FC2ブログ

プロ野球ドラフト会議2018 感想

 28, 2018 00:02
今年もドラフト会議が行われました。
やっぱりドラフトの雰囲気好きだなぁ。
今回の目玉は大阪桐蔭の二刀流・根尾。
他に同僚の藤原や小園など高校生野手に注目が集まっていました。
また事前に1位入札を公言するケースが目立った年でもありました。他球団への牽制の意味合いもあるかと思いますがオリックスとソフトバンクがほぼ同時に小園指名を公表したのはタイミング良すぎでしたね。牽制の意味ないじゃん。


というわけで例年通り中日と日本ハムの指名結果を見ていきましょう。

中日
1位 根尾昂 内野手 大阪桐蔭高
2位 梅津晃大 投手 東洋大
3位 勝野昌慶 投手 三菱重工名古屋
4位 石橋康太 捕手 関東一高
5位 垣越建伸 投手 山梨学院高
6位 滝野要 外野手 大阪商大

とにかく根尾を引き当てたのが大きいです。与田監督の大きな初仕事でした。
投打に活躍が期待される選手ですのでどう育ててどう起用していくのか楽しみです。
2位では1位指名候補にも名前の上がっていた東洋大の梅津。おいしい~い!即戦力ではなく素材型ですが2位で取れたのはとても良い。
3位では即戦力の期待がかかる勝野。4位では高校ナンバーワン捕手の声もある石橋を指名。
馬力のある速球派の二人は中継ぎ抑え争いに名乗りを上げてほしいです。
根尾を4球団の抽選で勝ち取った上2位以下もほぼ予定通りの理想的な指名だったので90点あげます。


日本ハム
1位 吉田輝星 投手 金足農高
2位 野村佑希 外野手 花咲徳栄高
3位 生天目翼 投手 日本通運
4位 万波中正 外野手 横浜高
5位 柿木蓮 投手 大阪桐蔭高
6位 田宮裕涼 捕手 成田高
7位 福田俊 投手 星槎道都大

1巡目入札で根尾に突っ込んでくじ外して、ハズレ1位は吉田輝星。
夏の甲子園で一躍ヒーローとなった投手を一本釣り。
正直私はあまり好きなタイプの投手ではないですが、ちゃんと育てば数年後にはエースの素材。
焦って上に上げずにじっくり鎌ヶ谷で漬け込んで欲しいですね。
2位では昨年の甲子園優勝校花咲徳栄の主砲野村。
3位では大卒時から上位候補であった生天目とハムお得意のミーハードラフト。
ミーハーは下位指名でも健在で万波柿木と高校球界の有名選手を相次いで指名していきます。
ただ万波は4位の価値が果たしてあるのか疑問。多分6位7位まで残っていたんじゃないかと思います。
少なくとも柿木より上で指名する必要は全く無かった。
しかし全体的にはまとまった指名だったと思います。理想を言えばあと一人二遊間の選手を取りたかったかな。
高校生中心のメンバーですが、これはもう札幌ドームから移転したあとのことを考えた指名ですね、どう考えても。
新球場で中心選手になる世代をかき集めているのでしょう。



さて新潟県勢、今年もプロ入り選手を輩出することが出来ました。
まず横浜6位で新潟アルビレックスBCの知野直人内野手。
続いてヤクルト6位で日本文理高の鈴木裕太投手。
二年連続で二名がプロ入りという快挙でございます。
さらにオリックスの育成1位で新潟医療福祉大の漆原も指名され、合計3名がNPBの門を叩くことになります。
実に喜ばしいですね。


他球団の指名では、個人的にはロッテ、広島、ソフトバンク、オリックスがなかなか良いのではないかと。
逆に阪神、横浜、巨人あたりがやや疑問の残る指名。

そんなわけで今年のドラフトでした。
来年は東洋大の星くんに期待してます。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プロ野球ドラフト会議2017 感想

 27, 2017 10:36
年に一度のお楽しみ、プロ野球ドラフト会議が今年も無事終了しました。
今年は何と言っても清宮。
私はマスコミの清宮フィーバーのせいであんまり好きな選手ではないのですが、その実力に疑いの余地はなく贔屓には是非欲しいです。
で、その清宮は7球団強豪の末我が日本ハムが交渉権獲得!
素晴らしい豪運。クジ連敗中の栗山監督をクジ引き役から解任して木田GM補佐が見事引き当てました。
高校生では他の注目株として甲子園を沸かせた超高校級捕手広陵中村を地元広島が指名。また西のスラッガー履正社安田を千葉ロッテが指名しました。

今年は全般的に不作という前評判ですが、1位指名12人の名前を挙げるのに苦労するというだけで、むしろ2位以下中位レベルの選手は例年より多士済済という印象です。

では、私が応援する中日日ハムの指名選手を見ていきましょう。

中日
1位 鈴木博志 投手 ヤマハ
2位 石川翔 投手 青藍泰斗高
3位 高松渡 内野手 滝川二高
4位 清水達也 投手 花咲徳栄高
5位 伊藤康祐 外野手 中京大中京高
6位 山本拓実 投手 市西宮高

一巡目入札の中村をクジで外してのハズレ指名はヤマハ鈴木投手。アマNo1の速球派ですが、コントロールに難ありなのが不安。
中日には速球派ノーコンの福谷もいますし、過去には洗平なんてとんでもないノーコンもいました。これは森監督や投手コーチ陣の指導でなんとか…。
2巡目では1位候補にも上がっていた高校屈指の好投手石川を指名。彼を2位で取れたのは非常に美味しいですね。
3位高松はスピードが売りですが体が細いので将来性を見ての指名でしょう。
4位では甲子園優勝投手清水。彼がここで取れるのはお得。
伊藤、山本も将来性豊かな素材で、落合GM時代の社会人中心の即戦力外ドラフトと揶揄された指名内容から一転して高校生メインとなりました。
前評判の高い鈴木石川の両取りができたので85点は付けられるでしょう。
できればもう1人即戦力投手指名しても良かったかも。あと、捕手も欲しかった。


日本ハム
1位 清宮幸太郎 内野手 早稲田実
2位 西村天裕 投手 NTT東日本
3位 田中瑛斗 投手 柳ケ浦高
4位 難波侑平 内野手 創志学園高
5位 北浦竜次 投手 白鴎大足利高
6位 鈴木遼太郎 投手 東北学院大
7位 宮台康平 投手 東京大

何と言っても清宮を引き当てたのはデカいですね。
主砲中田翔が極度の不振でしたし大谷の動向も不透明とあって「打てるスター」の補強は至上命題でしたから。
新庄ダル大谷清宮と、スターが途切れないハムのスカウティングは驚異的。
2位西村は社会人の即戦力。浦野や加藤のような働きを期待します。
3位以下は素材重視という感じでしょうか。
注目は7位の宮台。東大出身選手ということで注目を集めていますが、150㌔を投げられる身体能力は本物。数年鍛えれば十分戦力になり得るでしょう。
清宮は獲得したものの、下位に甘んじた年の指名としては育成重視なのが気になります。もう1人2人即戦力投手が欲しかったので80点。


さてわが新潟県勢ですが、今年は例年になく多くの選手がドラフト候補として名前が挙がっていました。
まずソフトバンク4巡目で国士舘大・椎野新投手が指名されました。村上桜ヶ丘高校時代からプロ注目の投手でした。長身から繰り出す角度有るストレートと変化球のコンビネーションが持ち味の好投手です。
西武6巡目で糸魚川白嶺高校の綱島龍生遊撃手。強肩強打と身体能力が売りの大型内野手。西武のショートといえば源田がブレイクしましたがその後継者としての素養は十分です。
他にソフトバンク育成6位でアルビレックスBCの渡邉、巨人育成8位で関根学園・荒井が指名されました。
本指名で昨年に続き2名が指名。新潟県から2年連続で2人がプロ入りって過去あったでしょうか。実に喜ばしいことです。


他チームの指名状況ですが、個人的に上手いと思ったのがオリックス。
田嶋、日立鈴木と1位級投手の両取りはかなり美味しい。
他には楽天と横浜DeNA、広島あたりも上手い指名だったと思います。
イマイチーと思ったのは巨人とヤクルト。
巨人の捕手乱獲は理解に苦しみますしヤクルトは独自路線すぎて上手く評価できません。
いずれにしろドラフトの評価は5年後と言いますし、今は指名された選手たちの健闘を祈るばかりです。

プロ野球ドラフト会議2016 感想

 21, 2016 00:20
ドラフト会議が今年もつつがなく終了しました。
注目の創価大・田中正義(読み方がせいぎだと知ったのはごく最近だったりします。汗顔の至り)は何球団競合するのか、非常に話題となりました。

結果的に田中は5球団競合の末福岡ソフトバンクが交渉権を獲得。
ソフバンのくじ引き力はやはりハンパないですね。
ハズレ指名でも桜美林大の佐々木千隼が5球団重複という結果。そもそも佐々木が1位入札ゼロというのもオドロキだったわけですが。こちらは千葉ロッテがくじを引き当てました。
我らが日ハムのライバル2チームが着々と戦力補強していてちょっと焦ります。

あとびっくりといえば阪神が白鴎大の大山内野手を1位指名したこと。
大山自体はいい選手ですし阪神の補強ポイントにも合致するので欲しい気持ちもわかりますが1位での指名はどうなんでしょう。佐々木なり田中なりに入札した上でのハズレ1位とか、2位でも取れたように思います。ひょっとすると3位でも…。まぁ結果論ですが…。

では、私が応援する中日と日本ハムの指名選手を確認してみましょう。

中日
1位 柳裕也 投手 明治大
2位 京田陽太 遊撃手 日体大
3位 石垣雅海 遊撃手 酒田南高
4位 笠原祥太郎 投手 新潟医療福祉大
5位 藤嶋健人 投手 東邦高
6位 丸山泰資 投手 東海大

前日になって今井指名の情報が流れるなど1位指名は錯綜していましたが大方の見方どおり柳に入札。横浜DeNAとの抽選の結果見事交渉権を獲得できました。これは大きいですね。完成度の高い即戦力投手を確保できて一安心。2位以下でも大学屈指の内野手京田に素質の塊石垣とロマンあふれる指名。
そして何と言っても4位の笠原。我が地元新潟医療福祉大から初のプロ誕生であります。医福はまだまだ新興勢力で笠原は野球部の一期生ですのでそこからいきなりドラフトにかかるとは素晴らしい。県民としての話題性だけでなくアマ屈指の左腕という評価もありますし即戦力でいけるかも。
5位では甲子園で活躍した藤嶋も確保しており、非常に良い指名だったと思います。
90点


日本ハム
1位 堀瑞希 投手 広島新庄高
2位 石井一成 内野手 早稲田大
3位 高良一輝 投手 九州産業大
4位 森山恵佑 外野手 専修大
5位 高山優希 投 大阪桐蔭高
6位 山口裕次郎 投手 履正社高
7位 郡拓也 捕手 帝京高
8位 玉井大翔 投手 新日鉄住金かずさマジック
9位 今井順之助 内野手 中京高

田中・佐々木でクジ2連敗した割にはまとまった指名だと思います。
堀は高校生の中では上位の投手でしかもハムに不足している左腕です。高校時代の酷使の影響はやや気になりますがそこまで急いで上に上げる必要のないチーム事情ですしハムの育成は信用できるし、1-2年は体づくりでもオッケーです。
2位石井はちょっと評価高すぎにも思いますが将来の中軸を担える素材。
3位以下はさすがハムのドラフトといった感じ。高良は3位でとれるならかなり美味しい選手ですね。
高山・山口の両左腕指名も上手い。8位玉井は社会人の先輩加藤・大学の先輩井口がすでにハムにいますし早く一軍出場もありそう。4位森山9位今井はハムに足りない長打力に期待です。
郡は捕手だけでなく内外野できる器用さが魅力。
6位山口は3位以下なら社会人入りという報道もありますが是非入団して堀・高山と切磋琢磨して頂きたい。
85点


他のチームに目を移すと、まず個人的に一番に目につくのは巨人4位指名の池田駿(ヤマハ)。新潟明訓で甲子園に出た地元選手が笠原と同時にプロ入りです。これは新潟県としては珍しいことですので非常に嬉しい。

ソフトバンクの上位は羨ましいですね。田中に古谷は贅沢。ロッテも佐々木酒居の即戦力両取りは美味しい。
逆ににちょっと全体的に劣るかなと思ったのは横浜と楽天。もうちょっと上手く立ち回れたんじゃないかと。

田中佐々木など注目株はまた軒並みパ・リーグに流れてしまいましたね。アマの成績がプロで直結するわけではないですが、これでまたセパの格差が広がることにならなければ良いのですが…。
そういう意味でセの球団に入る選手は一層奮起して欲しいです。

2016年プロ野球開幕…

 25, 2016 13:10
いよいよ今年のプロ野球シーズン開幕となります。
応援している中日、日本ハム、DeNAはどーなってしまうんでしょうか。

中日は谷繁、和田、山本昌といったベテラン陣が現役を退き、若返りを図りましたが多分しばらくは低迷しそうな気がします。
相変わらず捕手難で扇の要が安定しないというのは痛い。杉山、桂の成長が鍵でしょうか。雅人さんは打撃さえ良ければなぁ。
新戦力としてはビシエドに長距離砲として期待がかかります。くっそ広いナゴドですので大きいのを打てる選手は貴重。タイロン・ウッズやブランコのような選手になれ(贅沢)。ドラ1の小笠原くんは焦らずに育ててください。今年一年上に上げる必要無いと思ってます。じっくり体づくりをして欲しい。
高橋周平は今年もアカンのやろなぁ…。

ハムはいまいち読みづらいです。
オープン戦今ひとつな感じでしたし、打撃、投手陣ともやや出遅れた感。大谷、メンドーサに続く信頼できる投手が出てこないと。
マーティンとバースはオープン戦見る限りダメそう…。上原も時間かかりそうだしなぁ。
打撃は調子さえ上がれば大丈夫だと思いますが淺間、岡といった外野陣に故障が相次いでいるので層の薄さは如何ともし難いです。近藤を外野でも使うらしいですがはたしてどうなるでしょう。
パ・リーグはソフバン一強なので2位を確保するのが至上命題です。
初の開幕一軍となった大嶋がどんなもんなのか、私気になります。

DeNAはラミレスの采配がまだ未知数なので予想しづらいですね。
投手陣は小粒ながらそこそこコマは揃ってきた感じ。今永は良さそう。夏ぐらいには飯塚くんも上に上がってきて欲しい。
打撃はロマックが良いのか悪いのか判断しづらいです。ダメそう。
ルーキー戸柱が正捕手争いに名乗りを上げてきましたね。というか黒羽根や高城あたりが情けない。
ベイス名物お笑い守備(昨年初めて応援したけど心折れそうになる)は一朝一夕には良くならないと思いますが、
s-20160308165609.jpg
今年はこんなことが無いようにしてね。


さて、賭博の話です。
正直開幕延期は無いとしても、もうちょっと白黒ハッキリつけるべきだったと思います。
罰金が賭博と同列に見られて問題が薄まっちゃった感じが有りますが、罰金なんて何も問題ないし円陣も巨人方式の¥陣でなければ全然OKだと思います。他球団が巨人方式を取っていないとは限りませんが。
だがしかし野球賭博については断固たる措置を取らなきゃイカンでしょ。高木京介が資格停止1年というのも絶対甘い。あわよくば逃げ切ろうとしたやつですぜ?巨悪笠原らと同じが妥当。
高校野球賭博(「くじ」でごまかさないでね)が発覚した巨人、ヤクルト、DeNAの選手は名前を公表すべき。
協約上セーフだから、賭博罪に触れないから良いというものではない。野球人としてどーよ、って話でしょう。
ペナルティを課すことができないならせめて公表くらいはして針の筵を味わって欲しい。そんくらいのことをしたのよ。
で、球団にももちろんなんらかのペナルティがあってしかるべき。
巨人とNPBがズブズブなので全く期待できないですが、巨人はドラフト不参加(育成はいいよ)、ヤクルト・DeNAは1位指名権剥奪するくらいは絶対必要。それくらいの罰がないとあいつらわからねーから。
でもそうやって膿出す気、無いんだろ―なぁ。

開幕を前に、素直に喜べない感じ、なんとかしてくださいよ。

DeNA飯塚投手契約更改

 25, 2015 01:35
横浜DeNAベイスターズのルーキー、飯塚悟史投手(日本文理高校)が初の契約更改に臨みました
その結果10万円増の年俸510万円での契約更改。

一年めの今年は高卒ながらファーム開幕からローテーション入りし、初勝利も挙げるなど活躍、早期の一軍昇格もあるかと思われましたが右肘手術で途中リタイアと山あり谷ありのシーズンでした。

すでに実践復帰も果たしており、フェニックスリーグや秋季キャンプのメンバーにも選ばれているので経過は順調のようです。
ラミレス新監督に期待株として名前を挙げられたという報道も目にしましたし、来年はケガ無くシーズンを過ごして欲しいものです。

期待しています。

WHAT'S NEW?