FC2ブログ

今月買うエロゲ

 15, 2018 23:22
すみません。忘れてました。

じゃあ今月購入予定の話をします。


ろけらぶ -Location Love- 同棲×後輩
フロントウイングのななかまいラインの新作。
安いし外れでもノーダメージなのでOK
でもなんか最近のななかまいサイドは実験作みたいな短いのばかりでちょっと不満です。
またゆきこいめるとみたいなガッツリいちゃらぶやってほしいですけど。
フロントウイング的にはどういう扱いなんでしょうかね。


妻の祖母は、まだまだ現役超美熟女 ~孫婿ちゃん、寂しい時にはいつでもいらっしゃい~
またアパタイトのガチBBAもの。
意地になって買い揃えております。なんかもうDL版は発売してるみたいですけど。
今回は実の祖母じゃないですけど、妻の祖母というなんかすごいのかすごくないのか一見微妙な塩梅。
ですがこれよくよく考えると、結婚できる年齢の孫がいるババアってことですから今までのよりヒロインの年齢的にはヤバいことになってるんじゃね?
従来のババショタですらないただのババア。
怖いわー。


遺憾ながら今月は以上。
実はすでに予約済みのが一本、寸前で12月に延期しちゃったのでこういうラインナップになりました。
代わりになんか買おうかとも思ったんですがいまいち琴線に触れるのが無かったのでこの2本だけでいきます。
来年早々の、SMEEの新作が待ち遠しいです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ケモノ娘の育て方 感想

 09, 2018 00:07
s-20180929233412.jpg

うーんと、正直凡作以下。

ミドルプライスではあるものの物足りない程度のボリュームですし、話もシリアスに寄り過ぎな感が否めません。
メインライター二名の名前からシリアスはある程度織り込み済みではありましたけど、私にはちょっと合わない感じ。
ケモノ娘を育てる上での苦労話は仕方ないですけど、あまりに世知辛い。
田舎独特の閉鎖的環境てのもあるかとは思いますが、そこはもうちょっとご都合主義でスルーしても良かったのじゃないかなぁと。
表立っての迫害とかは流石に無かったですけど、ちょっと素直には楽しめない感じはキツい。
そのへんの村民との軋轢みたいなのに紙幅を費やしすぎてもっと読みたい日常感がすっ飛ばされてるのが惜しい。
その割に問題も何をしたわけでもなくあっさり解決しちゃうし、ご都合の使い所を間違っているとしか。

序盤~中盤でそんな調子だったのでキーパーソン「ちーちゃ」との和解というメインイベントもなにやらグダグダ。
ちーちゃの内面もいろは絡みの過去も暗いし、なんだかなぁと。
公式HP見てこれを買った人のいったいどれだけがこんな話を求めていたのか、甚だ疑問です。
前述したとおりボリュームもないので和解しいろはにデレたあとのちーちゃをほとんど描けずに唐突に終わるという体たらく。
違うでしょ、見たいのはその先でしょ。
いろはを徹底的に甘やかすちーちゃをもっと見たいでしょ。
そこでおわっちゃダメダメですわ。
掛け合いもちょっと滑ってるしなぁ。

そんなわけでシナリオ面において私はちっとも面白いとは思わなかったです。
唯一の救いはいろはが終始一貫して可愛かったこと。それだけ。
ひたすらいろはを愛でるだけの話でも多分どこからも文句は出なかったと思うし、なんなら多くの人がそっちを望んでたんじゃないですかね。

エロは普通。
でも初エッチのあの導入はどうなんよ。
抜きゲーならいいけどさ。

システムも普通。まぁそんなに読み返すタイプにテキストでもないし十分快適。

いやもう最近感想書くモチベーションがあまり無いんですが(結局8月分も書いてない)そこへきてこれはちょっとキツかった。
いろはの愛らしさにはだいぶ救われましたが、本当にそこしか見どころを感じられませんでした。

今月買うエロゲ

 08, 2018 00:10
早いものでもう9月です。
夏が好きなわけではないですが、夏の終わりの空気感って寂しくて嫌い。
そんな初秋のエロゲ事情ですが、なんか惹かれるものが少ないんですよねぇ。


ボクは父さんを愛してる ~小悪魔が仕掛ける甘い罠~
まずはこれ。
困ったときのアパタイト。
私が結構応援している絵師、御花畑るん氏原画による男の娘もの。
エロゲに普通に登場する男の娘よりはややボーイッシュでかつ妖艶なのが良いですね。
非常に期待しています。まぁロープライスなのであくまで価格なりに、ではありますが。


ケモノ娘の育て方
こちらもロー~ミドルプライスの小ぢんまりした作品になるのかな?
いわゆる狼少女もの。
この設定、あまり多くはないですが結構好きです。昔わるきゅーれの抜きゲーでも似たのがあったな。
比較的、ヒロインと一対一になりやすいので低価格帯エロゲとの親和性は高いと思います。
そして、意外やライターが結構有名所。ハード系のイメージの強い和泉万夜がこの題材をどう料理するのか、気になります。


今月はこんなところでしょうかね。
性欲が止まらないご主人様と三人のメイドたちあたりも余裕があればいきたいところですが、難しいかな。主に時間が。
最近エロゲに割ける時間が減ってきて困っちゃう。


s-20180727225148.jpg

恋姫リブートシリーズの第二作、孫呉編。
蒼天の覇王の残念な出来映えでかなりハードルを下げて臨んだのですが、こちらの予想を無事上回ってくれました。
ホント、マジのガチで安堵のため息が出ましたもん。
それだけ第一作の魏編にはガッカリさせられていたということですな。

メインシナリオが真・恋姫丸写しだった魏との大きな違いは、呉軍最初の当主孫堅の登場。
これによって呉編では孫堅孫策孫権と三世代の移り変わりが描かれるということ。
自動的に真の完コピーは不可能ということです。
まぁ孫策に移って以降は焼き直しが可能なので最低限孫堅時代は完全オリジナルが保証されているというのは大きなアドバンテージですね。

孫堅の最期、袁術のもとでの雌伏の時代、孫策政権樹立とまさに孫呉の血脈が描かれる一大叙事詩。
ただここは良し悪しなのですがこの辺をかなり力を入れて描写したがゆえ、孫権時代がかなり駆け足気味になっている印象が拭えません。
古代~戦国をのんびりやったせいで近代がおざなりになった中学日本史を思い出させます。
もうちょっと蓮華様後継から赤壁までをしっかりと描いてくれてればなお満足でした。
ていうかこの駆け足状態で一番ワリを食ったのが曹操さんでしょう。
戦場では呉のいいところばかり目立ったおかげで、連戦連敗の華琳様がなんか無能にしか見えないという。
どうせ史実とも演義とも違うんだから、赤壁で終わらせるなら順番入れ替えて合肥の攻防戦とか挟めばよかったのにね。
一方蜀軍は真での孫策死後掌返しで呉を攻めるという悪印象シーンがなくなったりとかなり得してますね。
まぁ逆に成都攻略戦の蜀勢が狂信的すぎてナンダカナー感はありましたが。

そんな感じで、不安視していた孫策に時代が移ったのちの焼き直しはさほどではなかったです。
真の物語をなぞるわけでなくちょいちょい変えてあったのは印象良し。
もちろん大筋の流れは一緒なんですけども。
一刀さんの成長物語としても健在でした。
前にちょっと触れたような触れてないような気がしますが、私が魏呉を好んで蜀に面白みを感じないのは一刀さんの立ち位置のせいなのだと自己分析しています。
魏や呉では仕事を与えられたりして成長してくのに対して蜀ではご主人様と祭り上げられて単なる神輿状態。
やはりきちんと物語の登場人物としての役割があった方が面白いのは当然ですね。
単なるハーレム物としてなら蜀のスタイルもアリなんですけど。
呉の一刀さんは本当に叩き上げって感じで、ほとんど甘やかされずに重臣たちの薫陶を受けて成長していくのが良いです。
実際に戦場で前線に立って敵を斬りますから。ちゃんと人を殺してるのって呉編くらいじゃないですか。
やっぱり呉がナンバーワン!

あと、ちょっとした不満は袁術周り。
美羽に「主様」呼ばわりされる喜びを知った今、旧来の袁家珍道中をやられても嬉さ半減。
せっかくのリブートなのだし、袁術が孫家の庇護下に入るように改変しても良かったと思います。

テキスト面でおっ?と思ったのは、真名の取扱いです。
これまでユルユルだった真名のルールがかなり徹底されていたように感じました。
真名を許していない他キャラはもちろん兵や庶民など他人が同席している・(あるいは近くにいるであろう)場面では徹底的に姓名や字で呼び合うようになっていました。(おバカな袁術など一部例外もありますが)
設定上はこれで正しいわけで、今までがなぁなぁに過ぎた訳ですが。


新キャラはどれも良いですね。
豪放磊落な孫堅と周りを固める呉軍の宿将たちのやりとり、それに振り回されるちんこさん、もとい一刀さん。
かなり濃密に描かれていて、レギュラーメンバー甘寧も最初は敵として登場するというのが新しい。
それから新登場黄祖のあの気色悪いキャラ造形は大成功でした。まさにクレイジーサイコレズ。
s-20180729005456.jpg

ただ、張昭と魯粛の絵柄は明らかに他から浮いていたのでそこはなんとかして欲しかった。
s-20180730005118.jpg
英雄譚時の立ち絵一新とかしなくていいからその分他の絵師に張昭魯粛描いてもらえば良かったのに。
さえき北都さんが描く張昭魯粛とか超見たかったんですけど。
太史慈程普も良キャラでした程普は一部立ち絵がかなり微妙でしたが、文句あるのはそこだけでしたね。日常も戦闘もエロも良かったです。
孫堅さんは超絶豪快君主で見ていて気持ちいい。多分呂布より強いんじゃないっすかね。一撃で魏延を失禁させる迫力。
豪快なだけでなく政治外交にも優れ自身亡きあとの孫家を救う策を講じているなどなかなかの切れ者。
中の人のYuki-Linさんてパルフェの恵麻さんの人?すげぇギャップに衝撃でした。
s-20180730133651.jpgs-20180801014240.jpg


エロはまぁ普通。
K-バッジョさんが抜けたとはいえやはり気持ちフェラが多いでしょうか。
なんにせよ褐色エロは5割増しでエロいです。褐色天国呉軍もまたしかり。
やや構図が微妙に感じる一枚絵があったような気もしますが許容範囲。
一番好きなのは小蓮の授乳手コキですかね。これがバブみか…。
包容力あるきょにうおねーさんの授乳手コキもいいですがロリキャラによるそれもまた格別。
s-20180727172711.jpgs-20180806200355.jpg
s-20180806201039.jpgs-20180801172112.jpg
張昭魯粛の絵師の人、せめてエロ絵くらいはエロければいいのにこっちもやや残念だったのでほんとこの采配だけは理解不能。
好みの問題だとは思うんですが…。


システム的にはいつもの恋姫。
戦闘は全スキップしました。そんなとこに凝られてもこっちはそういうの求めてないからね。
拠点フェイズの行動回数制限がほんと邪魔。この縛り要りますかね?
バックログからジャンプできないのも不満です。


そんなわけで孫呉でしたが、まぁ概ね満足しました。
冒頭述べたように魏という前振りがあったためかなりハードルを下げてはいましたがそこを差し引いても良作の範疇にはあるかと思います。
ただ、拠点フェイズイベントの多くは真・恋姫の焼き直しであるわけで、真既プレイだとやっぱりコスパの面でどうしても評価は辛くなると思います。
フルプライスで作り直して新作を謳うのであれば、そこも全部新エピソードでやり直して欲しかったなぁ。
まぁ、それができていれば魏でももっと満足できたはずなので今更言っても仕方ないんですけどね。

張昭魯粛担当絵師の人にはずいぶんと酷評しましたが、御本人様ファンの方には申し訳ない。

今月買うエロゲ

 05, 2018 01:17
あついー暑すぎる…。
毎日とろけておりますが皆様はご無事でしょうか…?

そんな異常な猛暑の8月です。
なんだかんだと忙しく、エロゲやる時間ががが。
あ、そうそう。先々月のキュリオディーラーはAXL初のギブアップで。なんかすっごくつまんなかったです。途中までしかやってないけど。
AXLラジオもわずか6回で終わってしまうし、多分AXLの体力かなり削られてるっぽい。
私も、もしかするとAXLを追うのはこれで最後になるかも知れないですね。せのぴーも退社してしまいましたし。(フリーになっただけなのでAXLの仕事も受けるとは思いますが)
今後はシナリオライターの変更などドラスティックな変革がなければAXLには手を出さない可能性アリということで。

前置きが長くなりましたが今月の購入予定はこちら。

バタフライシーカー ~カオス・ナイトメア~
上半期かなりお気に入り作だったバタフライシーカーのファンディスクが早くも登場。
氷室先輩卒業後の新年度が舞台ですがムシクイに新加入は無いもよう。うーん残念。
あらすじだけではいまいち話の輪郭がつかめませんが、とりあえず期待しておきます。
まぁ前述の通り時間が無いのでFD程度のボリューム感が今はただただありがたい。


未来ラジオと人工鳩
laplacian『未来ラジオと人工鳩』応援中!
延期組。
このブランドは初めて買います。
あらすじや設定もさることながら、今作は絵に惹かれました。特に29歳ヒロイン。よいぞよいぞ。
美麗でなおかつちゃんとエロいのが素晴らしい。
嘘かホントかは知りませんがどんなところでも笑いをとりに行くスタイルだそうなので、その辺もバランス次第では好みに合いそう。


あと、CLOCKUPのおによめも気にはなっているのですがいかんせん時間が取れないので見送りかなぁ…。

とりあえず今月はそんな感じでいこうと考えています。

WHAT'S NEW?