵さんバージョンを買ってます。

異世界に出来た居酒屋の話。料理は美味しそうだし食べ方も汚くないし、女の子は可愛いし、割りと満足度は高いです。
ただ、異世界側の文化水準を低くして相対的に主人公側をageるという手法はラノベやなろう系でよく見られる形なのでちょっと気に入らない部分も無くはないです。まぁ椅子すらない世界に降臨した主人公のオレツエー小説よりはマシですけども。

結構話も良く練られていて、布石もどんどん活かしています。
優しい世界が心地よく描かれていてホッとできる作品で最近のお気に入りになっています。

とにかくエーファちゃんが可愛い。
んで、この巻はゲーアノートさんが圧倒的にカッコイイ!


20170205.jpg

今月買うエロゲ

 04, 2017 00:20
2017年も早くも一ヶ月が経過。ほんとあっという間でしたね。

さて、早速2月のエロゲ購入予定に移ります。

スイセイギンカ 購入確率100%
2ヶ月連続で暁worksの作品購入となります。
今作は原画こそさえき北都さんですがライターがるい智チームではないというのが一抹の不安。
森崎さんは、ツイッタラーには佐倉透でお馴染みハピメアのライターなのである程度は期待できそうではありますが、ハルキスの云々で色々あった人ですし注視していく必要がありそう。
通常版の価格が7800円ということは一応フルプライスでは無いんですね。

延期とか延期とかお財布の中身とかの事情で今月はこれ一本の予定。
よほど金と時間に余裕があれば恥辱遊戯も買うかも知れませんが、見送りの公算大ですね。尿シチュ的な興味はあるので他所様の感想には気を配っておきます。

てゆーか最近の購入予定作品の多くが公式にバナーを置いてくれないのなんでジャロ。


ところで、先ごろ結果のでた2chベストエロゲ投票の結果にちょっと愕然としています。
順位にではなく(順位はまぁ妥当かな?)参加者の減少っぷりに、です。
1位のRe:LieFですら40票に届かないというのは…。
期間を2週に伸ばしたりツイッターで宣伝したりしてましたが近年の参加者減少傾向に歯止めどころか、衰退著しい結果には残念の極みです。
過去にはJSA(ジェットストリームあかべぇ)とか色々問題もありましたがあの頃のお祭り感はもう戻らないのでしょうか…。


モンスター娘好きとして、かなーり期待していた作品ですが、残念ながらとても不満の残る出来でした。
モンむすを育成していくというコンセプトは面白いものの、その肝心の育成パートが大きく足を引っ張っています。
教養タイプか運動タイプか行動を選んで行くのですが、この2つに休息、交流を加えた4種類のコマンドを淡々と繰り返すだけ。
非常に単調で作業感がハンパ無いです。
コマンドを選んだあとの反応、掛け合いのバリエーションもすごく少なく、何度も何度も何度も何度も同じやり取りを繰り返し見せられます。正直言ってウンザリです。
また、コマンド選択のたびに数秒のアニメーションを見なければなりません。クリックで飛ばすこともできず、これもテンポを阻害していてイライラさせられます。
先に進むためにはこの繰り返しを相当の回数行う必要があり、気の長い方ではない私の忍耐力はほとんどギブアップ状態でした。
それでいて愛娘の成長の喜びを感じることもなく一晩でいきなりドーンと大きくなるというのはいかがなものか。
そして大きくなったあと、いかなるイチャイチャが展開されるかと思いきや、成熟したあともまたぞろ繰り返される育成パート。
もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!
この育成パートに圧迫される形で、イベントすらほとんど無く、親子(疑似ですが)のやりとりや恋人になってからのイチャイチャもびっくりするほど薄っぺら。
物語も、異種族間交流賛成だ反対だと小競り合い。
s-20170201131930.jpg

イヤイヤ、私らもんむすスキーが見たいのはそういうのじゃねーし!
もっと異種間でのイチャイチャを見せて欲しいのです。
今回は親子とはいえ、親子っぽいイベントもほとんど無いのはいかがなものか。
あと、個人的には成熟後に呼ばれ方が変わるのがすごく不満です。ずっと「パパ」「おとうさん」で良いと思うんですけどねぇ。

文句言ってばかりなので代案を出しましょう。
モンむす育成というのは活かすとして、コマンド選択回数は半分以下で十分です。
成熟後は育成パート不要。育ったあとはイチャイチャラブコメしてましょうよ。
舞台を現代にするにしてもある程度異種間交流が認知されている状態のほうがいいですね。今で言う国際結婚程度の認知度くらいで。
背後の変な組織とか賛成派反対派の対立なんかオミットしましょう。
成長も一晩でイキナリじゃ味気ない。成長速度が違うにしてももうちょっとやりようはあったはず。

はぁあ。期待しただけになんかすんげー残念。延期もしてこの出来というのはちょっと擁護はできません。
人間とモンむすの普通のラブコメでいいんですよ。
せめて育成パートがもうちょっとプレイアビリティ良かったらまだ印象は違ったのかも知れません。

絵はすごく良いですが、エロさは余り感じませんでした。えっちシーンもなんか薄い気がします。着衣状態が多く、モンむすならでは!って行為もそんなに無いし。ミドルプライスなのでシーン数もそれほど多くない。
ネイとピィのキャラクターは非常に魅力的だけに、このキャラを活かせなかったのがとても悔やまれます。
スタートで選ばなかったほうがサブキャラとして出てきてちょいちょい絡んでくれるのは良いと思います。

個人的にはかなり期待していたので、反動でちょいと辛口評価になってしまいました。
商業モンむすの先駆者ブランドとしてVanadisさんには今後も頑張って欲しいがゆえ厳しい感想です。
次回作での捲土重来を期待したいです。

月影のシミュラクル -解放の羽- 感想

 01, 2017 23:10



20170201 (6)

前作「時をナントカ」で私をガッカリさせてくれたあっぷりけの最新作です。
最初のルートをスマホ無料アプリで先行公開という形を取っていましたのでそこまではプレイ済でした。なかなか良いヒキでオモシロイと思ったので本編も購入。
まぁアプリの前フリがなくとも、桐月さんシナリオのあっぷりけ作品ということで買っていた筈なんですけれども。
プレイした感想としては流石は桐月さんという感じでしょうか。安定感。

ほんとにマジで前作の凡作っぷりが桐月さん不在によるものだったんだなぁと確認できたのは収穫でしょうね。
あっぷりけは今後安定して売りたいなら絶対に桐月さんを手放しちゃダメですよ。
コンチェルトノートや黄昏のシンセミアといったヒット作の版権が現あっぷりけには無いようなので(桐月さんのツイッターより)尚更ココからが大事。本当は前作も大事だったんですけどなぜその大事な作品で桐月さん以外のライターを起用したのか、理解しかねる部分もありおりはべり。
まぁ今更言ってもしゃーないのでシミュラクルの話に戻します。

物語は伝奇ものに分類される感じでしょうか。人と人ならざるモノとの話という意味ではコンチェルトノートや黄昏のシンセミア、はなのの等と似たテーマではあると思います。ただ、それらと比較して話は結構重ため。
生き人形を管理する一族に絡むお話ですね。そういうの嫌いじゃないです。
儀式だの因習だの人形だの吸血殺人だのおどろおどろしいのは好物と言って差し支えないので非常に楽しんでプレイできました。
桐月さんのテキストは安定感ありますのでその面でも桐月さんの帰還は喜ばしいことです。
重い話ではありますがボリュームはミドルプライスのそれなのでさほどヘヴィにこちらを圧迫してくる感じでもないのは良いですね。重すぎず軽すぎない絶妙な塩梅で旧い一族にまつわる物語が紡がれていきます。
構成的にはいくつものエンドとバッドエンドを積み重ねてフラグを立てていって最終的にトゥルーが開放される感じですがこの積み重ねが過去生き人形に翻弄されてきた歴史を彷彿とさせてくれます。
あっぷりけ名物赤いCGもしっかり完備。
20170201 (3)20170201 (4)
サブタイの解放の羽も、生き人形紅が支配から解放されるとともに、如月に連なる者たちも過去から解き放たれて未来に進んでいけるというピッタリのタイトルだったと思います。

ところで、トゥルーまでプレイ終わったあと、私はとある作品のことを思い浮かべました。
それは紙の上の魔法使い。以前感想を書きましたがあれはあれでよく出来た作品ではあると思いますが同時に二度とプレイしたくないけったくそ悪い話としてマイメモリーに刻まれています。
そんなかみまほのクリソベリルと今作の生き人形「紅」に若干の類似を感じました。
いずれも関わる人間を翻弄し、破滅に導くジョーカーでした。多くの悲劇を齎した災厄の存在。
しかしながら、クリソベリルは大っ嫌いで顔も見たくないのですが紅にはそういった感情は抱きませんでした。
なぜかと考えるとキャラデザの好みやキャラの可愛げ有る無しもさることながら物語の構造なのかなぁと思います。
かみまほはある部分までの悲劇は決定されたものとして常に存在し続けます。前提条件であり設定であってルートを違えたとしてもその部分は覆りません。その悲劇部分こそが私がクリソベリルを嫌う大きな要因であると同時にかみまほを二度とプレイしたくないと思う要因です。
一方こちらはルートはルートとして一応パラレルに存在しているのでキャラクターに降りかかる悲劇は確定されたものでは無いのでそこがかなり違っています。
また悪意を振りまく存在としては紅もクリソベリルも同様ですが紅の悪意は本人固有のものではなく周囲の人間の感情が反映されたものであるので紅だけの責任では無いというところも大きいのかなと。
かみまほのトゥルーエンドで最も気に入らないところはあれだけ多くの人生を引っ掻き回し続けたクリソベリルがなんだか唐突に赦されてちょっと幸せ掴んじゃったりしてるところですが、それは紅も同様です。ではどこが違うかというとトゥルー前に紅と主人公が心を通わすルートがちゃんとあるので感情移入がし易い土壌があるという点は大きいです。そこがシミュラクルは上手かった。
かみまほが悪印象のみを残したかった意図があったのならば、あれはあれで大成功ですけどね。

そんなわけでやや全体のボリュームは物足りなくもありますが、桐月さんのテキストはやはりイイなぁと思うのです。シナリオ構成もちゃんとしてるし、得難い替えの利かない存在であると思います。

キャラクターはやや地味な印象は拭えないものの、零は再会系幼馴染として見た目も中身もかなりの優良株ですし、一葉も万能突撃クソメイドっぽい強かな感じは悪くないです。
こうなると美優の地味さがひときわ目立ちますね。正直ヒロインに据える必要があったのか、やや疑問が無くもないです。Hも一回しか無いし。
見た目は可愛いですけどねぇ。
20170201 (5)20170201 (2)
20170201 (1)20170201 (7)
そして紅。前段でちょっと触れていますが、人間外のものとの交流物としてはよく出来ているのではないでしょうか。同じ桐月さんの作品だと紅蓮華のくおんっぽさを感じました。紅ルートに入るまでは、ちょっと印象良くないですけど。

えっちシーンは美優1回、零と一葉2回ずつ、紅3回。内容はごく普通で尺もそれほど長くはなく、とりあえずあるだけという印象は拭えないかなぁ。もうちょっと頑張れたとは思いますがミドルプライスのシナリオゲーなのでこんなものでしょうか。
特にアブノーマルな行為もなくほんとに普通です。野外で着衣対面座位はちょっとめずらしい絵面かも知れませんけど。
これ、もっとドエロくするかしたほうがより旧家の因習伝奇ものっぽくなったと思うのです。生き人形が精気を欲している設定もあるわけですし。
シナリオ分量的に難しいのは分かりますけどそこをなんとか、というやつです。

システムは相変わらず良好。
全体が短いのでいつものフローチャートよりやや大雑把に感じましたが使い勝手はとても良いですし、バックログからのジャンプもあるしプレイアビリティは文句ないですね。
気になったのは誤字脱字。それほど多くはないですがちょいちょい散見されました。真面目なシーンであると若干萎えますよね。
あと、先行アプリ版では大丈夫だったのにこちらで急に誤字ってるところは一体なんだったんだろう。
「如月」が「兼定」になっている部分が2ヶ所ほどありました。わざわざアプリと変えているから何かの伏線かと思ったらそんなことは無かったです。

総合的には面白いし概ね良作でした。
桐月さんの復活、前作で下げたあっぷりけ株の挽回を喜びましょう。
ミドルプライスですし、ハズレでも被害は少ないので是非プレイしてみてください。

WHAT'S NEW?