FC2ブログ

今日の収穫 20180206

 07, 2018 11:24
HUNTER×HUNTER 35巻
連載再開とともに、待ちに待った最新刊です。

…字とキャラ多すぎぃ!

ちょっと見では理解が追いつかないほど設定とキャラを詰め込んでいて、これ収拾がつくのか不安になります。
何より冨樫はちゃんと完結させられるのかと。
話自体は面白いし、駆け引きの妙なども楽しめるのですが、かなりとっつきにくいシリーズになってますね。
新しく出てきたキャラに魅力が乏しいのもそれに拍車をかけます。
王子とかこんなに人数要るかなぁ。
富樫なりの考えがあるんでしょうけど、さすがに読みづらいですね。

まだ完全に底を見せていないとは言え、幻影旅団がチャチく見えちゃうのは残念だなぁ。
つかこの船にヒソカ乗ってるんでしたっけ?よく覚えてないわ。

とにかく今後大型休載に入らないことを願うばかりです。
なんなら隔週連載とか月イチとかでもいいから間を空けずに連載してね。

s-20180207162032.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

今日の収穫 20180129

 29, 2018 21:52
キャタピラー 10巻
鳳蝶の正体が判明しましたが、そうきたかという感じですね。
反則スレスレのネタですが、クワガタ姉妹の存在もある意味伏線になってるとはなかなか想像の埒外でした。
芋蟲への殺意の動機が善意を無駄にされた逆恨みっぽいのも面白いと思います。
ただ、なぜに彼女が「組織」内でそこまで影響力があるのかはよーわからんですな。
今後説明があるんでしょうか。
んで、パラポネラはこれで死んだんですかね。まだピンピンしてそうな気配がします。
期待して次巻を待ちましょう。

つか、この巻に「なんたる秘剛」をねじ込むセンス、素敵すぎます。
芋蟲すら畏怖させた華蟷螂のあの超絶巨根の秘密話。
連載時もこの掲載順だったのかなぁ…。


当て屋の椿 15巻
頭のイカれた梅毒患者の群れが里を襲撃するというゾンビ映画のような展開。
粘膜感染といい、本当にゾンビ染みてて面白いですね。
ゾンビ≒伝染病という感じに描いた過去の映画人もある意味正鵠だったのでしょうか。
なぜに梅毒感染者が里を目指すのかという理由付けもなるほどと言った感じでした。
エロもグロも相変わらずで、良い巻だったと思います。てかこの巻にかぎらず、全体的に近親姦多いな。
でも椿がなーんも活躍してないし、この馬喰編はまだ終わってないんでしょうかね。
合歓と杜松が梅毒を外へ撒き散らす未来も見えますし。


s-20180129171754.jpg

今日の収穫 20180114

 15, 2018 10:30
火ノ丸相撲 18巻
インターハイ団体戦決勝決着。
火ノ丸が久世を下して見事大太刀高校が優勝を飾りました。
これで高校相撲は終幕。後の全日本選手権3位入賞で火ノ丸は三段目付け出しでの角界入り。
高校を中退する火ノ丸への送別相撲が思い出の校舎裏土俵で行われるわけですが、これが予想外の熱さ。
苦楽をともにした団体戦メンバーとの真剣勝負は身内同士とは思えないほど面白く描かれていました。
蛍もなんか強くなってるしw
高校相撲での師匠格駿海さんが今度は敵に回るということで、この展開は良いですね。
ドカベンの徳川監督とか、かつての恩師が今度は敵になるのは結構好きです。
いよいよ大相撲編突入なわけですが、実際ジャンプ本誌で読むと髪型がみんな一緒になるからパッと見で見分けがつきにくいのが辛い。

☆今日のレイナさん☆
優勝にボロ泣きするレイナさん。
送別相撲でキッチリ審判をこなすレイナさん。
もう立派なスー女ですね。


あ、アニメ化だそうです。
角界が何かと話題なこの時期によくぞこれをアニメ化しますな。まぁタイミングは偶然なんでしょうけど。
せめてインターハイ全部くらいはやってほしいけど、どうなんだろ。
ジャンプのマンガだし3期くらいまではワンチャンありそう?



アイアン・ゴーストの少女 1巻
三家本礼待望の新作。
全編紛うことなきミカモンです。
霊的金属の人形に憑依して戦うスプラッターバトルアクション。
主人公のミオちゃんはかなり強いみたいですね。「申し訳ありません24回切り刻みました!!」に爆笑。
これもミカモン恒例のなんか変な敵組織も出てきてもう満足。お腹いっぱい。ダークセインツて…w
初登場時はサイコ地味ブスだった弓月マリアが着実に可愛くなっていくのも面白い。
敵も味方もアクが強くてもう次巻が楽しみで仕方ないです。
ブラックミルクが仲間になってもちっとも驚かねーぞ。ミカモンだし。


s-20180114005540.jpg

今日の収穫 20171229

 30, 2017 01:33
キン肉マン 61巻
完璧始祖編が終わって新章突入ですね。
今度の敵は魔王サタン。
そしてオメガケンタウリの六槍客。
最初にオメガマン・アリステラを見た時、「ゆで、やるやん!」て思いました。
背後の手のひらの左右の違いには気づかなかったなぁ…。
正義超人主力の不在の中、六槍客に立ち向かうは正直ショボい正義超人チーム。
ティーパックマン、カレクック、カナディアンマン、ベンキマンにウルフマン。
誰がどう見ても全敗必至の顔ぶれですが、毎回読んでると分かるんですがこの勝敗のわかりきった試合ですら面白く描くゆでの豪腕は本当にすごいと思います。

でもベンキマンとカレクックは読み切りで株を上げたばかりなのにかわいそう…。


異世界居酒屋のぶ 5巻
私がこの世で(今のところ)一番嫌いな食べ物がナスです。
というわけでナス回は正視に耐えなかったです。
基本いつも通りほのぼのペースで進んでいくのですが、何やら教会の上の方がキナ臭くなってきた感じだったり、謎のアイテムが出てきたり魔女だ何だと雲行きが怪しくなってきました。
うーむ。原作小説は読んでないのであれですが、そういうのはあんまり求めてないんだよなぁ。


s-20171230005347.jpg

今日の収穫 20171220

 22, 2017 01:51
喧嘩稼業 9巻
発売されたのに気付かず、慌てて買いました。
普段Comic Aramというアプリでコミックの新刊発売日を管理確認しているのですがなぜか喧嘩稼業が浮上してこなかったので見落としていました。不覚。
内容は陰陽トーナメント一回戦第三試合、入江文学VS櫻井裕章開戦!
事実上の決勝戦との前評判も高い一戦、どんな結果になるのか非常に楽しみ。まぁヤンマガで読んだので結果知ってますが。
チェーンパンチと煉獄の連打の打ち合い、更には梶原戦を思わせる龍虎の対峙も見せ場十分。
裏で暗躍する里見と上杉の企み含め見どころの多い巻でした。里見も上杉も一回戦勝つ前提で話してるけどこれどっちかコケたら大笑いですね。


セントールの悩み 16巻
政治情勢の話はさらっと流します。
思えばアニメ版は日常回に集中していて大正解でしたね。
人外っ娘に萌えるだけの話で十分なんですよ。まぁこれは世界観含めて特異なのでそこも楽しんではいますが、ワンクールアニメでは余計な部分はカットしたのは良かったですね。
相変わらず三つ子とすえちゃんはかわええのぅ。委員長のロリバージョンも素晴らしいですね。じつに良い。
紫乃ちゃんの出番がイマイチ少なかったのがやや不満。
羌子と小守がくっついたりは…しないんだろうなぁ。
希の髪型ずっとこのままで行くんでしょうか?女の子らしいのも可愛いけどいつものボサボサ頭も好きなので悩ましいところ。


虚構推理 7巻
鋼人七瀬の件が片付いて小休止というか、小さな事件が三本収録。
とはいってもやはり怪異が絡んできますね。
最初の喫茶店の隠し味の話は剣呑なこともなくごくほのぼのとした日常の一コマ。あれだけ熱烈にアプローチされててもすげない反応の九郎君、もちっと優しくしてあげなよ…。
残る二編は山奥の大蛇と鰻屋の幽霊の話。いずれも人の業というか妄執はある意味怪異よりも恐ろしいなーという話でしたね。
山奥の沼に遺棄された死体をめぐるホワイダニットは結構好きなエピソードでした。山のヌシの大蛇と議論を交わすというこの作品でなければ有り得ないような設定のアームチェア・ディテクティブ譚。


だがしかし 9巻
やっぱりほたるさんがいるのといないとじゃ雲泥の差がありますね。
もうどこにも行くんじゃねぇぞ。


s-20171218121541.jpgs-20171218121658.jpg

WHAT'S NEW?