FC2ブログ

今日の収穫 20160626

 27, 2016 00:57
それでも世界は美しい 13巻
神官庁にカッサンドラとの接触がバレて進退窮まるリビ。
ここでカッサンドラを王都に連れて行けないとニケの命も無いわけですがここでリビが編み出した秘策がまたイカしてます。
こっそり連れ帰れないなら正面から堂々と連れ帰るというわけでカッサンドラを自分の側室に迎える(体で)という大胆な力業。
ここにきてリビのレベルが人としても王としても爆上げしてますね。
妻を助けるために旅にでて側室をもらってくるというのはいかにお芝居だとしてもやりにくいだろうに。恐ろしいガキです。
というわけでニケは無事助かったわけですが、カッサンドラは今後も王都に居着くんでしょうか。
オモロイBBAおねーさまなのでレギュラー化してくれると嬉しい。そして前回も書いた気がしますが脳内CVはかわしまりのさんで。

天賀井さんは案外ふつう 2巻
郷土史維持管理部のメンツが出揃いましたが、ここでいかにタイトル通りかがわかってきました。ごく一般的な視点で見れば天賀井さんはかなり普通人ですね。毛色の変わったメンバーが揃った部ですのでツッコミ役に回ることもしばしば。
ちなみにかわいい系ショタの江田君の初見での感想は「髪にトーン貼ってないミズシロ火澄」でした。
さらに真木君の両親も登場しましたがこいつらヤバいやろ…。色んな意味で。
あと、真木は実年齢26歳のはずなのに両親見た目若すぎね?(というツッコミ)完全に「高校生の親」として作画されてない?
いや別にいいけどさ。
それから先生の離婚理由、凄まじすぎですね。コメディだしサラっと流されてましたがこれは大変なことだと思うよ。
お話は特段シリアスになるわけでもなく(一応謎に対する考察は常にされてる)コメディ基調で進んでいってます。これは原作者の発言どおりですね。
あとがきでも書かれてますが、「ドラマ」と「コメディ」どちらを主とするかはとっても重要。
そのあたりのことを無駄シリアス組み込むエロゲライターもちゃんと考えて欲しいのよ。

マジョンナ 三家本礼 Extra Works
血まみれスケバンチェーンソー実写版を観たばかりですが、その原作者三家本礼の短編集です。
基本再録が多いので見たことあるのが大部分なんですが、それでも結構古めの作品も収録されててファンとしては楽しく読めました。
簡単にですがミカモンの作品解説もあって良かったと思います。やっぱ「給食の飯田さん」すっきやわぁ…。
少女ホラー系の出身だからか、昔から復讐を主軸にした話多いですね。ごくごく一般人が人間一刀両断とかどんだけ腕力あんねん。というツッコミも許さない勢いとテンションが好きです。
現在の健康的な絵柄もいいけど、昔の不健康そうというか病的な絵柄も結構好きです。ゾンビ屋れい子の2巻まであたりとか。

20160626.jpg
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

血まみれスケバンチェーンソー 感想

 25, 2016 02:11
私の大好きなスプラッタ漫画家三家本礼原作によるコミックの実写映画化作品です。
コミックの実写化と言えば概ね芳しくない出来になることが多いですし、この企画の一報を聞いた時は正直不安と絶望しかありませんでした。
三家本作品は過去にゾンビ屋れい子や巨乳ドラゴンが実写化されていますがいずれもミカモンテイストがほぼ無い別物に仕上げられており、そもそもの作風もあってミカモン作品と実写の相性は最悪だと思っていました。
しかし、すぐに公開されたメインビジュアルを見て一筋の光明を見た気がしました。
褌姿も凛々しい、チェーンソーを構える内田理央さん扮するギーコの写真。
これはかなり上手く再現しとるやんけ!とここで浮かれるわけには行かないと自制しつつも徐々に期待が膨らんできたものです。
さらに情報が増えてくるに連れ、これは今までの三家本原作の実写化とはちょい違うんじゃね?という希望が湧いてきました。
ぜひ観たいとは思ったのですが、残念ながら県内の映画館では公開しなかったので円盤発売を待つこととなりましたが…。

というわけでブルーレイを入手しましたので早速視聴。
これは…。うう…。むむむ…。
いけるやん!
低予算邦画にありがちなチープ感は否めないものの(これはしゃーない)、勢いやテイストがまんま三家本礼しとる!
ポップなグロ・スプラッター描写やブラックなギャグ、キャラのノリが求めていたミカモン作品の実写化として再現されているのです。
これは嬉しい。
原作の最初のネロ編を元に、映画の尺に収まるよう改変はされているもののそれも必要最低限に抑えられていてミカモンの味を損なわないような配慮も伺わせる造りになっています。
元々物語自体は勢いに任せて突き進む感バリバリのものですのでこのパッションをいかに殺さずに作るかが実写の鍵だと思っていましたが、原作のノリそのままに無軌道に展開される血みどろバトルに血沸き肉踊りつつも随所にニヤリとさせられるところもあってまさにミカモンな感じに仕上がっていると思います。

演者さんも各々素晴らしい再現度です。
ギーコ役の内田理央さん、ネロ役の山地まりさんは特に原作そのまんま。山地さんのネロなんかもうマジ本人。流石に常に斜視でいるのは無理でしたけど、このキャスティングのハマり具合はタダ事ではない。
爆谷も衣装こそチアに改変されていましたがなかなかの熱演でしたしオリキャラの怨憎も原作にいそうなミカモン風味で作品の内容を壊していませんでした。
まるで座薬注入のような爆谷への次弾装填とか、カナリおかしい担任教師とか笑いどころも多いです。
過去実写化で辛酸を嘗めているミカモンもかなり協力しており、改造死体の修学旅行や体育祭の描きおろしイラストが作中で使用されていたりしてサービスも満点。
脇キャラですが忍者部もヘンなキャラで面白い。オッパイ担当はチョイブサ巨乳でマニアックなツボ突いてくるし。
おちゃらけだけじゃなく、ギーコの怨憎への啖呵や工作部部長のギーコ説得などなかなか熱い部分もしっかり作っていて好印象です。
過去の記事で度々述べていますが、こういったメディアミックスで重要なのは原作への愛、リスペクトだと思うんですよね。それがなく単に話題だからタイトルと上澄みだけ頂いてあとは監督の好き放題とか、ありがちですよね。でも今作はしっかり原作に敬意が払われていて気持よく見れました。やはりこういう原作付き作品はまず一番の顧客であろう原作ファンを満足させてナンボですよね。(私以外の評価は知りませんが)

結構褒めましたが、ちょっと気になった点もあります。改変部分に絞ります。
まず爆谷がチアガールにされてる改変。キャラの衣装の多様性を出したかったのかもしれませんけど、私的にはもとのセーラー服の方が良かったなぁと。でも普通のセーラーだとアンスコ穿けないので、マンコミサイルの時露出が増えちゃうから女優さん的にNGだったのかなと推測します。
もう一個はネロの人間的弱さを垣間見せちゃったところ。徹頭徹尾ゲスであってこそのネロだと思うのでそこはうーんって感じでした。でも結果的に屋上でのラストバトル(というかチューからのトドメ)が綺麗だったので別にいっか。

どこまで行ってもB級以下でしかありませんが、そういうのが好きな人にはオススメできると思います。
音声特典で私の好きなオーディオコメンタリーも入っていたし、満足度は高かったです。



20160621.jpg

今日の収穫 20160619

 20, 2016 02:00
Q.E.D.iff 証明終了 4巻
仕切り直しでiffに移行してからちょっと地味っぽいお話が多いように感じていたQEDですが、この巻は結構好みでした。
動きがあるし女の子はかわいいし活躍するしw
「碧の巫女」は読んでてなんだか懐かしく感じました。QED第2巻に収録されてる初期の代表作「六分の宝」を髣髴とさせる感じがそう思わせたのでしょう。閉鎖的なコミュニティと外界との関わり、古くからの言い伝えに連続殺人、そして有能で綺麗なおねーさんと結構共通点ありますよね。
最終盤までの展開や犯人像なんかも割りと両作近しいものがあって面白かったんですが、こちらはさらにラストに一捻りされていてそうきたか感が高めでした。
エサ(古書)に釣られる燈馬君がコミカル。
もう一編の「H.N.(ハンドルネーム)」もハッカーとクラッカーのせめぎあいが楽しく読めました。扉絵を見た段階である人物の正体についてはピーンと来ましたね。
こちらは可奈ちゃんがいつにも増して八面六臂の大活躍。まぁ普段から阿修羅みたいなお嬢さんですが。というか可奈ちゃんめっちゃスペック高いっすよね。単独で海外へ潜入任務こなしてるし。英語ロシア語アラビア語もできるんじゃね?たしか勉強はアホの子だったはずですが。「やっぱ証拠は足で集めないとね!」でガツンとやられました。スーパーヒロインすぎんよ~♡


C.M.B. 森羅博物館の事件目録 32巻
一方、こちらはちょっと地味過ぎて今ひとつ感ありました。面白くなくは無いんですけど惜しい感じ。
こっちのヒロイン立樹もスペック高いよなぁ。この巻ではそれほど活躍はしてないけど強いしかわいい。イスラム圏ではちゃんとスカーフ被ったり気も使える子です。

巻末に加藤元浩先生が小説デビューするとの広告がありました。当然ミステリ。どんだけネタ湧いてくるねんこの人。
活字の本買わなくなってかなり経ちますが、買っちゃおうかなぁと迷い中。


デストロ246 7巻
完結。

ん? 完結? 思わず帯を二度見三度見しました。前巻の終わりから、物語が終わる気配が微塵も感じられなかったので驚いてます。掲載誌は本屋で紐で縛ってあることが多いのであまり立ち読みしてなかったからこの急転直下の展開にしばし動揺。
はたしてあそこからこの物語にどんな決着をつけたのか、恐る恐る内容を確認します。

結果…特に決着は付いてませんでした。
伊万里VSの紅雪は伊万里が勝って、でもなんやかんやあって伊万里が壊れて殺し屋女子互助会みたいなのができて終わり。
沙紀との因縁もあるし、よく翠藍があの状況でおとなしくしてるなぁと。まぁボチボチ元気に殺してはいるみたいですけど。
ようは苺姫の「ケッキョク南米から殺し屋二人お越しになられても、なーんにも変えることができませんでしたってお話だなァ」ってセリフに集約されちゃうエンディング。
でも彼女たちの内面にはなんらかの変化があるように見受けられるので全くの徒労でも無いのかもしれませんが。
このメンツの誰かが欠けてもこの結末には持っていけないでしょうし、そうなるよりは良かったんでしょうかね。
成長しなくなったイマリンはぜひ欲しい。

折り込みのチラシに高橋慶太郎次回作の予告もありました。なんか面白そう。

20160619.jpg

今日の収穫 20160615

 16, 2016 01:29
モンスター娘のいる日常 10巻
メインどころの久留主家居候ズがほぼほぼ登場しないという極めて特異な巻でした。
その分M.O.N.の面々や脇キャラにスポットが当たっており、見た目的には豪華と言えなくもないかも。
個人的に一番の見どころは着衣ドッペルさんですね。慣れない格好で照れまくるドッペルさんかわいいです。
ふよふよモフモフの癒やしコンビや、ゾンビーナ&シィシィの腐りっぷりも楽しい。
前巻の無駄シリアスから打って変わってのラヴコメ全開(メイン組置いてきぼり)、非常に良い仕事してましたね。
M.O.Nの方々は完全にだぁりん君にオチてますな。
ちょっとヒキが不穏でしたけど、シリアスはホドホドにね!


12BEAST 4巻
もんむす祭りじゃー!
というわけでオカヤド先生2連発。
モン娘シリアス担当の12BEASTはフィッシャー&巳神将インドラ戦決着。
中の人のフィッシャーも小物っぽかったけどインドラもよくある「○○の中では最弱」でしたか。ていうか敵のそのやりとりがテンプレ過ぎて逆に笑。
ジャウェアさんはここでリタイアですかね。片翼になっちゃたし。非常に残念。
んで、舞台は港町から凍土へと急転直下。今度のモンむすは人狼だ!
いつもどーりの一族郎党そろってツンデレが発揮されたところです。孤高のぼっちフレキさんの今後に期待。


20160615.jpg

今日の収穫 20160607

 07, 2016 23:30
喧嘩稼業 7巻
新刊煉獄普通に完走しちゃったよ…。意外。
ヤンマガ本誌でも一応隔週ペースで載ってるし、ちょっと安定してきたんでしょうか。まだ全然油断はなりませんけど。

というわけで陰陽トーナメント1回戦第2試合、佐藤十兵衛VS日本拳法の佐川徳夫開戦。
十兵衛の卑怯な仕込みから試合開始前に煉獄をぶっこむという想像の埒外の展開。
徳夫も出鼻こそ挫かれたものの、正攻法ではかなり強いですね。十兵衛や他の出場者の構想を裏切る投げ技を見せたりと見せ場も十分。まぁ本誌で結末は知ってるのであれですが、十兵衛よりも石橋との試合を見たかった。
十兵衛の闘い方だと相手の良さが削がれちゃうのよね。まぁ相手の本領を発揮されたら十兵衛勝てないから仕方ないですけど、なればこそそんな実力の十兵衛にはトーナメントにしゃしゃり出てきて欲しくなかったの。


多重人格探偵サイコ 23巻
もう何やってんだかさっぱり分かりません。
初期の猟奇殺人山盛りなノリの頃はホント好きだったんですけどねー。どうしてこうなった。
次で最終巻なのでここまで来たら最後まで買いますけど、もっと早く見切りをつけておくんだったと、ちょっと後悔してます。

20160607.jpg

今日の収穫 20160606

 06, 2016 22:55
HUNTERXHUNTER 33巻
ひっさしぶりの新刊ですね。このブログ始めてからは初、かな? 富樫もっと働けw んでもって337話ちゃんと描いて。
でも待っただけのことはあって流石の面白さ。
各人の思惑が複雑に絡みあった政治的駆け引きは一読わかりにくいけれど何度も読み返したくなります。
正直、前の蟻編はあまり好みませんが評判の良くない選挙編は好きですし今の暗黒大陸編も作者が最後まで描けるかという不安以外は満足しています。
ただ、字が多いね。読むのがすんげー疲れます。おっさんだから。

ゴンとキルアはこのまま退場なんでしょうか。少なくとも暗黒大陸編で再登場の余地は無い気がするです。


暗殺教室 20巻
ラス前の巻。
柳沢と二代目死神との決着ですがハッキリ言ってこれは殺せんせーが暗殺される177話の前座に過ぎないです。
通常、お涙頂戴は好きじゃないですが、この巻における殺せんせーとE組生徒たちのやりとりは好きですね。ここまで積み重ねてきたものがありますので、素直にええ話やと感じることができました。
おそらく連載開始からここを目指して描かれてきたであろう部分です。物語がキレイに閉じるのはやはり気持ちが良いものです。
何度か書いていますがキチンと終われるというのは、ジャンプでは(最近はジャンプ以外でも)本当に幸せなことだと思います。
物語自体は実質ここで終わってはいますが、最終21巻も楽しみです。

20160606.jpg

今月買うエロゲ

 05, 2016 22:18
最近、エロゲやる時間が取りづらくなってます。買うけど。
時間が欲しいー。

オトメ*ドメイン 購入確率90%
オトメ*ドメイン
ありがたいことに6月は
この一本だけの予定。(未定)
女装主人公モノですね。
体験版やりましたけど主人公の女子力たけーですね。むしろお母さん。
ボイスありなのもポイント高い。歩サラさんの声も好きですし、良いです。やはり女装主人公にはボイス欲しいですよ。
ヒロインもかわいいながらアク強いので面白そう。深刻なシリアスが無ければ、と思いますが多分シリアスあると思います。

ところで、女装主人公モノってどうして舞台がお嬢様学校一択なんでしょうね。学園モノなら普通の共学校とかでもいいでしょうし他の舞台設定でも女装主人公モノ見てみたい気がします。
スミレ『僕と恋するポンコツアクマ。すっごいえっち!』応援中!

2015年発売の萌えエロの良作、僕と恋するポンコツアクマ。のFDです。
本編はエロは素晴らしかったのですが、シナリオはダメダメ、ギャグ・コメディとしても今ひとつ感ありました。そんなわけでこのFDはタイトルからも分かるようにエロ方面への特化を掲げています。
で、実際かなりエロかったです。
20160601 (2)

シナリオは前作同様あって無いようなもの。
本編での個別ルート後が描かれ、お話はあくまでえっちとえっちを繋ぐ役割でしかありません。基本的に何が起こるわけでもなく、エロシーンに持ち込む理由付けに過ぎないです。理由にすらなってないかも。
ただ、今作のコンセプト上シナリオに意味を持たせないというのは非常に理にかなっていると思います。ユーザーが求めてるのは「すっごいえっち」であってしょーもないシナリオでは無いですからね。ウリであるえっちを邪魔しないシナリオという意味において今作の何も起こらない日常というのは大正解。
そんな中で唯一堕天使義妹咲莉のお話だけが異彩を放ってます。それほど深刻なシリアスというわけでもないのですが、妙に主人公のメンタルが弱い。その御蔭でウジウジ思い悩む姿が鬱陶しい。これは本編の咲莉ルートでもややその傾向があったのでそれを踏襲しているのかも知れませんけど、だとすれば正直要らん配慮です。他のヒロインのシナリオ同様脳天気におちゃらけてイチャイチャしてエロに雪崩れ込むだけで良かったのにね。せっかく咲莉が弓道部に入ったのに道着えっちが無かったりと意味わからんシナリオです。

一人ひとりのシナリオ量は大したボリュームではありません。特に本編でサブヒロインだった3人はちょー短い。
その短い中にみっしりと詰まったエロシーンにつきましてはそれはもうかなりの濃さ。萌えエロ系としては相当頑張ってるんじゃないでしょうか。すっごいえっちの冠に相応しいと言えましょう。
ヒロインがそもそも痴女入ってるレベルでえっちに積極的ですのでスタンダードなプレイからアブノーマルな行為まで様々取り揃えてユーザーを楽しませてくれます。
フェラ、パイズリ、アナル、授乳手コキ、睡眠姦、キメセクに器具使用の軽調教と抜きゲークラスはあるんじゃないかな。
20160602 (1)20160602 (2)
20160602 (3)20160602 (6)
シナリオが残念だった咲莉もエロは申し分ないし、純粋にエロシーン集としての本作は非常に優秀でしょう。
主人公も絶倫なので一回出して終わりというのはほとんど無いですし、ヒロインレ.イプ目も多数完備。
私の個人的な評価点としては、ヒロインの大部分にお漏らし・嬉ションが備わっていたところ。これはよろしいですね!。特にタマちゃんシナリオはそのものズバリお漏らしがテーマでしたので本人のキャラも相まってなかなかに楽しめました。
20160602 (4)20160602 (5)

ハーレムは及第点と言ったでしょうか。ただの並べて挿入差分だけじゃなかったのは褒めてつかわす。
20160602 (8)20160602 (7)
そんなわけでえっちぃ面につきましては非常に満足度高いんじゃないでしょうか。もちろんプレイ内容の好みで合う合わないはあるでしょうけど、そこまでキッツいのも無いですし、単純な萌えエロとしては高水準かと思います。

単にかわいいヒロインとの濃厚らぶらぶえっちを求めてプレイする分にはおそらく損はしないんじゃないでしょうか。ひとたびシナリオとかに満足を求めだすと途端に低評価になりかねませんのでそこは一切期待せずにいきましょう。

WHAT'S NEW?