FC2ブログ

今日の収穫 20170412

 13, 2017 13:59
どんぶり委員長 4巻
食いたいランキング
①サプライズカレーマボチ丼
②じゃがバターお祭りドーン丼
③くん製づくしの香り高きネオ親子丼
④レンチン簡単ローストビーフ風丼
⑤とろっとオアとろーりのカボチャ丼

あ、完結だそうです。
長々と引っ張るような内容でもないと思うのでさっさと終わって正解でしょうね。
巻末の描き下ろし回は完全な蛇足。


12BEAST 5巻
フレキさんのコミュ障っぷり、なんか身につまされて読んでて辛いんですけど…。
リア友少ない勢の私にとって共感しかない。フレキさん、ずっと応援するぜ!
今度のギガスは光を操る能力があるのですね。ビーム兵器を使ったり光学迷彩を使ったり強力な相手。操縦するハンター自身の狙撃の腕前もかなりのものなので今まででも屈指の強敵感。
ついでにあらたなモンむす登場。
メカ形態からおにゃのこ形態へと超絶進化をとげたゴーレムのシータさん。実直ロリは良いものです。


モンスター娘のいる日常 12巻 OAD付き特装版
ひょっとして、オカヤド先生は長いお話を作るのがあまりお得意では無いのでは…。
この巻のヴァンパイア編と、以前の人魚の国編でそんなふうに思いました。でも12BEASTはそこそこ面白いしなぁ。なんだろ。
コメディを土台にシリアスを入れるとバランスを崩しちゃうのかな? 12の方はどちらかというとシリアスが土台だから大丈夫なのかしら。これはオカヤド先生の手腕というより、読み手たる私がどちらがメインと認識しているかが問題なのかしら?
ところで、パピのアホっぷりが妙にクローズアップされており、この子こんなにバカだったっけ?と私自身の記憶力を疑ってしまいました。ちょっとヒドすぎない?w
珍しくララの活躍シーンがあり、こういうのも悪くはないと思ったりもしたのですが、交流エキスポの話はこういうおとり捜査と関係ないギャグ一辺倒の話で見たかったです。
それにして不自然なほど男性他種族が出ませんね。まぁいらんけど。

付録OADの話
やはりラク姉さんは最高やな!
そして苦難好きさんは相変わらずムカツク。声ついてさらにムカツク。中の人は上手かったけど。
やはりだぁりん君はキメるところは決める男ですな。かっこいい。
そしてぶらじゃあの話。おっぱい祭りイイネ! 
原作の話にMONのメンバーも加わっていておっぱい度UP!

20170412 (1)20170412 (2)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

今日の収穫 20170407

 08, 2017 01:59
進撃の巨人 22巻
ふーん。
色々と謎が明かされて来ましたね。
ハンタみたいに外の世界がありますよ、と。
まぁそれはわかった。良しとしよう。ただ私の足りない頭ではイマイチ理解ができないんですが、なんで塀の中の人たち襲われてんの?
巨人化できてるということは両方ユミルの民なわけでしょ。お猿の人たちがなんで壁内人類を皆殺ししようとしてるのかちょっと分からない。
私の読み込みが足りないというのはまったくもってその通りなんですがね。
でもエレンたちが海に到達したシーンはとても良いと思いました。


スピーシーズドメイン 6巻
新学期!
現生徒会は退き新生徒会発足となるわけですがその役職候補にクリエイティ部の面々が挙げられるというお話。
それにしても新キャラ続々でいよいよ賑やかになってきました。
よくエロゲであるような権力を持った独裁的な生徒会の存在に一応の理由をつけたのは面白かったです。しょーもなw
カバー絵にライバルっぽくデカデカと載ったダークエルフのオルガさん、見た目と違ってポンコツなとこは良いですね。
んでもってこの巻の白眉はなんといっても土和ちゃんと田中のでぇとでしょう。
土和ちゃん可愛い。クッソ重いけども。
あとはインちゃん全裸ワープの回。いいもん見せてもらいました。そっかーインちゃんは魅重義のことを憎からず思っているのですね。
それから木下と六川がくっつくとは超意外。てゆーかナチュラルボーン美人局木下が誰かとくっつくのが意外。次巻あたりで別れてそうだけど。
相変わらずこのマンガは賑やかでさらにテンポが良いのでかるーく読めるところが良いっすね。

20170407.jpg

今日の収穫 20170406

 06, 2017 22:16
火ノ丸相撲 14巻
ダチ高VS鳥取白楼の団体戦準決勝。
先鋒は小関部長VS合気道使い榎木。
体格に勝る部長ですが榎木の熟練の業と執念の前に敗北。部長もかなり強くなってるんですがやはり優勝候補筆頭の先鋒はつおい。
二陣ホタルVS巨漢・首藤。明らかに小さな身体で絶対不利ながらトリッキーな取り口と挑発で同体取り直しまで持っていったホタル気迫は見事でした。会場中を敵に回すあの割り切り方は嫌いじゃないぜ。
んで、中堅チヒロVS白楼が誇るもう一振りの国宝・加納。
個人戦決勝まで進んだ加納に対し相撲歴の浅いチヒロがいかに対抗するかというのが見どころでしたが、終わってみればチヒロの完勝でした。それもレスリング技ではなく真っ当な相撲で国宝に勝ち切るというチヒロの地力すごくない?
そして2敗と後がない状況で迎えた副将戦。ユーマさんVSモンゴル人留学生バトムンフ。
意外とガラスのハートのユーマさんはもうガチガチでなんか笑えます。まぁ潮の発破で落ち着きを取り戻しましたけど。
バトの過去エピソードとかも外国人留学生ならではのハングリーさが出ていて良かったですね。
というところで以下次巻。やっぱ火ノ丸相撲面白いわ。
これがヒットしない今のジャンプは間違っとるよ。

☆今日のレイナさん☆
あまり出番の無かったレイナさん。ビビるユーマを心配する妹としての顔を見せました。
妹属性も持ち合わせるレイナさんの最強ヒロインロードはまだまだ始まったばかりですよ。


喧嘩稼業 8巻
十兵衛VS佐川徳夫戦決着。
ガチンコではなくあの手この手の卑怯技での十兵衛勝利。
何度でも言いますが私は十兵衛のトーナメント参戦には大反対です。
今更言ってもしょうがないんですが、どう考えても徳夫VS石橋強が見たかった。石橋は結構強い設定だと思うんですが、ボクサーの割りにリングで戦う描写がほぼ無い人なんですね。
アリ戦もデビル塚山戦も高野戦ももちろん十兵衛戦も全部場外戦。もっとちゃんとボクサー石橋の持ち味を出せるところでの戦いが見たかった。
十兵衛的には自身の力量が劣ることを理解しているからこその戦術なんでしょうけど、やはり最強の格闘技は何か?という煽りに沿っての戦いが見たいですね。
さて次は一回戦第三試合、入江文学VS櫻井裕章です。一部には事実上の決勝戦との評判すらある好カード。
私もとても楽しみな試合です。
もっともヤンマガで読んだので結果は知ってるんですが、とても面白い試合だったのでコミック掲載が今から楽しみです。

火ノ丸、喧嘩稼業と、今個人的に好きな格闘コミック二冊が同時に読めて大満足でした。

20170406.jpg

今日の収穫 20170327

 28, 2017 12:40
放課後プレイ High Heels 3巻
帯に最終巻てありましたけどホントかね。まぁ嘘でも構わないんですが。
というわけで久々の放課後プレイ新刊です。
前も書いたような気がしますが、正直今の「やることはやってまっせ」感ある2人のやり取りはあんま好きくない。
当初の微妙な距離感がよかったなー。
エロ的にもあからさまなのが増えているので一番最初の頃の雰囲気が好きで買い始めた私としてはちょっと複雑な気持ちが無くはないです。
ヒール舐めたり、股間に誘導して梨食わせたり、それはイチャラブではない何かですやん?
黒髪美脚黒ストは好物なのでそれほど文句を言う筋合いのものでもないんですがね。

でもやっぱ内容的にみても無印3冊のほうが単純に面白さもあった気がします。好みの問題かも知れませんが。


安楽椅子探偵と忘却の岬
ABCで放送された懸賞付きミステリドラマのDVD化第7弾。
こっちでは放送されないのでソフト化を待っていました。
それにしても2008年放送分のが今頃発売とはあまりにも遅い。
深刻な私の活字離れのため、最近はめっきりミステリ読まなくなりましたが学生時代はいわゆる新本格に没頭していましたので綾辻行人有栖川有栖は大好物。多くの小説を処分してしまった今も両氏の著作は大部分残しています。
そんなお二方が監修したゴリゴリのミステリドラマのシリーズなのです。
がっちり目を凝らして映像内のヒントを見つけて推理し真犯人を当てる楽しさもありますが、私はとうに犯人当ては諦めました。
私が楽しんでいるのは真面目な出題編と、メタネタ満載のコメディな回答編とのギャップ。この落差が面白くてたまりません。


20170327.jpg

今日の収穫 20170326

 27, 2017 10:05
血まみれスケバンチェーンソー 13巻
完結。
永きに渡るギーコとネロの戦いもついにクライマックス。
なんですが、今回ネロ復活した意味ある?
ただ単に終わるために出てきた感ががが…。
これなら別に先の戦いのときにネロ殺さなくても良かったんじゃなかろうか…。まぁミカモンのライブ感ってやつなんでしょうけど。
このなんか腑に落ちないけどめっちゃおもろいの、最高に好きです。私の中では「ゆでだから」に匹敵するくらい「ミカモンだし」は異常な説得力を持っています。
ラスト、刑務所に逃げ込んだネロを追い詰めるために自身もムショ入りするギーコのカットめちょかっけーし。
ギーコに依存しまくりの爆谷もウザ可愛い。
ゾンビ屋れい子、サタニスターもそうですがやっぱミカモンの長編のなんかわからんパワーはイイなぁと思うのです。
これは実写版もなかなか良い出来だったので、いろんなものに恵まれた作品だったのだなぁ。


キャタピラー 9巻
けものフレンズの蟲版とでも言いましょうか。(けものフレンズの内容1ミリも知らずに書いてます)テラフォーマーズが動物に浮気せてなかったらこんな感じだったのかしら。
さておき、なんか黒幕っぽい人も出てきたし大詰めに差し掛かってるんでしょうかね。
全裸にマントだけの棘葉蟲いいですね。可愛いし。そしておもらし枠。素晴らしい。
芋蟲の師匠の人も強い。さすが師匠。
一方兜蟲VSクワガターズも新展開。突如ボンテージのヒラタクワガタ登場でカブトさんピンチ。
カブトさん、最強を謳うわりに結構追い詰められるよね、アラクニドのときもそうだったけど。
んで兜蟲の過去話とかもありつつ、以下次巻。
棘葉蟲とかゴキブリとかヒラタクワガタとか、妙に微エロの多い巻だったと思ったけどいつもこんな感じだった。


20170326.jpg

WHAT'S NEW?