FC2ブログ

今日の収穫 20180412

 13, 2018 23:25
進撃の巨人 25巻
いやもう血湧き肉躍りますね。
過去、何度か切ろうと思った事があったんですが、読み続けてよかった。
巨人、パラディ、マーレと凡その事情が明かされました。なるほどねー。
最初っからここまで想定していたなら、作者は相当なストーリーテラーですよね。マジすごい。
タイバー家の宣戦布告からのエレンによる大量虐殺。
戦鎚、獣、車力、顎と勢揃いでの巨人大決戦などなど胸熱展開。
つか、エレンはどうも単独行動してたんですかね。ミカサたちと目的が違うっぽい?
その辺りも今後語られるのでしょう。

それにつけても、ある意味自業自得とはいえライナーがえらいいじめられっぷりで笑いました。


12BEAST 6巻
ハンター戦決着。
ハンターの変わり身の速さは瞠目に値しますな。敗北即相手に取り入る手腕は見事。
続いて登場するはいよいよラミア&ケンタウロスですか。
モンスター娘のいる日常ではメインどころの種族が満を持して本作でも登場ですが、なーんかびみょ。
タクシャカもブレットも、ミーアやセレアのような魅力を感じないのよねぇ。
今後の活躍に期待ってところでしょう。しかしながら、ラミア族のエロ...もとい色仕掛けは良いですぞ。
んでも、いろんな種族のキャラが出てくるけど仲間に加わったら存外すぐに影が薄くなっちゃうの勿体無い気がする。
フレキさんは相変わらずコミュ障まっしぐらでキャラ立ってるけど。
そうこうしてるうちにエータさんゲーマーに捕まっちゃったやんけ。
以下次号。


s-20180412231012.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

今日の収穫 20180407

 07, 2018 22:33
喧嘩稼業 10巻
入江文学VS櫻井裕章決着!
いやー凄い。
左腕折られてからのあんな大逆転があるとは、雑誌掲載時には驚きました。
絶対文さん負けたと思ったもんなぁ...。
敗れたとはいえ櫻井も最強レベルの格闘家でした。まさに事実上の決勝戦。
後日談とも言えるヨシフの話も結構好きです。
さて続いて一回戦第四試合
金隆山VS川口。
超重量級の激突ですが両者の持ち味を出し合った出だしは名勝負の予感。
なお、雑誌で読んでいるので結末は知ってますが、勝敗はともかく、あのあれはちょっとどうかと思います。


スピーシーズ・ドメイン 8巻
やっぱ今一番好きなコメディ。
徹底的に悪乗りするけど誰も傷つかないのが良いですね。
「実は私は」もピーク時はこれくらい好きだったんだけどノリについて行けなくなったのですがこれにはそうなって欲しくないなぁ。
この巻のメインは文化祭編ということで賑やかな雰囲気が最高。
クラス一丸となってワイワイガヤガヤ、学校に泊まり込んだりせーしゅんしとる。
みんなで銭湯とか肌色満載で実に良かったし。
そして相変わらず相馬のゲスっぷり。みんなからの糾弾を一身に集めるぐう聖。

おもろいのは良いんですけど、前にも書いた気がするんですがクラスの人らの顔と名前があんま一致しないのが気になる。
キャラ紹介も無いまま普通に名前出てきてサラッと会話が進んでいくのが読んでる側からするとちょっとつらい。
せっかく文化祭で全員集まってるのに、ほぼコスプレしてるから普段の格好と一致しないからなお混乱するのね。
なもんで、結局海行ったチームくらいしか把握できてないの勿体無い気がする。

s-20180407204337.jpg

今日の収穫 20180313

 14, 2018 11:52
1日外出録ハンチョウ 3巻
この巻好き。特に木村さんちでダラダラするの好き。
失速著しいトネガワに比べてこっちはそれなりに安定して面白いと思います。
ただの有能上司になっちゃったトネガワに対してキャラがブレてないのが大きいかな。あとトネガワほど悪乗りネタが無いのも安心して見てられる要因かと。
ただこの1日外出のルールだけはよーわからん。
場所、時間などがどの程度本人の希望に沿うのか。
当初は開放場所のローテーションが読めてきたとか言ってたのに、海行ったり京都行ったり名古屋行ったりと自由過ぎない?
時間も何時から何時までの24時間とか決まってないのかな。ハンチョウといえば「就寝…格安ビジネスホテル…!」ですが、就寝するエピソードもあればしないでそのまま帰るエピソードもあり、その不統一が気になります。
やっぱりある程度外出者の希望が受け入れられるということなんでしょうね。


ナナマルサンバツ 15巻
スマホ予選決着。
昨年優勝の帝山チーム、普通の予選捨てて敗者復活から参加とかいう舐めプで圧倒的勝利とか強杉内。
Bチームは普通に近畿予選通過してるし…。
開城とかでも勝てないくない?
というわけでついにSQ本戦開幕ですね。
麻ケ丘の苑原のライバルっぽい人も登場で盛り上がりますね。東の女帝VS西の弁天。
本戦でどんな勝負をするのか気になります。

その前に本戦1Rでのアドバンテージを決める抜き打ちのトンチクイズ。
各チームのアプローチの仕方の違いが面白い。


キン肉マン 62巻
はいティーパックマン死亡。残念でもなく当然。
そもそも他のメンツはまぁわからなくもないんですがなんでティーパックマンなんだろ。
カナディアンマンも安定の噛ませっぷりで思わず目頭が熱くなります。ここまで予想を裏切らない人も珍しい。
ベンキマンは善戦しますが惜しくも敗退。まぁ便器流し決まった時点ですらベンキマンが勝つビジョンが全く見えなかったですから妥当ですけど。
予想を裏切らないと述べましたけど、期待は全く裏切られていないのがゆでのすごいとこ。
いや、いい意味で裏切られてるのか?
実力差歴然のマッチメイクですけど、塩試合一個もない面白い戦いばかり。正直完璧始祖の試合のほうが退屈だった気がします。
巻末で知性の神とフェニックス出てきましたけど、彼らが今後サタンやオメガの民とどう絡んでくるのか楽しみ。


火ノ丸相撲 19巻
大相撲編本格始動ですね。
前にもちょろっと言いましたけど、マゲ結うと誰が誰やら分かりづらい。
火ノ丸とカントクが本割で早々に当たるのは良いですね。熱い。
いっぺん、誰がどの部屋所属なのかまとめて欲しいなぁ。

本作に限ったことじゃないんですが、大相撲テーマの作品だと横綱の扱いが難しい気がします。
基本全勝をそうそう続けられる競技じゃないので圧倒的な神格化し辛いというか。
喧嘩稼業の金隆山は極端ですが、これに出てくる刃皇も勝率10割ってことはないでしょうし。バチバチBURSTの泡影だって何度かは負けてるでしょうし。

☆今日のレイナさん☆
大学生になってちょっと大人っぽくなったレイナさんステキやね。
火ノ丸が勝ってガッツポレイナさん。実に良い。


s-20180314091114.jpgs-20180314091153.jpg

今日の収穫 20180222

 24, 2018 06:54
近頃、色々立て込んでたので買いっぱなしのまま未読のコミックが溜まっていました。
なので今日の収穫というよりはここ10日ほどの収穫といった趣。

ちはやふる 37巻
作品の趣旨的に千早太一新が出揃うのは決まってたと思うんですが、やはり須藤さんなり原田先生に勝って欲しかったなぁ。それくらい最近の太一はあんま好きじゃなかった。
でも、勝ち上がってからの肉まん君机君との絡みは好き。やっぱなんだかんだ瑞沢かるた部はこうじゃなくちゃ。
で、結局西の女子代表って誰?(読解力

乙嫁語り 10巻
カルルクさん修行編。
単身義兄ら遊牧民の中で男を磨くカルルク。アミルのために頑張る姿はすでに漢。
カルルクとアミルっていいおねショタなのにあんまり薄い本見かけない気がするんですが、もっと増えないですかね。
んでアンカラに到着したスミスさんのもとになぜかタラス再登場。
なんというかその、タラスの新しい旦那さんかわいそす。


Q.E.D.iff 証明終了 9巻
たまにでるキチガイ犯人。面白いです。
ソイツに可奈がピシャリと言い放つとこまで含めて良いですね。
トリックはまぁうん。
お屋敷ミステリ好きなので「美しい絵」も好き。
トリックは結構綱渡りでしたが。相手のことを熟知していないとこれを計画して実行するのは無理。
そこを読み切れる燈馬くんはやはりどこかヘンでカッコイイと思います。


C.M.B. 森羅博物館の事件目録 37巻
今回はハズレ巻かなー。
正直余り面白いと思うエピソードがありませんでした。
絵の話、あんなきれいに全部裏向きに落ちるモンなんですかね?知らんけど。
QEDとの並行執筆だろうし、仕方がないですがたまにハズレというかクオリティのバラつきはありますよね。


だがしかし 10巻
以前より駄菓子トークよりもラヴコメに寄せてきてる感がちょっとなぁ、と思います。
ほたるさんやサヤ師の可愛い所を盛りだくさん盛り込むのに何の否やもありませんが、変にラヴらせて駄菓子コメディの本領を忘れてしまうのはノーサンキューなのです。

なお、最近作者のコトヤマ氏がベイパーであることを知り、嬉しくなってVAPE垢の方でツイッターフォローしました。

氏賀Y太もそうですし、結構オタク界隈のクリエイターにベイパーて多いのかしら?


嘘喰い 49巻
完結。
なんですけど、こういう終わり方するならラストに出てきた悪の組織ズとか出さないで欲しかったなぁ。絶対続きが見たくなるヤツですやん。獏の心臓云々も別に触れる必要無かったと思うし。
エロゲとかでも思うんですけど、描写する気がない事柄ならハナから言及しないで欲しいのよね。
ちょっと個人的には残念な終わり方でした。
あと、529話も必要だったかなぁ。
まぁなんか早くも続編というかスピンオフみたいな噂も出てますし、そっちがどうなるか注視していきましょう。
それから実写版ね。詳報はありませんが、クソみたいにならないことを願うばかりです。


それでも世界は美しい 18巻
ニケのアメフラシの力が暴走して土砂災害に見舞われる空の大公国。ネフェロについてはざまぁとしか思わないですが、民の方々はお気の毒。
カタラの助力でなんとか公国に入ったリビ御一行もニケの暴走を止めんとネフェロと共闘しますがなーんかネフェロの背後にいた人らの面倒くさそうなこと。
どうやらリビの過去に関係しているっぽいですが、リビだけでなくニールにもひと波乱ありそうな気配で色々と先が気になる展開でござるな。
リビとニケっていいおねショタ以下略。


くーねるまるた 14巻
第一部完。
なんやかんやでポルトガルに帰国することになったマルタさん。
でも結局日本での仕事を見つけて、新居も確保して安全安心な一時帰国。
そして第二部へ続く。
こういうのであんま壮大にしてもなぁ~と思うのですが、今はまぁ終わらなかったことを寿ぎましょう。
この世界観大好きなので。

s-20180218220810.jpg
s-20180218220925.jpg
s-20180223141354.jpg

今日の収穫 20180206

 07, 2018 11:24
HUNTER×HUNTER 35巻
連載再開とともに、待ちに待った最新刊です。

…字とキャラ多すぎぃ!

ちょっと見では理解が追いつかないほど設定とキャラを詰め込んでいて、これ収拾がつくのか不安になります。
何より冨樫はちゃんと完結させられるのかと。
話自体は面白いし、駆け引きの妙なども楽しめるのですが、かなりとっつきにくいシリーズになってますね。
新しく出てきたキャラに魅力が乏しいのもそれに拍車をかけます。
王子とかこんなに人数要るかなぁ。
富樫なりの考えがあるんでしょうけど、さすがに読みづらいですね。

まだ完全に底を見せていないとは言え、幻影旅団がチャチく見えちゃうのは残念だなぁ。
つかこの船にヒソカ乗ってるんでしたっけ?よく覚えてないわ。

とにかく今後大型休載に入らないことを願うばかりです。
なんなら隔週連載とか月イチとかでもいいから間を空けずに連載してね。

s-20180207162032.jpg

WHAT'S NEW?