FC2ブログ

今日の収穫 20180810

 11, 2018 23:37
ちはやふる 39巻
西の代表、結川さんも強かったですが、原田先生のアドヴァイスに従って早く取るのをやめた千早が終盤圧倒。
みごと2連勝でクイーン挑戦権を獲得した千早なのでした。
一方男子の方はといえば一進一退の攻防。
天性の才能で攻守に隙の無い新に対しある種開き直って正面から挑む太一のまさに死闘。
ここにきてまた名勝負が生まれましたねぇ。勝負を分けた「ちは」2試合目を制したのは太一。
周防名人風味になってた太一は好きじゃなかったけどこの太一なら素直に応援できるぞ。
こうして3試合目に突入した名人への挑戦権をかけた闘い、ますます目が離せなくなりました。

進撃の巨人 26巻
結局ジークは何がしたいんだろ。
島攻めてたときはかなりガチにやってましたよね?
まだまだ語られてないことがあるんでしょうかね。
エレンは戦槌を手に入れてさらに盤石の構え。
内通者のイェレナってなんか伏線ありましたっけ。読み飛ばしたのかな。なんか突然出てきた感じがするんですが。
ともかく今回の最大の事件はサシャの死ですね。
前巻で死亡フラグ立ってましたので驚きは無いですが可笑しい惜しい人を亡くしたものです。
アニは今後どう話に絡んでくるんでしょうね。また女型としての登場はあるんでしょうか。


アイアン・ゴーストの少女 2巻
完結。
もう終わりか…。
なーんか打ち切り臭い感じ。
後半のテンポやヒーラーに対する仕打ちは紛うことなきミカモン節なので、最初からこうなのだといえばそう見えなくもないけど、やりようによってはもっと話を広げられそうだし、どうなんだろ。
ブラックミルクはやはり仲間になりましたねーからのそう来たかでした。まぁ半ば予想はできてましたが。
こう考えるとスルっと仲間になってたチーホイのキャラってすげーんだなと改めて思った次第。
とにかく、せめてもう1巻くらいは費やして描いて欲しかった内容ですね。終盤の駆け足っぷりが残念でした。
正直不完全燃焼です。


究極超人あ~る完全版BOX②
6~9巻までの新装版に最新10巻、ファンブック「春高光画部部誌」、付録にラバーストラップ2種と盛りだくさんの内容。
新装版はまぁ語ることはなし。
10巻は本当に面白かったです。
31年越しの続編ですが作中時間は当時のまま1987年。それを使ったネタもあったり。
シイちゃんの影が薄いのが気になりましたが当時登場してすぐに連載が終わってしまった1年生部員たちが結構出ているのが良いですね。
部長選挙と生徒会長選挙の同日選とかいかにもな感じが当時を想起させます。
時を越えて読んでもやはりあ~るは私にとって特別な漫画なのだなぁと再確認。
ゆうき作品キャラ共演のEVOLUTIONもサービス満点で良き。
部誌も貴重な資料が満載。寄稿している漫画家さんの顔ぶれも豪華豪華。
高かったけどこれは買って正解でした。


s-20180810210857.jpgs-20180810210809.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

今日の収穫 20180807

 08, 2018 23:29
電気式華憐音楽集団「prima dynamis」
電気式華憐音楽集団の地上波アニメタイアップデビュー曲。
TVアニメ「悪偶 -天才人形-」のOP主題歌です。
発表された当初、なんで妖精◯國じゃなくてわざわざデンカレ?と思いましたが、曲を聴いてちょっと納得。
こういう感じならゆい様でなく華憐嬢だよなぁと。
しかしながら既存のデンカレ曲にも同系統のものがあまり見当たらない難しい一曲。
中毒性は高いと思います。

なおあくまで地上波アニメタイアップデビューであってメジャーデビューではないようので、CDの入手性はそんなに良くないみたいです。


火ノ丸相撲 21巻
対刃皇の合同合宿中の事件。
天下三名槍の一人蜻蛉切によるご乱行。柴木山部屋の薫丸が蜻蛉切との稽古中に脚イワされちゃいます。
ムカつくけど強いですね蜻蛉切。バトも手も足も出ないくらい強いです。
てか大相撲ってのはそういうもんだろう。番付が全て。
久々登場の部長の仲裁でなんとかその場は収まったものの波乱含みのまま巡業へ。
兄弟子を負傷させられたことでブチ切れ寸前の火ノ丸は土俵上で蜻蛉切とガチ勝負を展開します。
おいおい巡業だぜと誰もが思いますわな。
尋常ではない気迫で蜻蛉切を下した火ノ丸ですがほんとこの人長生きできなそう。
せっかくレイナさんという彼女ができたのに。

☆今日のレイナさん☆
取り組み中心だったので目立った出番はなし。
栄華大で加納と顔見知りだったことが明かされたくらいかな。
てかレイナさんしょっちゅう朝陽川部屋行ってるね。


キリングバイツ 11巻
ほほーん。やはり「宇崎」姓には意味がありましたか。
宇崎和=ナマケモノ=メガテリウムで超つおい。
舞台はキレた和による大量虐殺の様相を呈してきました。これどーやって止めるんだろ。
ヒトミも参戦しての混戦が予想されますが、さすがに体格とパワーが違いすぎますわなぁ。
祠堂と八菱の暗躍からも目が離せませんね。
便器になってた三門のお嬢様も獅子のところからトンズラこいてもう一波乱ありそうな気配ですし、また大きめの大会でもやるんでしょうか。
ところでイモリちゃん、体真っ二つになったけど生きてるよね?もしかして死んだの?


1日外出録ハンチョウ 4巻
ハードルの話。すげーよく分かります。
だから私は評判の店であっても行列には極力並ばない派です。
並んだ挙げ句期待値を下回られたらガッカリですからね。
行列店に行く場合は開店凸します。そこで並ぶのはまぁしゃーないと諦めます。
トネガワと違ってこっちは勢いが衰えることなく面白いのが嬉しい。
黒服宮本ももう完全に大槻一派になってしまってますね。そこが良いんですけど。
かねて疑問を呈していた外出時間の件。キャンプ回であえて遅くに外出という件があるので、外出する時間などある程度本人の希望が受け入れられる制度のようですね。
ブラック帝愛のわりに親切じゃん。


s-20180806204027.jpgs-20180806204057.jpg

今日の収穫 20180713

 14, 2018 18:20
中間管理録トネガワ 7巻
最近結構貶してきたトネガワですが、この巻はなぜか割りと好きです。
中間管理職としての利根川の悲哀もちゃんと描かれていたし、よそに迷惑をかけない帝愛内だけで完結してるギャグなのが良いですね。
中田の要領の悪さとかコンビニから一週間以上戻らない津久井とか復帰した海老谷とか黒服のネタも豊富。
西口冴子は新しい髪型の方が好きですよ。
債務者相田さとしのネタ、なんか実際に売れないピン芸人がやってそうな妙なリアル感ないです?
全体的にそう悪くない巻だっただけに、「ならば泳ぎ続けろ…! 灰になるまで…!」で完結しても良かったと思うの。
これ以上引っ張っても良いことなさそうだし。スピンオフは引き際が大事よ。

んでアニメ放映してますが、これが超弩級のクソ
巷で話題のナレーション含め何もかもがひどい。褒める所がゼロ。
これを2クールやるって正気の沙汰じゃないですよ。
原作からして5分枠でやるくらいでちょうどいいネタでしょうに、制作陣は何を考えているのやら。


究極超人あ~る完全版BOX①
はぇ~。もう30年以上前のマンガなんですね、あ~るって。
8月に30年越しの第10巻が出るのに先駆けて登場した完全版BOXのその1。
カバー絵描きおろしの1~5巻に収納BOX、付録にラバーストラップと扇子がつく豪華仕様。
内容は往時のそのままで特に加筆等は無いみたいなのが残念ですね。ですが半端に書き足さなくて正解かも。
描きおろしのカバー絵見てもゆうきまさみの絵柄があまりに変わり過ぎていて誰一人原型留めていないのがすごい。
あ~るとか、変えようが無いと思うんだけどそれでもだいぶ違和感あるもんなぁ。

それにしても何度読み返しても面白い。文化系部活コミックの先駆け的存在で私の青春のバイブルですからね。なお自身は帰宅部のもよう。
部室攻防戦とか撮影旅行とか修学旅行とか盛りだくさん
未読の方はこの機会にぜひ一読ください
流石に今となっては古臭いところもありますが、色褪せない面白さはあると思います。


s-20180714160548.jpg

今日の収穫 20180629

 30, 2018 12:14
キャタピラー 11巻
完結。
うーんと、この結末きらい。
せっかく前巻で鳳蝶の正体と動機でワクワクさせてくれたのに、結局は姉妹愛エンドかよ。
そこはキッチリと殺し合いをして欲しかったです。
パラポネラとの決着についてもなんだかなぁ。あれ立ち往生してなかったらアレですやん。
ちゃんと息の根止めて欲しいですね。
まぁアラクニドに芋蟲が登場している以上、彼女が生き残ることは分かりきっているわけで。こういうとこがスピンオフの難しいトコよね。
ただ全体の締めとしてはアラクニドのラストにつなげてたり割と良かったと思います。
アラクニド読んでたときも芋蟲とかあのあとどーなったんだろうと思ってましたから。
これはますます、アラクニド含めて続編が欲しいですね。
んで芋蟲が悲願念願の華蟷螂のDT奪うお話を是非。

s-20180630110037.jpg





今日の収穫 20180621

 21, 2018 22:21
それでも世界は美しい 19巻
なぜにこんなに最終巻感溢れるカバー絵なのでしょう?
内容は最終巻ではないです。
空の大公国編終わりで次シリーズへの繋ぎといった感じ。
背後で暗躍するアルを追う決意を固めたリビとそれにくっついて行く決意を固めたニケが温泉でイチャコラしたりね。
そして語られるリビの過去。
出生から王位につくまでのヘヴィな話が延々と。
まぁ王位争いってのは何処もこういうふうにドロドロしてるもんですわな。そこで絡んでくるのが今回の中心人物となりそうなアル。
どうやらリビの異母兄にあたるらしいですが結構な壊れ方をしてる人ですね。わりと好きです。
シーラの仇を討ったリビのぶっ壊れた笑い方もいいですね。
てかシーラの顔をハッキリと描写しないのはなんでなんだぜ?
先王に嫁入りしたロリシーラはちゃんと描いてるのに。何か意図があるのかな。


貧民 聖櫃 大富豪 3巻
盛り上がってまいりました「経済Fate」最新巻。
全てのあるじと御使いが出揃いましたがロリ女王が資金も魔力もダントツっぽいですね。御使いとの相性はイマイチみたいですが、まぁハンデということで。
それでも緒戦でランディー君があっという間に赤字転落させられるレベルの圧倒的カネの力。
これで御使いミダス王と思考が同じだったらもう勝負ありでしょう。ミダス王と足並み揃ってないコトと晴&パラケルススの乱入がなかったら終わってましたね。
マジ金は力。

でもまぁやっぱ主人公の聖夜がいいなぁ。御使いアウレリアとの相性もよくて微笑ましいし。
現代文化に馴染みまくってスマホいじったり居酒屋行ったりするアウレリアも面白い。
御使い同士のガチンコ勝負じゃなくても実際の「経済」で相手の体力(資金)を減らしてくるやり方もあるなぁと。
祢津サンいやらしいわね。


s-20180621194153.jpg

WHAT'S NEW?