FC2ブログ

今日の収穫 20150828

 29, 2015 00:10
パレス・メイヂ 4巻
鹿王院宮は好きじゃないですが、御園君も彰子陛下に相応しいかといえばそうではないと思うのです。
新聞記者はなかなかいいキャラで面白い、憎めない。今後にも期待。多分引っ掻き回してくれそう。
ロリ彰子様とヤング宮様の出会いのエピソードあったけど、宮様は若いころの方がいいな。そして彰子さまはロリでも凛々しい。仕えたい。
恋愛とか結構どーでもよくてひたすら彰子陛下を愛でたい派だから、作中のキャラがみんな(思惑はどうあれ)陛下の味方っていうのは安心してみてられるなぁ。

グリザイアの楽園 ブルーレイ 1巻
やはりクオリティ高いなーと思います。
相変わらず麻子もJBもいい女ですな。
JBの初体験シーンはちゃんと修正外れて乳首見えてました。善き哉。一方、鹿のチンポはモザありでした。誰も見たくないか。
映像特典は「由美子の、ドキドキ湯上がり密着ロッカー」
メインヒロイン勢全員登場でみんなおっぱい放り出して体張ってます。イイネ!
さっちんをねっとりモミモミする天音は非常に良い仕事をしました。
ジュビコは、あんま印象に残ってない。

20150828.jpg
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

クルマと100均の話

 28, 2015 00:49
最近休みのたびに近所の100円ショップに入り浸っています。
先月、クルマを買い替えまして、それに使えそうなグッズが無いか、物色しているのです。
何しろお金がありませんので、貧乏人にとっては100均は強い味方です。自動後退さんや黄色帽子さんで買い物する10分の1程度の出費で済むことも。
100円(税込み108円)といっても意外と侮れない商品が結構あります。
100均には以前にも大変お世話になりましたしね。
ということで、私がおねだん以上と感じたクルマに使えるグッズをいくつかご紹介したいと思います。

①カーボン柄シート
20150827(10).jpg
みんカラでもおなじみ、ダイソーチューンの定番商品ですね。
試してみたら中々いいです。さすがに本物のカーボンシートとまではいきませんが100円でこの質感なら上々でしょう。カーボン(風)インテリアとしては十分です。
カラーバリエーションがシルバー、黒、白の3色しかないことと、サイズが40×20しかないので広い面に貼るのは骨が折れることが欠点といえば欠点でしょうか。
私はプラスチッキーで安っぽい(そして実際安い)インパネ周りのアクセントに使っています。糊残りも今のところ無いですし、たった100円なので安心して失敗できるのは大きなメリットですね。ちゃんとしたカーボンシートは高いですから。
20150827 (1)20150827 (2)
エアコンルーバーとドリンクホルダーに貼ったところ。他にもちょいちょい細部のアクセントに使います。
20150827 (9)
あと、乗降時に蹴飛ばして汚しがちな運転席のドアポケットの保護にも使ってみました。

②シート背面ポケット
20150827 (7)
これはセリアの商品です。
カー用品店で同じようなものを買うと2000円以上しますがこれで108円というのはかなりお値打ち。ペラッペラで頼りないですが、クルマに持ち込むような小物や雑誌程度を収納するにはこれで十分です。
ちなみに写真に写っているスプレーボトルも100均商品。容量も大きいし、水の噴出パターンを霧状やストレートに変えられるのでボディのちょっとした汚れ落としに活躍します。

③アクリルスポンジ
特に夏場の夜間走行で悩まされる虫汚れを水だけで落とす優れもの。本来の用途は食器洗い用です。
カーケア用品各社から虫落とし商品は沢山出ていますがどれも期待したほど効果が無かったりコストパフォーマンスがイマイチだったりですが、これはYouTubeで動画で見て半信半疑で試したら本当に水だけで虫汚れが落ちたのでびっくり!
汚れに水をたっぷりかけて、スポンジにも水を含ませて軽くこするだけでほとんどの虫を落とせましたちょっと時間が経ってこびりついた汚れも少し力をいれてこするとしっかり落ちます。あとはもう一回水をかけて拭き取ればピカピカに。車体にキズもつかないようなのでこれはとても使えるなと思いました。某社の虫落としシートや某社の虫落としスポンジよりは確実にキレイになると思います。

④マイクロファイバークロス
ボディやガラスの水滴の拭き取りに非常に重宝します。
100円とはいえちゃんとマイクロファイバーしてる。しっかり吸水してくれるので拭き取りがとても楽です。繊維残りも殆ど無いのが良いですね。

ここからは私が一手間かけたパーツを。もちろん材料は(ほぼ)100均アイテムです。
20150827 (3)20150827 (4)
はい、こちら蓋です。
私のクルマは、運転席前に小物いれがポッカリ口を開けている車種です。
なんでも放り込めて便利は便利なんですが、駐車時は丸見えで防犯上もよろしくないですし、中の物がフロントガラスに映り込むので蓋が欲しいと思って作りました。
もちろん、オプションで蓋をつけることは可能なのですが10000円以上するのです。蓋に万はねーなと思います。
職場のゴミ捨て場で拾ったスチロール板をアッパートレイの形(よりちょっと小さめ)にカットし、100均のアルミシートを巻くように貼り付け、さらに滑り止めシートを巻きました。
アルミシートを使ったのは多少なりと断熱性を持たせたかったためです。
まずまず良く出来たのではないかと。

20150827 (5)20150827 (8)
続いてエントランスマットです。
樹脂製のステップ部分のキズや汚れを防ぐためのマットです。
車種専用のエントランスマットはネット通販で5000円ほどするのですが、これは400円ほどで作りました。
100均のタイルカーペットと、接着タイプのマジックテープを使っています。思ったほど見栄えも悪くないしこれはこれで満足しています。色味がもうちょっと純正のフロアマットに近ければなお良かったんですがね。

ということで、買ったら損する商品もたくさんある100均ですが、意外と使える、工夫次第で化けるものが色々あるのですね。
みんカラのパーツレビューをダイソーで検索すると、よさ気なものがまだまだあります。
茶漉しをエアコンのメッキリングに使う発想とか、最初にやった人は只者じゃないですよね。
今もちょっと考えてることがあるので私の100均巡りはまだまだ終わりそうにありません。

TVアニメ版うしおととらのこと

 25, 2015 23:57
先回はアニメ・モンスター娘のいる日常の今後の展望について書いたので、今回はアニメうしおととらについて思うところを書いていこうと思います。
大傑作少年コミックのアニメ化ということでハードルは高いですし、何よりも危惧されるのが3クールしか無いということです。
現在はそこそこのクオリティで、私もうしおの声にイマイチ慣れない以外はほぼ合格点のアニメ化だと思っていますが、ラストバトルまで描くのに3クールではいかにも不安が付きまといます。
3クールって、普通のアニメからすれば贅沢なくらいの長さなんですがうしおととらの場合コミックス33巻に渡る大長編ですしその最後までアニメで描くことが公言されている以上やはりの問題が出てきます。

そこで如何にカットしていけば白面の者との少年コミック史上に残るあの最終決戦をしっかりと描けるか、考えてみようと思います。
最新話は人気の衾回でしたが、これも随分圧縮してましたね。原作では6話分の話をアニメ一話にぎゅう詰めにしてました。まぁなんとか話の筋は損なっていなかったと思いますが人気エピソードでもこのくらい摘まれるということです。
更に次回は鎌鼬回ですので、ということはつまり凶羅は全カットということ。良いキャラですので非常に残念ですが、よくよく思いかえしてみれば、凶羅は話の本筋にはほとんど絡んでいないキャラなんですよね。最終決戦でも裏では働いていましたがそこは描かなくても話は成立するのでスタッフ的にはやむなく存在自体を抹消したというところなのでしょう。
このような大胆なカットはおそらく今後も行われるでしょう。白面との関わりの薄いところからバッサバッサと切られるのだと思います。そうでもしないと3クール36話で最後までアニメ化なんてとてもムリですから。
凶羅レベルで無かったことにされるということは相当厳しい生存サバイバルになる筈です。
まず、凶羅がいないということはそれに関連する話は間違いなくカットされますね。「法力外道」「時限鉄道」など。
白面とうしお・とらの物語に直接関係のないところは優先的にカットされそう。「汝歪んだ夜より来る」「畜生からくり」「満月」「記録者の独白」
ギャグ回もやってる余裕は無いでしょう。「獣の槍を手放す潮」「麻子の運動会」「うしおととらの一年事始め」「かがりととらおつかいに」
うしおととら活躍回であっても最終決戦に影響のないところもカット対象かも知れません。「お前は其処で乾いてゆけ」「暁に雪消え果てず」「HIGH SPEED EATER」「愚か者は宴に集う」「ブランコをこいだ日」「外堂の印」
扱いは難しいけどなんとかカットできそうなところも…。「一撃の鏡」「鎮魂海峡」「霧が来る」「業鬼」「三日月の夜」「あの眸は空を映していた」
これで一応原作でいうと79話分カットできますが、まだ厳しい。なにしろ33巻で400話以上ありますから。

うーむ。考えれば考えるほど絶望的になっていく。
今挙げたエピソードの中でも、たとえば時限鉄道(山魚回)やお前は其処で乾いてゆけ(猿)、愚か者は宴に集う(とら真由子入れ替わり)、ブランコをこいだ日(さとり)、業鬼(鏢再々登場)などカットするには忍びないおもしろい話は沢山あります。
というかうしおととらに面白くないところなんてほとんど無いんですけど。
ほぼギャグですがかがりのお使いは絶対アニメで見たいし…。
でも、凶羅ですら出られないのだから寄り道はしてる余裕なさそうだし、設楽とかはもっと話に不要だしなぁ。
ただ予想通りにエピソードを削ると鏢の出番がラストギリギリまで無いということになってしまうので多分業鬼くらいはやるんじゃないかなぁ。汝歪んだ夜より来るは、微妙か…。

やはりジョジョ並みに最低でも4クールは欲しいという分かりきった結論に至りました。
ちょっと悲観的すぎる展望になりましたけど、なんとか良い形でアニメ化して欲しいものです。
TVアニメ「モンスター娘のいる日常」、びっくりするくらい好評放送中です。
いやほんとに人外シュミの方々が意外と多いんですなぁ。同士同士。

私は第一話だけ感想を書いて以降感想書いていませんが、これは観るのをやめたわけではなくニコニコ動画が2話以降無料配信をしなかったため。
お金を払えば観れましたがすでにプレミアムに入っているのにこれ以上お金を出すのはイヤでしたので。
一応自宅ではBS11で観ることができるのですが画像のキャプチャができないので感想記事を書く意欲が湧かずに放置していました。
結局後にニコニコで2話以降無料配信が始まったのですが間が開いてしまったので今更書くのもなぁと思い感想書かずに中盤を過ぎてしまいました。

色物アニメにしては毎回作画クオリティも高いし、ほぼ毎日動画が公開されたりとスタッフの気合の入れ具合もすごいことになってますね。
さてそんなモンむすですが前回、一番人気のラク姉ことラクネラさんが登場して役者が出揃った感じになってますがここまでで7話を消化しており、もうあと5話しかないという現実。
20150823 (1)20150823 (4)
20150823 (2)20150823 (3)

それなのに公式では、ララ、ドラコ、キー、リリスの登場が発表されており、単なるキャラ紹介アニメで終わってしまうことが危惧されます。
そこで、モンむすアニメは今後どのように展開し、一体どのように締めるのか、予想と妄想をしていきたいなぁと思った次第。

いきなり私の結論ですが、多分2期があると思います。
のっけから妄想全開な結論ですケド。

とりあえず残りの話数をどのように使うか考えてみます。
次回第8話はすでに予告されているように、ラクネラとセレアの和解?話と風邪引いただぁりんクン看病回。これで残すはあと4話。
ララ、ドラコ、キー、リリスの登場が発表されている以上、脅迫者D編は間違いなくやるでしょう。脅迫状~スネーク~デートで1話、同居組デートで1話、MONデートで1話、最終12話でララ登場からのホームステイ決定して、(今のところの)同居メンバー勢揃いで終了、という感じでしょうか…?
一応キリが良いといえば良いのですが、いかにも消化不良で、ララも登場したばかりで放送終了はかわいそうだしもったいない。
実際原作のほうでストックが無いかといえば、ミーア達の母親来日シリーズや温泉旅行シリーズ、ついでに一人ハブられたポルトさんのスポーツジム回、そして忘れてはならないラク姉ニヨニヨ回などアニメにすると美味しそうなエピソードは十分にあるのです。
さらに情況証拠として、12月だったかにもグッズがリリースされるとラジオで言っていたような記憶(すげぇ曖昧)。確かゲーセンの景品的なやつだったような。
これが記憶が確かならば放送終了して数ヶ月経過したニッチアニメのグッズをわざわざ出すかということで、そのころに何か動きがあるんではなかろうかと深読みしたりしているのです。

まとめると、
①アニメそこそこ評判いい
②新キャラ出た瞬間最終回でかわいそう
③原作ストックある
④忘れた頃にグッズでるっぽいらしいみたいな風潮

以上の理由で、モンスター娘のいる日常は2期もやる!…と期待してます。終わり。

熟圧 感想

 19, 2015 20:39


20150819 (4)
恋踏(コイブミ)以来、久しぶりのエムサイズさんの新作。
「前立腺ぱーんち!」でお馴染み、徹底した女性上位・男性マゾヒズムシチュに定評のあるサークルさんですが、私はマゾではありません。
ならなんで買ったかと言われればスカシチュ目当てだったんですが、…無かった…。
おっかしいなぁ…公式はちゃんと見てたはずなのになんでスカあると思い込んでたんだろ…。
ということでエムサイズさんが悪いのではなく、私の早とちりが悪いのでスカ無しは評価には影響を及ぼしません。

前述の通り、私はマゾではないのでおちんちんピクリともしないままプレイしてました。
相変わらず女性上位が行き過ぎてて女尊男卑にどっぷり浸かっちゃってるのがキツいですね。過去作もそうですけど。
だからちっとも興奮とかできなかったです。オカズに使うとかムリムリムリのカタツムリ。
今作は私の中ではエロではなく、「ホステル」とか「マーターズ」とか「ファニーゲーム」とかああいうイヤ感強い虐待映画と同じカテゴライズになると思います。好きで観るけど感情移入は一切せず(できず)絵面の派手さとシチュエーションだけを楽しむのみという意味で。
本格派ドエムの人の感想を聞いてみたいなぁ。

20150819 (6)20150819 (7)
20150819 (8)20150819 (9)
エロとしては、責める側の女子が性的興奮を全く伴っていないので性行為としてのSMの体を成していないんですよね。ただの虐待・蹂躙にすぎない。
これでヒロインも性欲に基づいて責めているのならまた違った感じ方ができるのでしょうけどね。
もともと私は痛いのやSMも好きじゃないのでなお辛い。やはりエスとエムの違いはあれど、そこに愛情と性的快楽が介在していないとエロく無いですな。小川は唯一性欲絡んでるのでシーン的には一番マシでした。フェラもありましたし。
そんなわけでヒロインのキャラ造形自体はそこそこ魅力的ではあると思いますが、プレイしていて全く愛着がわかない仕様。まぁ主人公があまりに情けなさ過ぎるのもあるんですけど。
乳とかワキとか尻とかいちいち下品なんですけど、基本的にCFNMなのでイベント絵があんまりエロくない。シーンも虐待だけでせっくすは一切なし。ただひたすらいたぶられて射精する主人公を眺めるだけですが前述のようなホラー映画を観るのと同じ感覚でやっている分には面白いです。男性のマゾヒズムってどこかお笑いというか滑稽さがついて回りますね。イベント絵もどこか笑いを誘います。エロくは感じません。本職のドMの方はどう感じるのでしょう…。
エンディングはちょいちょい捻ってあるし、過去作であったような、世界を破壊するような超展開は無いですし物語の筋立てとしてはそれほど悪くない、というか結構面白い。
20150819 (1)20150819 (2)
20150819 (3)20150819 (5)
ただ、艱難辛苦を乗り越えて千恵子一筋でいくと真エンドというか千恵子エンドになるんですけど、再び千恵子の庇護下に戻れて結婚までできてしまうという、何ここまで来てちょっといい話的にまとめようとしてんのかと。もっと徹底的に救いを無くした話の方が良かったように思います。あれだけ主人公を徹底的にいたぶり搾取していた千恵子が主人公を救う展開はなんか不自然に思えました。
まぁここにたどり着けないとポコチン地獄だったりガキどものお財布だったり玉潰されたりと酷すぎるんですけどねw

お財布といえば、肉体的精神的虐待だけでなく財産や金銭の搾取もあるのがちょっと引っかかりました。千恵子に全財産奪われたりガキに給料巻き上げられたり小川に指輪取られたり。女性様に服従して全てを捧げるマゾヒズムという意味では有りなのかもしれませんが、うーん説明しづらいけど受け入れ難いなぁ。
それに伴ってガキ共パートが非常に胸糞悪い。最初は無邪気で小悪魔ちっくだったけどどんどん増長していく様はホント一発ぶん殴ってやりたくなりましたw。
女子児童によるいじめを扱った作品では昨年「女子のおしっこいじめ」なんてエロゲもありましたが、あっちの女子たちは裸や陰部晒しておしっこしたりうんこしたりセックスしたり妊娠したりと自ら率先して体張ってましたから可愛げが違う。
こっちのガキは調子こいた末に父親までマゾ奴隷にしていいように使うとか日本オワタですよ。このガキどもをクジラックスあたりのロリが酷い目に遭うマンガの世界に放り込みたい衝動。エロの厳しさを味わってこい。

あと、特筆すべきはキャストの演技でしょうか。
同人作品とは思えない盤石のキャスト。演技巧者が名を連ねておりその点は安心していられます。
特に千恵子役の手塚りょうこさんの圧倒的な威圧感。小川役の唯香さんのイカニモ喪女なしゃべり方。
非常に素晴らしかったと思います。
でもこれだけエロで名の通った方々が居られるのにセックスシーンが無いのはちょっと残念かな…。小川はフェラやオナニーしますけど。

まとめとしては、全体的に面白くはあったけれどもエンタメとしてであってエロとしては好みに合わなかったというところでしょうか。
でもこれは過去のエムサイズさんの作品でもそうですので想定内。
次回作では変態性癖ドミナンスみたいなスカシチュもお願いしますね。

今日の収穫 20150813

 13, 2015 21:13
危ノーマル系女子 3巻
まーたキチ◯イが増えた。
キ印女子に囲まれた主人公という、エロゲみたいな設定のお話で実際こんなエロゲありそう。西尾維新の小説にはもっとありそう。
ストーカー、吸血鬼、連続殺人犯、電波系騎士、寝台探偵、過激ブラコン妹と属性がトンガリ過ぎてるメンツに今回辻斬りと死体愛好者が仲間入り。うーん、濃い。でもいろいろかる~いんですよね。それが良いと思うか悪いと思うかは人によるでしょう。私は結構好きです。

ちはやふる 28巻
太一カムバックはよ。
太一の抜けた穴はめちゃくちゃ大きいですね。
それになにより田丸さんが好きになれん。この絶妙にムカつくキャラ造形すごいと思います。花野さんも初登場時は結構好きじゃなかったから、田丸さんもテノヒラクルーさせてくれるのかなぁ…。
あのビミョーなルール変更にもイマイチ賛同しづらいし、なかなか瑞沢かるた部には苦難の道程ですな。
二人の不在の中頑張るかなちゃん机くん肉まんくん頑張れっと思いました。

12BEAST 3巻
深海の魔女ことスキュラのスティーラさん登場。
なかなか意味ありげな登場だったけど実際は何もしてないですね、スティーラさん。次巻以降で活躍してくれるんでしょうか。
ギガスのパイロットが皆地上人という「知ってた」な情報が開示されました。
ゲーマー、フィッシャーとか趣味人(オタク)たちなんでしょうね。

モンスター娘のいる日常 8巻
だぁりんくん達ご一行が温泉旅行先で人(多種族)助けしていくというテーマで統一された巻でした。
雪女、九尾の狐、ミノタウロス、パーン、リザード、鬼とゲストキャラ満載で賑やか華やか。
肌色成分もマシマシです。もうちょっと控えめな方が私の好みかなぁ。いやえっちぃのは嬉しいんですけどね。
面倒事に積極的に介入していくラク姉さんという珍しいパターンもありました。
アニメも好評のようですしこの辺りまで放送延長しないっすかね?

20150813 (1)20150813 (2)

今日の収穫 20150810

 10, 2015 23:34
進撃の巨人 17巻
人類の反撃体勢を整える感じの話数でした。
お話は変わらず面白いものの、やはり絵はもっと上手くなって欲しいなぁ…。
ミカサやクリスタがどんどんブサイクになっていくのは見るに耐えません。
全員なんか人相が悪くなって行ってて、ぱっと見誰が誰やらわからない時もあるのは多分私が真面目に読んでないからなんでしょうね。
お猿の中の人も登場していよいよ目が離せなくなってきました。

妖精帝國 「SHADOW CORPS[e]」
新章・経始と銘打った妖精帝國のニューアルバム。
タイアップがほぼ無いオリジナルアルバムで、今後の妖精帝國の方向性を窺わせる内容になってい(る気がし)ます。
楽曲としてはなーんとなく妖精帝國と電気式華憐音楽集団の中間に向かっているのかなぁ。そんな感じを受けました。
ただ、歌詞は明らかに妖精帝國の流れを汲んでいるので、安易なデンカレとの合流も無さそう。
「白銀薔薇奇譚」の歌詞の不気味さはなかなかに心地よいです。オカルトホラー映画の粗筋みたい。谷山浩子っぽさがあってこういうの大好き。
「Infection」「檄」は掛け声パートが多くて式典で盛り上がりそう。「PatriotAnthem」とかああいう感じで。
「'D' chronicle」「闇色corsage」「Shadow Corps」あたりの楽曲で先に述べたデンカレとの中間っぽさを感じました。
最後に収録されている「体内時計都市オルロイ」は少女革命ウテナの挿入歌のカヴァーだそうですが、オリジナルを聴いたことが無いので一体どういうシチュエーションで流れた曲なのか見当もつきません。そもそもウテナについてはレンタルショップのジャケット絵くらいしか知識が無いのですが、どうもその印象とこの曲に大きな乖離があります…。
全体的になかなかの名盤だと思うのですが、この収録曲数で2曲もボーカル無し曲があるとなんだか損した気分になっちゃいます。
やっぱゆい閣下の声を聴きたいですよ。
20150810.jpg

中越高校初戦敗退

 09, 2015 22:58
我が県代表の中越高校は兵庫代表の滝川二高と対戦し、惜しくも敗れました。

粘った挙句にサクっと負けちゃうあたりいかにも新潟って感じでしたね。
私は仕事中だったのでほとんど試合を見ていないのですが、中越先攻の時点でなんとなく敗北の予感はしていました。
両チームの安打数はどう見ても乱打戦のそれですがスコアは4-3、なんか譲り合いの塩試合っぽい雰囲気がプンプンですねぇ(実際試合は見てません)
9回の1・3塁のチャンスを活かしていればなぁ…。

ただ、守備は大崩れしなかったのが救いでしょうか。
守備ポロで負けるのほどみっともないことは無いですからね。
まさかあの智弁和歌山があんな守乱で敗退するとは誰も思わなかったでしょうし。

とりあえず最弱は回避してくれたみたいなので良しとしましょう。(偉そう)


ふたなり大好きです。(挨拶)
本作はふたなり美少女と主人公とのお付き合い(お突き合い)が描かれた小品。
タイトルはフタナリとカタカナ表記ですが私はひらがな表記派ですので記事中ではひらがなを使用したいと思います。
ひらがなで「ふたなり」のほうがエロスを感じます。感じません?

さて、サブタイトルに純情少年という文言が入っていますが、これ一体誰のことなんですかね…。
常識的に考えれば主人公のことなんでしょうけど、初エッチからフルスロットル過ぎて純情というイメージからはかけ離れている気が…。
なにしろこの主人公、ヒロインがふたなりであると明かした途端に襲いかかってチンポにむしゃぶりつき、濃厚フェラをかますほどの猛者ですよ。一体どこに純情要素があるというのか。巧みに言葉責めでヒロインの羞恥と快楽を煽りつつ初めてとは思えない絶妙な舌技で(芹園みやさんのフェラボイスが付いててもおかしくない)ヒロインを射精に導く剛の者。
お口でザーメンを受け止めるだけでなく、そのままお漏らしした尿すらバッチコイのこの男、ハッキリと只者ではありません。
Twitterのフォロワーさんにも自称清純派の天才的な変態さんがいらっしゃいますが、そのような認識の齟齬を感じます。
ヒロインが男でも女でもどっちでも受け入れるというあたり、一途であることは認めますが純情少年という評価は控えめに見ても承服しかねますね。
20150804 (1)20150804 (2)

一応ヒロインは性別の狭間で揺れ動き悩んではいるんですが物語の邪魔になるようなシリアスにはつながらないのでそこはオッケーでした。というか低価格の抜きゲーですのでまともな物語など期待すべくもないのですけど。
基本はひたすら気持ちいい事して射精するだけの話です。わかりやすい。
ヒロインの葵ちゃんもなかなか可愛いのが良いですね。妄想力逞しいエッチなふたなりさん。
勃起を鎮めるために小汚いオッサンを思い浮かべたりとか苦労しています。結局エロい妄想に発展してオナニーしちゃったりで性欲旺盛。やっぱりふたなりは性欲強くないとイカンですよね!

葵ちゃんは快楽にめっちゃ弱いし罪悪感はありつつも射精大好きなので見てる方も楽なのはいいですね。
冒頭述べた逆フェラはもちろんオナニー、手コキ、オナホ、通常のセックス、兜合わせ、逆アナルとふたなりものとして抑えるべきところはそれなりに抑えているのは評価したいです。オナホなんてハンディタイプと据え置きタイプで2枠もシーンある拘りっぷり(まぁ主人公も参戦するので3Pですが)。
これらのマニアックプレイもほとんどが主人公主導なので、この部分を見ても純情少年という看板がいかに当を得ていないかが窺えます。
逆アナルだけは葵ちゃんの希望によるものなのがわずかな救いでしょうか。自ら進んで肛門差し出す純情少年がいてたまるものですか!
20150804 (5)20150804 (3)
でもヒロインはフェラしてくれてねーな、そういえば。
ロープライスゆえシーン数は少ないものの、どのシーンもなかなかにフェティシズムに富んでおります。
射精も大抵2発3発と頑張るので尺もそこそこ、テキストも結構ねちっこい。

ただ、絵柄がいまいちエロさが無いのがちょっと残念。テキストに負けてるのでもうちょっと濃い感じの絵師さんの方がこの作風には合ってたかも知れませんね。この辺りは好みもあるでしょうけど。
あとは絶対的なボリューム不足も如何ともし難いですね。低価格だからしゃーないと言ってしまえば楽ですが、直前にプレイした、ほぼ同価格のましゅまろ♡いもうと♡さっきゅばす♡はエッチ満載のボリュームでしたし、もうちょっと頑張れとは思います。主人公がアナル掘られて二人が正式にお付き合いした段階で唐突にエンドなのでもうちょっと先が見たいというのもありますね。もう1,000円くらいアップしてボリューム増してくれたら嬉しかったかな。
20150804 (4)

中越高校は兵庫県代表滝川二高と対戦

 03, 2015 23:29
第97回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が行われ、出場各校の初戦の対戦相手が決まりました。(一校を除く)
我が県代表の中越高校は4日めの第三試合で地元兵庫代表の滝川二高との試合となりました。
春の大会は出場辞退していますがブランクをものともせず競合ひしめく兵庫県大会を制しており中越にとっては中々厳しい相手です。
県代表と兵庫県勢との対戦として記憶に新しいのは第90回大会での新潟県央工業対報徳学園でしょう。
名門に対して初出場の県央工は中盤までリードしながら惜しくもサヨナラホームランで敗退しましたが、あの時のような好試合を期待したいですね。あわよくば勝利を目指して欲しい。
中越と言えば穐谷正人投手を擁して3回戦進出したときのことが思い出されます。強豪浦和学院相手にサヨナラ勝ちしたりと県民を驚かせてくれました。
中越は身内の母校でもありますので思い入れも無いわけではないですがやはり日本文理や新潟明訓に多少後れを取っている感が否めませんのでここで一つ意地を見せて頂きたい。文・明が台頭するまで新潟県の高校野球を牽引してきた学校ですからね。

それ以外の注目カードはやはり3日目の第三試合、敦賀気比対明徳義塾でしょう。春の覇者と超名門との一戦。これは高校野球ファンとしては楽しみです。気比の平沼投手が明徳をどう抑えるか。
他には、九州国際大付-鳴門、東海大甲府-静岡、大阪偕星学園-比叡山、明豊-仙台育英、東海大相模-聖光学院といったところが注目の試合でしょうか。

今年も球児の皆さんの熱戦を期待しています。ただ、くれぐれも体調管理には気をつけてケガなど無いように…。


※8月4日追記
そういえば92回大会の準々決勝で新潟明訓も報徳学園と対戦して負けていたのを一晩寝て起きたら思い出しました。

WHAT'S NEW?